スポンサードリンク

京口紘人のファイトマネーや経歴がヤバイ!両親も兄弟も最強に強い?

スポーツ
thommas68 / Pixabay
【タイトル】京口紘人のファイトマネーや経歴がヤバイ!両親も兄弟も最強に強い?
【キーワード】京口紘人 ファイトマネー

2016年4月プロデビューから1年3ヶ月で世界王座にまでのしあがった男、
京口紘人さんについて調べていきます。

そして血のつながりが最も強い家族(親、兄弟)について、やはり最強なのかを調べてみました。
それと共に兄が起こしたあの事件 について・・・なぜ引退したのか




スポンサードリンク


スポンサードリンク

京口紘人のファイトマネーや経歴がヤバイ

京口紘人選手は1993年11月27日生まれ大阪出身で3歳から空手を始め

小学校6年生からお兄さんの影響でボクシングジムに通い始めました。

高校3年間は、ボクシング界のレジェンド辰吉丈一郎さんに指導(所属するジムが同じ大阪帝拳ジム)を受けていたそうです。
そしてアマチュアでも66戦52勝8TKO14敗という戦績をおさめています。

大学卒業と同時にプロ入りして

現在では13戦13勝9KOという無敗の最強ボクサーになっています。

ミニマム級とライトフライ級の2階級制覇をして
先週も6月19日に行われた防衛戦に見事勝利をおさめました。

この試合をクリアしたことで見えてくる他団体王者との統一戦も見えてきました。

最強のボクシングシナリオがコツコツと仕上がっていく中

気になるのはやはり収入(ファイトマネー)推定にはなるのだが
およそ2000万円(1試合)らしいです。
この先の活躍によって上下するのは言うまでもなく
このボクサーが見せる先を注目したいです。

京口紘人の両親や兄弟も最強に強い?



スポンサードリンク


お父さんは京口寛さん、空手道場を運営しています。
「聖心會」という流派でキックボクシングに近い武術らしいです。

京口紘人選手も幼少期は空手をやっていたということで強さのベースは空手なのですね。

rauschenberger / Pixabay


お母さんはあまり表にはでてこないので名前は伏せておきます。
京口紘人選手の試合には応援に駆けつけてくれる素敵なお母さんです。

お姉さんの真琴さんも高校の空手の大会で何度も優勝しているそうです。
今は、結婚されているそうです。

そして兄の京口竜人さんは元プロボクサーでした。

やはり血のつながりは濃く最強の家族ですね。
その中でも空手が家族の最強の秘訣なのかもしれません。






スポンサードリンク


京口紘人の兄が起こした事件とは

京口紘人さんの兄、京口竜人さん元プロボクサー、プロとしての戦績は18戦15勝(11KO)2敗1分
ボクサーの登竜門でもある全日本新人王にまでなっている、

かつては「辰吉2世」といわれ世界王者になれる確率は十分にありえましたが
ここで事件は起きてしまいました。

2015年8月、友人とバーベキューをしている時、近くにいたグループと揉めました。
その時に相手の顔面を殴り顎の骨を折るという傷害事件を起こしてしまったのです。

そしてそのまま起訴され2015年10月に逮捕となりました。
この後プロボクシングライセンス1年間の停止とボクシングジムの移籍、本人の深い反省により

2016年12月4日に復帰戦が叶い
1ラウンドKO勝利でプロボクサーとして再スタートを切りました。

しかしここでまた事件が起きました。
2017年7月12日酒気帯び運転による事故を起こしたのです。

飲酒した後ワゴン車で帰宅している時に歩行者をはねタクシーに追突、
現行犯逮捕、人身事故は示談で解決して70万円の罰金刑を受けました。

これによって所属ジム、会長から引退勧告を受け責任をとる形で引退しました。
圧倒的な人気と素質があったのに本当にもったいないですね。

しっかりとプロ意識を持っていれば
兄弟で世界王者になれていたかもしれないのに・・・

alexcsiki / Pixabay


今回のまとめ

WBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人
13戦無敗の最強ボクサー!この先何を見せてくれるのか

ライトフライ級の体重でスーパーバンタム級並のパンチ力を持っているといわれている
このポテンシャルの高さ
まだまだ伸びしろは計り知れないと感じさせてくれる

今回の試合は判定勝利で終わりましたが
あのパンチ力がKOに結びつけば視聴者もぐっと惹きつけられるはず
いずれにしろ豪快な試合を見してくれること間違いないと思います。
これから先も成長し続けるところを楽しみにしています。

putative3 / Pixabay



スポンサードリンク

コメント