スポンサードリンク

デスハラ(漫画)はリアルすぎる!あらすじや作者の評判が気になる!

漫画
スポンサードリンク

デスハラ(漫画)はリアルすぎる!

去年、スイスにて日本人女性が安楽死をしたというニュースがありました。

それ以前からも安楽死についての議論が長引いていますが、これといった結論は出ていないようでした。

現状のところ、日本では安楽死は認められておらず、このニュースの女性は外国人も受け付けてもらえるスイスの民間企業にゆだねたものでした。

その一方で、医療の進歩で蘇りを信じ、大金を投じて自分の死体を冷凍保存してもらっている人もいます。

 
多種多様な社会において、生きていくことや死んで行くことについてより深く考えていかなければいけないのでしょう。

 
それもそのはず、「生きる」「死ぬ」という言葉には、多くの意味や背景を抱えており、一概にこう、ということがないからです。

大昔のように、死が近くにあった時代とは違い、生死に関する感覚も大分変ってきているように感じます。

 
そんな流れに一石を投じるかのように、ツイッターにて「デスハラ」という漫画が投稿されました。今回はそれについてお伝えしたいと思います。

 
スポンサードリンク

デスハラ(漫画)のあらすじや作者は?

「デスハラ」はおそらく「デス(死)」と「ハラスメント」をかけた題名だと思われます。

安楽死が認められ、しかも保険適応になる世界で、とある老人女性の葛藤を描いた作品になっています。

 
もしも、という世界ですが周りの人々が死んでいくことに対してきちんと考えていて、いますが女性はまだまだ生きていたいと思っているのでしょうか。

 
たしかに、可愛い息子が巣立っていき、孫も産まれている。

先立たれた夫の代わりに孫の成長を見たいと思っていてもおかしくはありません。

それなのに、周りは死を勧めている、それが女性にとって重荷になっているのです。

 
死ぬことをそれとなく強要される社会ということで「デスハラ」なのでしょう。

死ぬ自由があるのならば、生きる自由があると現在とは逆行しているようですが、そういう考えもあってもよいのでしょうか。

 
それでは、そんな漫画を作ったのは誰かということが気になりますよね。

 
デスハラの作者は吉田よりさんという方です。

見たところ、フリーの漫画家さんの様で、いくつもの短編漫画をツイッターに投稿しています。

また、自費出版等も積極的に行っている方でした。

その中で、この作品をアップしたのにも考えがあってのことなのでしょうか。

それのどれもが短い中にメッセージを込めているようなものでした。

人気になった作品に対し、このようなコメントを残しています。

デスハラ(漫画)の評判が気になる!

「安楽死」ということが制度になり、どのように変化してしまうのか、というのを描いたこの作品には多くのコメントが寄せられていました。それらの一部を紹介いたします。

 
中には、多くのハラスメント行為が横行する現代日本にとっては、この問題は絶対に出てくるのだという意見もありました。

たしかに、ハラスメント行為についてはいまだ解決のめどはたっていません。

よい部分だけを見るのではなく、怒りえる現状にスポットライトを当てた今作が注目されるのも分かるような気がしました。

今回のまとめ

DSC_0102


人間がどのように生きていくのかというのには、最高解はないのかもしれません。

ですが、自分はどう生きるかには最適解はあるのではないかと思います。

そのようなときには、人の生き方を否定することなく、受け入れあうような時代になるとよいですね。

 
また似たように生死に関わる作品に「百年法」という小説がありました。

これも寿命を決められた人間たちがどのように生きていくかを描いていました。

この作品を見ている時に、そう思えました。

 
そんなことを考えさせるような作品でした。


スポンサードリンク

コメント