スポンサードリンク

森下 暢仁(明治大)は一級品?経歴・成績・特徴やスカウトの評価は?

スポーツ
今回は2019年の大学野球NO1の呼び声高い森下 暢仁(明治大)の成績やプロフィールなどを元高校球児の視線から調査しました!

 
また、1級品といわれる特徴やプロ野球のスカウトの評価などまとめました。



スポンサードリンク


スポンサードリンク

森下 暢仁(明治大)の経歴や成績は?

まずは森下 暢仁(明治大)のプロフィールをまとめました!

 
名前:森下暢仁(もりした まさと)
出身地:大分県大分市
生年月日:1997年8月25日
身長:180cm
体重:74kg
投打:右投右打
ポジション:投手
経歴:明治少年野球クラブ(大分県大分市明治北小)→ 大分県大分市大東中 → 大分商業 → 明治大学
 
 
体格も申し分ないのですが中学校高校通してずっとエースではないようです。

ケガなどを通して野手に転向したりしたみたいです。

 
 
高校三年生の夏の大会では、投手で出場。

 
5試合を投げ甲子園は出場こそ逃しましたが日本代表に選ばれるほどで当時からスカウトからの評価は高く、ドラフト指名確実と言われるほどでした。



スポンサードリンク


森下 暢仁(明治大)の特徴は?

 
森下 暢仁(明治大)の特徴はたくさんありますが絶賛できる特徴、またここが気になるなと私の思うポイントを挙げていきます。

 

森下 暢仁(明治大)の強み

まずは動画をご覧ください。

【2019ドラフト一位候補】森下暢仁(明治大学)投球シーン
 
 
森下 暢仁(明治大)最大の武器はカーブです!

近年ではストライクカウントを稼ぐために使うことが多い球ですが決め球としても1級品!

 
 
もちろんカーブだけではなく、スライダー、チェンジアップなどすべての変化球が高次元で投げ分けれフォームにばらつきがありません。

ストレートもキレのあるストレートというのが一番イメージが付きやすいと思いますが球持ちもいいため力が良く伝わっており、唸ってくるようにミットに吸い込まれているのでは?と思います。

 
 
 
また、フォームもゆったりと足を上げキレで投げる感じなのでタイミングも取りずらい。

とても大学生の完成度とは思えないほど。

私の思う欠点が修正できればプロ即戦力だと思われます!
 

私が思う森下 暢仁(明治大)の弱点

私が思う森下 暢仁(明治大)の弱点は1つしかありません。

寧ろ1つしか思い当たらずかなり完成度が高い選手です。

 
 
その弱点は【球が高い】です。

大学生だと、球が高くてホームランにされるケースがあまりないのですがプロになると甘い球1球で簡単にスタンドに運ばれます。

ただ現状、ピンチになるとギアが入れ替わりもう1個上のキレになるので大学野球の場合ですと、気にする必要のない弱点です。

 
 
以上のことを踏まえると完成度がかなり高く、今年のドラフトの目玉の一人だと思います!

2019年のドラフトは本当に素晴らしい選手が多く160キロの佐々木郎希(大船渡)圧倒的な完成度の奥川恭伸(星稜高校)と挙げればきりがなく過去にないほどの豊作といっても過言ではないと思います。

しかしその中に食い込んでいけるほどのポテンシャルだと私は思います。

 
弱点に関してもプロに入り、足腰をいじめ抜けば必ず低めに集まるフォームなので問題ないと思います!





スポンサードリンク


森下 暢仁(明治大)のスカウトの評価は?

 
私の見立て通りだと森下 暢仁(明治大)はプロ志望を出せば少なくとも外れ1位には指名はされると思います。
しかし私個人の意見ですので球界のスカウトマンたちのコメントを集めてみました!

 
 
西武渡辺ディレクター:「まだまだ体も大きくなる。高いポテンシャルを感じる。来年は間違えなくドラフトの目玉になる」
日本ハム:「大学生では1番かも」
ロッテスカウト:「野球に対してすべての面でセンスがいい。ドラフト1位候補です」
フィリーズスカウト:「メジャー級ですね。既に東洋大の3人衆に近づいているし、間違えなく来年競合する。過去の日本人投手にいないタイプ」
広島スカウト:「いい打者にピンチでギアを入れられる。九州共立大時代の大瀬良(広島)もそうだった」
巨人スカウト:「バランスがいい。リリースがしっかりしていて、崩れそうもない。1位だろうね」
横浜スカウト:「大学ではNo・1。1位候補です」
中日スカウト:「カミソリみたいな球。ボールにスピンがかかって風を切るような音がする。こういう球を投げる選手は最近いない」
 
MLB(メジャーリーグ)のスカウトも交じってますね!

そしてメジャー級だとの評価も!

 
本人の希望によると思いますがいきなりメジャーにチャレンジでも面白いかもしれませんね!

今回のまとめ

まずは森下 暢仁(明治大)のプロフィールなどを紹介しましたが、順風満帆というわけではなく苦しい時期がある人物だと思います。

 
次にどこが1級品なのか?やはり1番はカーブだと思います!

その他も含め1級品の投手ですね!

 
最後はスカウトマンたちのコメントを集めましたが1級品の投手なのを物語っていましたね!


スポンサードリンク

コメント