スポンサードリンク

南野拓実の年俸は?プレースタイルや経歴これまでの成績を調査!

スポーツ
https://twitter.com/takumina0116
オーストリア・ブンデスリーガレッドブル・ザルツブルク所属の日本人といえば、

サッカー好きなら分かるでしょう。

日本代表でもある南野拓実選手です。

小学生時代から複数のアカデミーアカデミーからオファーを受け続け、

高卒ルーキーでありながら、開幕戦にまで採用され、今もその実力をもって、目立ち続けています



スポンサードリンク



スポンサードリンク

南野拓実の年俸は?




現在、2018年に3年契約でなんと4億に到達しています。

今の時代、一般的なサラリーマンでは稼ぎきるのが難しい額ですよね。

そんな額をまだ若い彼が稼いでしまっているのですから驚きです。

因みに過去の年俸はこんな感じです。

セレッソ大阪トップチーム
2012年(17歳時):360万円

2013年:360万円

2014年:1,000万円

レッドブル・ザルツブルクへ移籍

2015年:2,500万円

2016年:3,000万円

2017年:5,000万円

夢のあるカーブで、これだけでもなんだか少しサッカー選手を

目指したくなるような気もしてしまいますね。


スポンサードリンク



南野拓実のプレースタイルや経歴!

https://twitter.com/takumina0116





南野拓実選手はキレのあるターンで敵を振り切ったりする形で

得点チャンスを作るようなプレイを得意としているようで、

実力も一流なだけあって、やはりそこに拘りがあるようです。

実際に、10/12のキリンチャレンジカップ 日本3-0パナマ戦においてこのような発言をしています。

「一発でターンできれば狙いどおりだった。イメージどおりではなかったけど」

常に自分の理想のプレイを追い求めるその姿こそ、真のサッカー選手だと言えるでしょう。

目的のある者と無い者の差はやはりはっきりしてきますよね。


さて、それでは経歴へ。

小学生の頃から注目され、中学でも引っ張りだこでした。

2013年、セレッソ大阪にてトップチーム昇格し、

2015年1月6日にFCレッドブル・ザルツブルクに移籍します。

尚、日本代表に関してですが、2009年の段階でU15に選出されています。

中々凄まじい経歴ではないでしょうか。





スポンサードリンク



南野拓実のこれまでの成績




南野拓実選手の個人成績なのですが、このような感じになっています。

                 
2012年     セレッソ大阪 試合3得点0アシスト1
2013年     セレッソ大阪 試合29得点5アシスト2
2014年     セレッソ大阪 試合30得点2アシスト1
2014-15年 ザルツブルク(AUT)試合14得点3アシスト1
2015-16年 ザルツブルク(AUT)試合32得点10アシスト1
2016-17年 ザルツブルク(AUT)試合21得点11アシスト0
2017-18年 ザルツブルク(AUT)試合28得点7アシスト4
2018-19年 ザルツブルク(AUT)試合27得点6アシスト5

代表での成績はこのようになっています。
         
2015年 A代表  試合2得点0
2016年 U-23代表 試合11得点4
2016年  五輪代表  試合3得点1
2018年 A代表  試合5得点4

若いころは成績が振るわない所もありましたが、次第に

安定感のあるプレイをするようになってきているのが成績からもわかりますね。

今はどちらかと言えば、まだ戦術の一端ではありますが、いずれ自らが戦術の軸になり、

戦術そのものになる可能性を秘めた優秀な選手であると言えるでしょう。

評価の指標である年俸もどんどん右肩上がりになるような活躍をして、

それに比例して更なるモチベーションアップを図っていただきたいところですね。



今回のまとめ

小学生時代から注目を浴びてきた南野拓実選手は、海外からも同様に注目を集めています。

そんな彼が得意とするのはターンを中心としたプレイングで、キレのあるターンを絡めたプレイでは

誰もを圧倒する才能の片鱗を見せつけています。

しかし、現在の持ち味に妥協することなく常に理想を追い求める姿は未来で活躍する姿を彷彿とさせます。

そして、2018年に3年契約でなんと4億もの金額で契約を結んでいます。

昔と比べれば安定感も高くなってきていますし、これからの時代を担う、

というよりもポジションも考慮すれば時代を握る人物なのではないでしょうか。

これからの活躍に期待!というところで締めさせて頂きたいと思います。


スポンサードリンク

コメント