スポンサードリンク

加茂水族館のクラゲラーメンやアイスの値段や評判、入館料や場所は?

グルメ
 
山形県内唯一の水族館。

 
 
最大の見どころは世界最大級・5mのクラゲ大水槽。
 
 
ほかにも、クラゲの展示種類数(50種類以上)で世界記録に認定されたこともあります。
 
 
さらに子どもに人気のアシカショーやウミネコの餌付けなど、楽しさ満載。

 
 
クラゲを素材に使ったヘルシーな料理が食べられるレストランもあり、
 
特に、クラゲラーメンやクラゲアイスが人気です。
 
 
鶴岡市で良く知られた水族館が「鶴岡市立加茂水族館」です。

 
 
クラゲが大変魅力的な水族館として人気です。
 
 
今回は「鶴岡市立加茂水族館」をご紹介します。

 
 
山形・鶴岡の旅のスケジュールを立てるのに利用してみてください。

 
追記 : 7月14日にクラゲ水族館館長の奥泉和也さんが出演されます。

 
スポンサードリンク

スポンサードリンク

加茂水族館(クラゲ水族館)の入館料や場所などの詳細は?

 
 
「鶴岡市立加茂水族館」は、山形県鶴岡市にある山形県で唯一の水族館です。
 
 
日本海に面した高台にあり、白い建物と海の青のコントラストが大変素晴らしいと評判です。

 
 
約50種類ものクラゲを眺めることができる水族館として大変人気があります。

 
 
直径約5メートルもの水槽にある「クラゲドリームシアター」

 
大変美しいと多くの人で賑わいます。

 
 
また、クラゲの他にも海水魚や荘内地方の淡水魚などの種類も多く、見ごたえがあります。

 
 
アシカやアザラシなど大きな生き物もいて、

 
ショーも迫力満点とファミリーやカップルなどに人気です。

 
 
「鶴岡市立加茂水族館」でしか体験できないイベントとしてウミネコの餌付けもあり、

 
ワクワクドキドキできるとしておすすめの体験です。

 
 

鶴岡市立加茂水族館の営業時間

 
 
「鶴岡市立加茂水族館」の開館時間は通常は9時から17時までとなっていて、

 
7月下旬から8月中旬の夏休み期間中は9時から17時30分までと30分延長されます。
 
 
最終入館は閉館時間の30分前までとなっています。

 
 
混雑を避けたいときには開館直後の時間帯や閉館間際の時間帯に行くと

 
ゆっくりと水槽を見て回ることができ、おすすめです。

 
 
「鶴岡市立加茂水族館」全体を見て回るのに必要な所要時間は、

 
クラゲやアザラシ・アシカなどの展示エリアだけなら約40分、

 
アシカやウミネコのショーなどを見ると約90分です。

 
 
特にクラゲの展示エリアは多くの人で混雑していることも多く、

 
 
じっくり眺めたい人の列と、遠くから眺めて早く回りたい人の列に分かれているところもあります。

 
 

鶴岡市立加茂水族館の料金

 
「鶴岡市立加茂水族館」の料金は
 
大人料金が1000円、小中学生料金が500円、幼児は無料となっています。
 
 
大人と小・中学生合わせて10名以上の場合は団体料金が適用となり、

 
大人料金が900円、小中学生料金が400円となるのでグループ旅行などの場合には

 
上手に団体料金を利用すると良いです。

 
 
障害者手帳を持っている人は割引料金があります。

 
 
また「鶴岡市立加茂水族館」には年間パスポートもあり、

 
大人料金が2500円、小中学生料金が1250円となっています。

 
 
発行日から1年間利用でき、

 
何度も行く場合には年間パスポートを利用するとお得に楽しむことができます。

 
 
年間パスポートを使って入場するとスタンプがもらえ、

 
スタンプを5個集めると館内の買い物が10パーセントオフでできます。

 
 

鶴岡市立加茂水族館の見どころ クラゲ

 
「鶴岡市立加茂水族館」は、クラゲの水族館としても日本でも大変有名な水族館です。

 
 
ふわふわ・ゆらゆらと水槽の中をクラゲがゆったりと漂う姿は大変癒されると人気があります。

 
 
普段の喧騒から離れ、ストレスを忘れ、

 
心をリフレッシュしたいときにはクラゲを眺めることをおすすめします。

 
 
ついずっと水槽の前にいたくなってしまいます。

 
 
 
直径約5メートルある巨大な水槽のクラゲドリームシアターでは、
 
約4000匹のミズクラゲが漂っています。
 
 
水槽にライトをあててクラゲの表情を変えたりと工夫されていて、

 
幻想的で大変圧巻であると一番人気の場所となっています。

 
 
またクラネタリウムはクラゲの生態や成長などについて学べる場所となっています。
 
 
クラゲの神秘さに触れられます。

 
 

鶴岡市立加茂水族館の見どころ アシカ・アザラシ

 
クラゲの他にも魅力的な生き物がたくさんいるのが「鶴岡市立加茂水族館」です。

 
 
アザラシやアシカなどの身体の大きな生き物がいて小さな子どもに人気の場所となっています。
 
 
アザラシやアシカが本来住んでいる岩礁地をイメージしているプールに

 
のんびり泳ぐ姿を見ることができます。

 
 
観覧場所にはカフェスペースもあり、お茶をしながら楽しめます。

 
 
また「鶴岡市立加茂水族館」のアシカショーも迫力満点と人気があり、

 
座席が満員となることもあります。

 
 
可愛らしいしぐさに誰もが魅かれて思わず笑顔になること間違いなしです。

 
 
アシカショーの開演は10時、11時30分、13時30分、15時開始です。

 
 
時間が変更となることもあるので事前にしっかりと確認してから行くと良いですね。

 
 
冬季は休演です。

 
 

鶴岡市立加茂水族館の見どころ ウミネコ

 
「鶴岡市立加茂水族館」でしか味わえないイベントが「ウミネコのえさやり」です。

 
 
日本海に住んでいるウミネコに餌付けをすることができます。
 
 
飼育員さんが鐘を鳴らすとウミネコ達が一斉に集まってきます。

 
 
そして、アジを投げると見事にキャッチしてくれます。

 
 
飼育員さんを見るだけでなく、実際に自分で体験ができ、スリル満点と人気があります。

 
 
 
開館時間・入館料
開館時間
年中無休
通常 9:00~17:00

夏休み 9:00~17:30
2019年:7月27日(土)~8月18日(日)

最終入館 閉館30分前まで

 
入館料 基本料金
一般 個人 1,000円
団体  900円
小・中学生 個人  500円
団体  450円
幼児 無料
※団体は10名以上です。幼児以外の合計人数となります。
※小・中学生料金は小学校入学年度の4月1日から、中学校卒業年度の3月31日まで適用されます。

 
年間パスポート 一般 2,500円
小・中学生 1,250円
※購入日から1年間有効です。
※小・中学生料金は小学校入学年度の4月1日から、中学校卒業年度の3月31日まで適用されます。

 
減免入館料
学校行事
小・中学校が対象、事前に申請が必要
200円
学校行事引率
保護者は基本料金適用
500円
障害者
障害者手帳の提示が必要
一般    500円
小・中学生 200円
障害者の介助者
原則1名まで
無料

老人クラブ
10名以上で適用・事前に申請が必要
500円

※学童保育所や児童福祉施設での利用など、上記の他にも減免料金が適用される場合があります。
詳しくは水族館までお問合せください。
※小・中学生料金は小学校入学年度の4月1日から、中学校卒業年度の3月31日まで適用されます。
例1:4月から小学1年生の場合、前年度3月31日までは幼児で無料です。

4月1日からは小・中学生料金となります。

例2:3月で中学校卒業の場合、3月31日までは小・中学生料金です。

翌年度の4月1日からは一般料金となります。
※上記料金は全て税込です。

 
鶴岡市立加茂水族館 〒997-1206 山形県鶴岡市今泉字大久保657-1

TEL 0235-33-3036(営業時間内)
FAX 0235-33-1129

 
交通手段
・全日空 羽田空港~庄内空港から約1時間
※庄内空港から水族館まで直通の公共交通機関はありません。

バスをご利用の際は、一度鶴岡駅まで出ていただく必要があります。

直接お越しいただくときは、タクシー・レンタカーをご利用ください。
・JR東京駅~JR鶴岡駅
約4時間
・JR新潟駅~JR鶴岡駅
約2時間
・山形市より
約100km・約2時間(有料道路優先)
・秋田市より
約130km・約3時間(一般道路優先)
・新潟市より
約140km・約3時間(有料道路優先)
・仙台市より
約160km・約2時間30分(有料道路優先)
・東京都より
約480km・約6時間30分(有料道路優先)
※市役所・都庁より計算。道路状況・走行状況により所要時間は異なります。

 
最寄ICからは
・山形自動車道 鶴岡ICより約15分
・日本海東北自動車道 鶴岡西ICより約25分

 
JR鶴岡駅より
・庄内交通路線バス 湯野浜温泉行き(加茂経由):JR鶴岡駅より約30~35分「加茂水族館」下車すぐ

※「善宝寺経由」の路線では加茂水族館に停車しません。ご注意ください。

※道路状況によっては所要時間が延びることもあります。
・JR鶴岡駅より約30分
・庄内空港より約20分

 
 
スポンサードリンク

加茂水族館(クラゲ水族館)のクラゲラーメンやアイスなどのクラゲメニューの値段は?

 

鶴岡市立加茂水族館の見どころ レストラン

 
 
まずはアシカ水槽&アザラシ水槽の前にあるショップ。

 
 
軽食とドリンクを食べることが可能ですが、その中にもクラゲメニューがありました。

 
 
よく見るとクラゲアイス、クラゲソフトクリーム、クラゲヨーグルトシェークの文字が!

 
 
クラゲアイスって1つだけのメニューかと思ったら、なんと14種類もあるらしいです!

 
 
 
14種類のアイス全部にクラゲが入ってるのでしょうか!?

 
 
14種類アイスがある内の1種類だけクラゲが入ってるんじゃないのでしょうか!?

 
 
これはこの加茂水族館の本気度がうかがえる…けど、

 
売り切れが多くて9種類しか置いてなかったりもするとのこと。

 
 
ホントにちっちゃい粒々なんだけど、コリコリとした食感が主張しますよ。

 
 
例えるならキクラゲみたいな感じでしょうか。

 
 
木に生えてるクラゲのような食感のキノコってことでキクラゲって名前なのだろうけど、

 
本当にぴったりなネーミングですね。

 
 
さて、そんなこんなで冷えた身体を温めるため、レストランへ。

 
 
そこで食べられるのがクラゲラーメン

 
 
この加茂水族館の名物メニューで、

 
みんなこのクラゲラーメンを目当てにこのレストランへ来るんだとか。

 
 
さらには麺にまでクラゲが練りこまれているらしいですよ。

 
 
単に上にちょこんとトッピングするだけでなく、

 
麺にまでガッツリと入れてくる辺りにこのメニューの本気度がうかがえますね。

 
 
ちなみに、クラゲラーメン以外にもくらげの刺身やくらげ御膳などなど。

 
 
たくさんのクラゲメニューが存在します。

 
 
以前はもっともっとクラゲメニューがあったんだとか。

 
 
キャノンボールクラゲは確かに存在感は強いんだけど、

 
味も悪くなく、クラゲの食感もまんまでこれはこれで美味い!とのこと。

 
 
本当にこのクラゲラーメンはスープから何から全てクラゲに合うために計算されつくしてます。

 
 
何一つとして邪魔になる具がないし、どれか1つ欠けてもこのラーメンは完成しないでしょう。

 
 
というわけで、加茂水族館。

 
 
クラゲを見るだけでなく、クラゲグルメを思う存分味わうことが出来るので、
 
奇食好きにもオススメの場所です!
 
 
「鶴岡市立加茂水族館」の「魚匠ダイニング 沖海月(おきみづき)」

 
日本海を眺めながら食事ができる場所として大変おすすめです。

 
 
窓のすぐ下にはアザラシ・アシカプールも見え子ども連れにも評判です。

 
 
ここではクラゲ料理を味わうことができます。

 
 
クラゲラーメンが一番人気で、海のクラゲの他にも木クラゲも入っていて食べごたえ抜群です。

 
 
刺身が絶品のエチゼンクラゲ定食、

 
10種類以上もあるクラゲアイス、ソフトクリームの上に刻んだクラゲが乗り

 
食感が楽しいクラゲソフトクリームなどメニューも豊富で、

 
軽食からしっかりとした食事までできる人気のレストランです。

 
 
営業時間は平日が11時から15時まで、土日祝日が10時から16時までです。
 
 
レストランのみの利用もできます。

 
 
クラゲを活かしたラーメン、加茂水族館に訪れたついでに

 
『クラゲラーメン』を食べてみてはどうでしょう。

 
 
値段は700円で醤油味がベースのラーメン。

 
 
太さ2.5mmの平打ち麺にもクラゲが練り込んであるそうです。

 
 
クラゲの具の他は、エビやキクラゲ・チンゲンサイが入っています。

 
 

チャーシューの変わりにクラゲが!

 
 
エチゼンクラゲとラーメンの味。

 
 
チャーシューの代わりにクラゲを乗っけてみました。と言った感じのラーメンです。

 
「一体何のクラゲ?」と聞くとエチゼンクラゲとのこと。

 
 
エチゼンクラゲとは、漁師を困らせている害にしかならないクラゲのことです。

 
 
網によくかかり、網がクラゲの重さで破れ大被害をもたらすだけの物で、

 
何とかして有効利用にとラーメンに投入したのでしょう。

 
 
クラゲラーメン
 
 
肝心の味の方はどうなのでしょうか?

 
と言うと、醤油が薄味かな~という方もいました。

 
 
クラゲのチャーシューの方も味を沁み込ませている訳でもないので

 
ゼラチン質の物体を噛んでるだけの気がしてもう少し改良の余地がほしい所でしたとのこと。

 
 
『クラゲラーメン』
 
加茂水族館のレストランの定番人気メニュー、『クラゲラーメン』(750円)。

 
 
鶏ガラ醤油ベースのスープに、クラゲが練り込まれた独特の食感の麺、

 
そしてクラゲのトッピングという、クラゲがふんだんに使われたラーメンです。

 
 
『クラゲラーメン』は、ユニークなアイデアと高い話題性で、

 
加茂水族館のお土産としても人気を集めています。

 
 
『エチゼンクラゲ定食』
 
そして、もうひとつの定番メニューがこちら、『エチゼンクラゲ定食』です。

 
 
先ほどの『クラゲラーメン』もクラゲがふんだんに使われていましたが、

 
こちらの『エチゼンクラゲ定食』(850円)も負けてはいません。

 
 
御膳の左上から時計回りに、

クラゲ春巻き
刺身こんにゃくのクラゲ添え
クラゲかまぼこ入り味噌汁
クラゲ入りマスカットゼリー
香の物
クラゲと切り干し大根の胡麻和え
ご飯

と、まさにクラゲ尽くしです!

 
 
ここまでクラゲ三昧のメニューを楽しめるのは、加茂水族館のレストラン“沖海月”だけでしょう。

 
 
 
庄内の地物鮮魚を使ったメニューいろいろ
 
当日入荷した、庄内の地物鮮魚を使ったメニューは、

 
“本日のおすすめランチ”としてブラックボードに紹介されます。

 
 
期間限定メニューは、加茂水族館に足を運んでみてのお楽しみ。

 
 
『胡麻漬け丼』
『オススメ丼』
『レディースセット』
『クラゲの刺身 単品』
『鶴岡郷土料理 早春膳』
『鯵の姿盛り』
『サザエ刺身盛り合わせ』
『岩牡蠣 単品』
『庄内ふぐの唐揚げ 単品』
『鯛とクラゲの刺身定食』
『よくばり丼』
『サワラアブリタタキ定食』
『クラゲアイス』

 
などなど気になるメニューがたくさんありますね。

 


スポンサードリンク

加茂水族館(クラゲ水族館)のクラゲメニューの評判は?

 
 
鶴岡市立加茂水族館はイベントも豊富です。

 
 
「鶴岡市立加茂水族館」は、宿泊イベントもあります。

 
 
クラゲや魚がたくさん泳いでいる水槽の前で宿泊することができます。

 
 
普段とは違った見方ができると大変人気のイベントです。

 
 
バックヤードツアーもあり、特別な人と特別な時間を過ごすのにぴったりです。
 
 
開催期間などが限られているので、事前にチェックしてから申し込みをすると良いです。

 
 
また、クラゲドームシアターの前での演奏会なども随時開催しています。
 
 
ふわふわと漂うくらげと、そんなクラゲの雰囲気にぴったりの曲で、

 
いつもとは違った雰囲気を楽しむことができます。

 
 
特別感満載で、大変癒されると評判のイベントです。

 
 
時期によって開催時間や開館時間が変わったりするので、

 
事前に調べてから出かけることをおすすめします。

 
https://twitter.com/satochie6002/status/991593556589527040
https://twitter.com/aaa66210509/status/1140039584048226304

今回のまとめ

 
今回ご紹介した「鶴岡市立加茂水族館」は、

 
ふわふわと水に漂うクラゲが大変癒しを与えてくれると大人気の水族館でした。

 
 
小さな子どもからカップルまで一日しっかり楽しめるおすすめの水族館です。

 
 
クラゲの食事やお土産など話題も豊富で、

 
水族館にいる時はもちろん帰ってからでもふとした時にほっと心を和ませてくれます。

 
 
鶴岡で訪れてみたいおすすめの場所ですよ



 
 
近くにおこしの際は是非、足を運んでみてくださいね。

 
 


スポンサードリンク

コメント