スポンサードリンク

安藤百福チキンラーメン発明のキッカケは?朝ドラのネタバレ注意!

エンタメ
 
こんにちは、ジョーです。

 
 
8月25日は「ラーメンの記念日」ということをご存知ですか?

 
 
その由来は、1958年のこの日に世界初の即席めん「チキンラーメン」が

日本で発売されたからです。

 
 
その生みの親、安藤百福さんを今回はご紹介します。

岸井ゆきの朝ドラ出演だが演技が下手と評判!過去の作品の評価は?
期待の若手女優、岸井ゆきのさんが朝ドラ「まんぷく」に 出演されます。 ネットでは彼女の演技が下手と評判であるかのように 書かれていましたが、実際はどうなのでしょうか? また、過去の作品の評価もどうなのか調べてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

生い立ち!

 
安藤百福さんは台湾の嘉義県朴子市で生まれました。

 
 
幼少期に両親を亡くし、繊維問屋を経営する祖父母のもとに預けられ

台南市で育ちました。

 
 
この台南には「意麺」という卵を練り込んだ麺を軽く揚げたちぢれ麺が名物となっていて

台湾では彼のチキンラーメンの誕生のヒントになっているのではないかと言われています。

 
 
そして、22歳の時に父の遺産を元手に繊維商社「東洋莫大小(とうようメリヤス)」を

設立し、大成功を収めます。

 
 
翌年には、大阪市に「日東商会」を設立、また働きながら立命館大学専門学部経済科

に通いながら。事業を拡大させていきます。

 
 
順風満帆に見えた事業ですが、戦況が厳しくなるにつれて悪化していきます。

 
 
軍需工場の下請けもしていましたが、国から支給された部品の横流し疑惑で

憲兵隊に連行され、留置場に入れられてしまいます。

 
 
後に無罪を証明されますが、この留置場で同じ房の人達が粗末で不潔な食事を

我先にと奪い合う姿を目の当たりにして、自らは食べる気にもならなかった食事が

飢えれば喉を通るという体験を通して、食こそが崇高なものであると知ったと

後の自伝にて語っています。

 
 
何とか留置場から出たものの、1945年3月の大阪大空襲で彼の事務所や工場は

すべて焼けてしまい、失意の中終戦を迎えるのでした。

 
 
 
また、GHQに目を付けられ脱税容疑で

逮捕、巣鴨プリズンに収監され、2年間の法廷闘争の後にやっと

無罪放免になりますが、戦前からあった資産も収監中に処分し、

ある信用金庫の理事長に就任しますが、素人集団の集まりだったために

あえなく倒産し、すべての財産を失うことになってしまいました。

 
 
安藤百福、1957年、47歳の時でした。

 
 


スポンサードリンク


一念発起!!

 
しかし、それでも不屈の精神は衰えず、食糧難にあえいでいた日本を

何とか救いたいとの一心で、今度は独学でインスタントラーメンの開発を進めます。

 
 
試行錯誤を重ねて、ついに油熱による乾燥法にたどり着きます。

 
 
前述したように台湾では「意麺」がインスタントラーメンのヒントに

なったように言われていますが、彼の自伝に妻・仁子さんの揚げた天ぷらで製法を

思いついたと述べています。

 
 
 
 



スポンサードリンク


妻・仁子さんの内助の功!!

 
 
NHKは第99作目の朝の連続ドラマ「まんぷく」を発表しました。

 
 
インスタントラーメンを開発した安藤百福さんとその妻・仁子さんの

半生をモデルに、戦前から高度経済成長にかけて大阪で懸命に生きていく

夫婦の成功の物語になるそうです。

 

NHK朝ドラ「まんぷく」のあらすじ!!

 
 
 
戦前の大阪。

 
 
福子(仁子さん役。役者は安藤サクラ)は三姉妹の末っ子として生まれます。

 
 
父親のいない貧しい母子家庭でしたが、愛情いっぱい受けて

おおらかに育っていきます。

 
 
 
 
ある日、父親代わりとして家族を支えていた長女・咲(内田有紀)が

病気で亡くなってしまいます。

 
 
 
次女・克子(松下奈緒)も結婚の為に家を出ることになり、母と二人になった

福子は自分がしっかり頑張らないといけないと決意します。

 
 
 
そんな時、青年実業家・萬平(百福さん役、役者は長谷川博己)と

運命の出会いをし、二人は結婚する事に!

 
 
 
 
好奇心が旺盛で行動力のある萬平は「日本一の商売人」を

目標に、次から次へとあらゆる事業に手を出し

大成功➡大失敗を繰り返します。

 
 
福子の結婚生活は浮き沈みが激しく穏やかなものとは

かけ離れていました。

 
 
そんな娘の結婚生活に福子の母・鈴子(松坂慶子)は

口を挟まずにはいられません。

 
 
 
 
福子も前進あるのみの夫と心配する母の板挟みにあいながら

子育てに追われて・・・・。

 
 
そんな中で、自分に必要なのは「究極のマネジメント能力」

だと気づき、福子は夫を支え、時には背中を押し、引っ張って行けるほど

強い女性に成長していきます。

 
 
にもかかわらず、萬平は大失敗・・・。

 
 
もう失うものは何もない、どん底からの敗者復活戦に挑み

遂に夫婦は「インスタントラーメン」の開発に成功し、

大革命を起こすことになるのです。

 
 

「転んでもただでは起きるな!」

 
転んでもただでは起きるな! – 定本・安藤百福 (中公文庫)  
 
彼の著書にある通りの楽しいドラマになりそうですね。

 


スポンサードリンク

コメント