毛塚千穂須磨水族館勤務の経歴や出身高校・大学は?かわいい画像!

国内
 
こんにちは、ジョーです。

 
 
現在、神戸市にある須磨海浜水族館で獣医師として

13,000匹の命を守っておられる 毛塚 千穂 さんをご紹介します。

 
 
スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール!!

 
 
埼玉県生まれの彼女は、現在30歳(?)で、兵庫県にある

須磨海浜水族館に獣医師として勤めておられます。

 
 
こちらの水族館は、関西で初めてラッコを展示したり

サメやウミガメがおよぐ「波の大水槽」がある、

大型水族館の元祖ともいえる関西で人気の水族館です。

 
 
 
幼い頃から動物が好きで、将来働くなら好きな事に関われる仕事が

したいと思っていた彼女は獣医師の道に進みました。

 
 
とはいうものの、獣医師も人間の医者同様なかなか難関では

あると思いますが、どのようにしてここまで来られたのでしょうか?

 
 
彼女は新潟県立 新潟高校を卒業されています。

 
 
 
新潟高校といえば県内随一の進学校で、偏差値は71(普通科)~
73(理数科)という高さです。

 
 
彼女は獣医師を目指していたので、理数科の医歯学コースを

選択していたと思われます。

 
 
ちなみに全国一偏差値の高い高校は 灘高等学校(兵庫県)で

79です。

 
 
新潟高校は偏差値だけでなく設立1892年の126年物

歴史のある高校だそうです。

 
 
あのDeNA創業者の南場智子さんもこちらのOGだそうです。

 
 
大学は大阪府立大学 生命環境科学部獣医学科の進学されてます。

 
 
しかし、埼玉県生まれの新潟高校の彼女がどうして大阪の大学

大阪府立大学に進学したのでしょうか?

 
 
彼女が府大を選んだ理由に、寒いのが苦手な事を話しています。

 
 
新潟高校での生活がよっぽど寒かったのでしょうね。

 
 
それに、関西弁に憧れていたことや、堺の中百舌鳥キャンパスの

雰囲気が好きだったこともあるとも話しています。

 
 
しかし、決定的だったのが受験中に赤本に書いてあった

 
 
都会の中の田舎

 
 
と、評していたことが一番の進学理由だったのかもしれません。

 
 
 

獣医師として!!

 
動物の中でも特に大型動物や野生動物が好きな彼女は、

それらに関わる仕事がしてみたかったそうです。

 
 
 
それは、動物の一生を通して付き合いたい、特に元気な姿を見て

皆に感動を与える。

 
 
また、繁殖が上手くいって生命の誕生に立ち会いたい、ということで

一獣医師ではなくこのような大型の施設を選びました。

 
 
今は、この水族館に来るお客さんに動物の一生を伝えていき、知ってもらう。

 
 
元気な姿だけではなく、病気や死をも含めて一生を感じてもらいたいそうです。

 
 
こちらの水族館では動物が亡くなるとその生涯の年表や献花台、教材用の

標本を作ったりもしています。

 
 
彼女は生物の知識だけではなく命の大切さも伝えていきたいとのことです。

 
 

最後に!!

 
 
やはり、医者になるには勉強ができないことにはなれないんだなあと

考えてしまいますが、彼女は学生時代に学んだことはほんの一部だったと

おっしゃっています。

 
 
受け身で学んでいた学生時代とは違い、社会にでるとより実践的で

常に臨機応変なアドリブ対応が求められるそうです。

 
 
特に、命に関わる医者は常日頃からそのことを肌で感じているのでしょう。

 
 
これからも、600種13,000匹の為に頑張ってほしいですね。
スポンサードリンク

コメント