菅原小春が女優デビュー!経歴やダンサーとしての凄さは気の強さから?

菅原小春が女優デビュー!経歴やダンサーとしての凄さは気の強さから? 女性俳優
菅原小春という女優をご存知ですか?
菅原小春というダンサーはご存知ですか?

三浦大知と一緒に「Unlock」を踊っていた女性です。
あるいは、SHISEIDO新アルティミューンのミューズのテレビCMで踊っていた女性です。

ダンサーや振付師の実績は抜群な菅原小春が、大河ドラマ「いだてん」で女優デビューです。
そんな彼女の女優としての可能性を探ってみます。

菅原小春の秘められた魅力を紹介します。

フーリンは小学生5人組?米津玄師の『パプリカ』で振り付けは誰?
米津玄師プロデュースの小学生ダンスグループFoorin(フーリン)が2020年東京オリンピック・パラリンピックの応援ソングを担当することがわかりました!米津玄師が作詞作曲したパプリカを歌うfoorin(フーリン)が、気になる方へ情報をお届けします。


スポンサードリンク


スポンサードリンク

菅原小春が大河ドラマ「いだてん」で女優デビュー!

菅原小春が大河ドラマ「いだてん」で女優デビュー 6月9日(日)に放送された大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」第22回「ヴィーナスの誕生」で、菅原小春演じる人見絹枝が初めて登場します。
これが菅原小春の女優デビューになりました。

金栗四三が女子の体育教育を推進している時に、人見絹江と出会います。
そして、彼女の才能に驚き、一緒にやっていこうと薦めます。
しかし、彼女は抜群の身体能力を持っているが、女子離れした自身の容姿に強いコンプレックスを抱いています。

大河ドラマ演出の一木正恵氏が、人見絹枝役を探すにあたり3つのことをポイントにしたそうです。
まずは、とんでもないポテンシャルを持ちながら、文学的で女性的な二面性があること。
次に、国内でのコンプレックスが世界では賞賛に変わる。これを体現できる体格と筋肉を持つこと。
最後に、女性が夢を託したスター、アイドルであることができること。

そんな女性を探している頃、TV番組で初めて菅原小春の存在を知り、三浦大知とのコラボ動画でカッコよく野生的なダンスに魅了されたそうです。

また、紅白の坂本冬美さんとのコラボで最も気になったのは、パフォーマンスが終わった時、舞台上をまるで畳の上のような和の空間として、座って手をついてお辞儀をした瞬間だったそうです。
ちなみに紅白は2018年にも米津玄師とのコラボパフォーマンスをおこなっています。

そんな経緯から、人見絹枝役は彼女しかいないと感じたようです。



スポンサードリンク


菅原小春の経歴やプロフィール!

菅原小春の経歴やプロフィール! 菅原小春は、1992年2月14日千葉県生まれです。
10代の頃からダンスを始め、コンテストで優勝をしたりしています。

2010年高校を卒業後、ロサンゼルスに渡り、本格的なダンス活動を開始します。
帰国後は、国内外を問わず様々なアーティストと関わり、振り付けやバックダンサーを行なっています。
振り付けをした2NE1の「Falling in Love」は、特にヒットした作品です。
また辻本知彦との共作も多く、コンテンポラリーダンスとの融合も試みられ、そのダンススタイルはより芸術性を増し、多方面から高く評価されています。

米フォーブス誌2019年「30 under 30」世界に影響を与えるアジアの30歳以下のタレント30人の1人としてエンタメ部門にて選出されています。

現在は日本を拠点にヨーロッパやアジア諸国の海外でもダンスを教えています。
このように、ダンスの実績は多くを語る必要がない程に素晴らしい経歴です。



スポンサードリンク


菅原小春のダンサーとしての凄さは気の強さから?

菅原小春のダンサーとしての凄さは気の強さから? 「わがまま。ずっと反抗期。こうじゃなきゃやだという拘りが、今でも強すぎるくらいいくつかある。」
と本人が語っています。

兎に角ストイックで、性格はサバサバとダンスのように男らしいようです。
自分の考えや気持ちの芯がとても強い女性なのでしょう。

良い悪いは別にして、自分のスタイルを完全に貫き通すようです。
そのくらいでないと、世界で活躍することはできません。

三浦春馬と交際をしていたようですが、1年ほどで破局してしまったようです。
その別れた理由が、彼女を物語っていると思います。
「菅原さんのキャラクターに惹かれ付き合ったのですが、徐々に付き合っていくのが大変になった」とのことです。

彼女の性格は、好き嫌いがあるかもしれませんが、それが彼女の魅力なのです。

今回のまとめ

菅原小春は、女優としても成功するのかしないのか、興味があります。
もちろん結論はどうなるかわかりませんが、女優としての素養はとても持っています。

表現をするということで、ダンスと役を演じることは通じる部分もあるでしょう。
まして、今回はどこか自分に似ている人見絹江役を演じています。

陸上競技で世界記録の保持者でもあり、オリンピックで苦手種目だった800m走で日本人女性初の銀メダルを獲得している人見絹枝。それを演じる菅原小春。

初めての役者として、菅原小春がどこまで記録を伸ばせるか、この後の大河ドラマ「いだてん」の楽しみのひとつです。
スポンサードリンク

コメント