トイストーリー4の英語版日本版声優は誰?新キャラクターは?

映画
 
完璧なエンディングを迎えた『トイ・ストーリー3』の続編『トイ・ストーリー4』の製作が決定!

 
 
今回は2019年7月12日に全国公開を控えた本作の情報をお届けします。
 
 
すべての子ども、もしくは昔は子どもだった大人たちを夢の世界に誘う

 
「トイ・ストーリー」シリーズ。

 
 
1996年に1作目、1999年に2作目が公開されいずれも大ヒットを記録しました。

 
 
そして、10年ぶりに公開された続編『トイ・ストーリー3』で

 
これ以上ない完璧なエンディングを迎え、

 
ファン達は「トイ・ストーリー」シリーズの終幕を確信したものです。

 
 
そんな中、ピクサーが第4作目『トイ・ストーリー4』の製作を発表しました。

 
 
ピクサーが続編を作るということは、
 
過去の作品を上回るほどの“語るべき物語”が出来たということ。
 
 
俄然、その内容に期待が高まりますね!

 
 
ここでは『トイ・ストーリー4』に関する情報をお伝えしていきます。

 


スポンサードリンク


スポンサードリンク

トイストーリー4の日本公開日やあらすじは?

 
 
日本公開日は2019年7月12日です。
 
 
おもちゃの世界を舞台に描くピクサー・アニメーションの

 
大ヒットシリーズ「トイ・ストーリー」の第4作。

 
 
ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、

 
幼稚園の工作で作ったフォーキーを家に持ち帰ります。

 
 
ボニーの今一番のお気に入りであるフォーキーを仲間たちに快く紹介するウッディでしたが、

 
フォークやモールでできたフォーキーは自分を「ゴミ」だと認識し、

 
ゴミ箱に捨てられようとボニーのもとを逃げ出してしまいます。

 
 
フォーキーを連れ戻しに行ったウッディは、その帰り道に通りがかったアンティークショップで、

 
かつての仲間であるボー・ピープのランプを発見します。

 
 
一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも

 
2人の捜索に乗り出しますが…。

 
 
ボー・ピープが「トイ・ストーリー2」以来19年ぶりに再登場を果たすほか、
 
物語の鍵を握るフォーキー、ふわもふコンビのダッキー&バニー、
 
かわいいアンティークのおもちゃギャビー・ギャビーなど新キャラクターたちも続々と登場します。
 
 
数々のピクサー作品でストーリーボードアーティストを担当し、

 
「インサイド・ヘッド」では脚本にも参加したジョシュ・クーリーが長編初監督を務めます。

 
 
幼稚園に通うボニーが工作の時間に作った“手作りおもちゃ”のフォーキーは、

 
自分のことをおもちゃではなく“ゴミ”だと思い込んでいます。

 
 
そんなフォーキーをウッディたちはボニーの大事なおもちゃとして守ろうとしますが、

 
「僕はおもちゃなんかじゃない!」と言って逃げ出してしまうのです。

 
 
フォーキーを追って新たな冒険に出たウッディは、かつて仲間だったボー・ピープと再会。

 
 
もふもふ毒舌コンビのダッキー&バニーや、アンティークおもちゃのギャビー・ギャビー、

 
カナダのスタントマンのデューク・カブーンとも知り合います。

 
 
持ち主を持たない自由なおもちゃとなっていたボー・ピープと一緒に冒険するうち、

 
子供部屋以外の広い世界を知ったウッディ。

 
 
そして、なかなか帰ってこないウッディを心配するバズたち。

 
 
果たしてウッディはフォーキーとともにボニーの元へ帰ることができるのでしょうか。

 
 
『トイ・ストーリー4』で注目キャラクターとなりそうなのが、

 
羊飼いの少女をモチーフにしたという人形「ボー・ピープ」。

 
 
恋人関係と断定はできないものの、

 
これまでもウッディとは相思相愛で仲のいい様子がうかがえました。

 
 
実はボー・ピープは、ウッディやバズのように「トイ・ストーリー」シリーズの

 
オリジナルではなく、実際に存在する人形です。

 
 
ウッディたちの持ち主であるアンディの部屋の電気スタンドに付属していたようです。

 
 
おとなしそうな見た目とは裏腹に、ウッディに対して余裕のある積極的な態度を見せています。

 
 
1作目、2作目と出演が続き、3作目はわずかなカメオ出演のみとなっていましたが、

 
4作目ではメインキャラクターとしてカムバックします!

 
 
ピクサーには【過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない】という
 
信念がありますが、彼らが自信を持って贈りだす“前作以上”の物語に期待は膨らむばかり。
 
 
ディズニー/ピクサーが原点に立ち返り製作する、全世界待望のシリーズ最新作に乞うご期待です。

 
 


スポンサードリンク


トイストーリー4の英語版日本版声優は誰?

 
キャスト
 
トム・ハンクス ウッディ
ティム・アレン バズ・ライトイヤー
アニー・ポッツ ボー・ピープ
トニー・ヘイル フォーキー
キアヌ・リーブス デューク・カブーン
キーガン=マイケル・キー ダッキー
ジョーダン・ピール バニー
クリスティーナ・ヘンドリックス ギャビー・ギャビー/ギグル・マクディンプルズ

 
日本語吹き替え
唐沢寿明 ウッディ
所ジョージ バズ・ライトイヤー
戸田恵子 ボー・ピープ
竜星涼 フォーキー
新木優子 ギャビー・ギャビー
日下由美 ジェシー
辻萬長 ミスター・ポテトヘッド
松金よね子 ミセス・ポテトヘッド
三ツ矢雄二 レックス
咲野俊介 ハム
辻親八 スリンキー
森川智之 デューク・カブーン
竹内順子 ギグル
松尾駿 ダッキー
長田庄平 バニー

 
ウッディ/日本語吹替声優:唐沢寿明
 
本作の主人公で、昔ながらのカウボーイ人形のおもちゃ・ウッディ。

 
前作までの持ち主だったアンディから、幼稚園児のボニーに譲られました。

 
ウッディの日本語版声優はドラマ・映画で活躍中の俳優・唐沢寿明が続投しています。

 
●ウッディ役の声を演じる唐沢寿明さんは

 
「この作品を好きで居てくれる人が本当にたくさんいて、顔も似てきてる”っていう人もたまにいる。

 
今でも子供たちに“ウッディ”ってよく呼ばれるくらい(笑)。

 
『トイ・ストーリー』はシンプルでいて、でも決して子供向けということだけでなく、

 
大人を納得させてしっかり感動できる作品。」と自身が演じるウッディと作品についてコメント。

 
 
さらに

 
「(新しい物語は)全く想像がつかないけど、本当に世界中で愛されていて、

 
楽しみにして下さっている方がたくさんいるので、その期待を裏切らないように、

 
繊細にやらなければいけないと感じています。」と新作への意気込みを語っています。

 
 
バズ・ライトイヤー/日本語吹替声優:所ジョージ
 
ウッディの親友で「スペース・レンジャー」のアクション人形であるバズ・ライトイヤー。

 
ウッディ同様、ボニーの元で大切にされています。

 
ガールフレンドはジェシー。

 
バズの日本語版声優を務めるのは、歌手・タレントなど多彩な才能を持つ所ジョージです。

 
 
●バズ・ライトイヤー役の声を演じる所ジョージさんは

 
「バズ・ライトイヤーは僕にとって相棒みたいな存在。

 
20年以上声をやらせてもらって、こんなに嬉しいことはないですよね。

 
最初の『トイ・ストーリー』を観た小学生がもう30歳、40歳になっているわけで、

 
その人たちが自分の子どもたちに『トイ・ストーリー』を観せて…と、

 
バズ・ライトイヤーは未来永劫続きます!」

 
とバズ・ライトイヤーへの深い愛と喜びを隠せない様子。

 
 
「本当にあらゆる世代から待ち望んでもらえる作品で、自分自身も楽しみで仕方ないし、

 
ぜひ期待してもらいたいです!」と最新作への期待を語っています。

 
 
ハム/吹き替え声優:咲野俊介
 
ウッディのおもちゃ仲間で、ピンクの豚の貯金箱・ハム。

 
前作まで日本語版声優を務めた大塚周夫が2015年に亡くなったため、

 
本作からは声優・俳優の咲野俊介が担当します。

 
 
スリンキー・ドッグ/吹き替え声優:辻親八
 
バネの体を持つ犬のおもちゃで、ウッディの仲間の中では最年長のスリンキー・ドッグ。

 
前作まで日本語版声優を務めた永井一郎が2014年に亡くなったため、

 
本作からは声優・俳優の辻親八が担当します。

 
 
続投するメインキャラクターの日本語版声優は、

 
ジェシー役の日下由美、ミスター・ポテトヘッド役の辻萬長、

 
ミセス・ポテトヘッド役の松金よね子、レックス役の三ツ矢雄二です。

 
 
ボー・ピープの日本語版声優は、第1作と第2作で同役を務めた戸田恵子が続投します。

 
 
『トイ・ストーリー4』の新キャラクターであるデューク・カブーン。

 
 
実在するカナダ人スタントマンがモデルとなっている人形で、バイクとセットのおもちゃです。

 
 
バイクでのスタントができると宣伝されて売り出されたものの、

 
実際には宣伝通りのスタントを成功したことはないようです。

 
 
しかし彼は、ウッディとボーのミッションを助けようとする重要な役割を担っているとのこと。

 
 
デューク・カブーンの声優を担当するのは、なんと俳優のキアヌ・リーブス!
 
 
アニメーションの声優を務めるのは初めてとのことで、どのように演じるのか興味津々ですね。

 
 

スポンサードリンク


トイストーリー4の新キャラクターが気になる!

 
2018年11月、『トイ・ストーリー4』のキーマンとなる新キャラクター、フォーキー。

 
 
ウッディやバズ、ジェシーをはじめミスター&ミセス・ポテトヘッド、ハム、レックスなど

 
おなじみのキャラクターたちが楽しそうに手をつないでいる中、

 
フォーキーの困惑した表情が印象的ですね。

 
 
フォーキーは、「僕はおもちゃじゃない!」と自分を“ゴミ”だと思っているキャラクターです。

 
 
新作で重要な役回りを担います。

 
 
おもちゃたちの世界を舞台に、人とおもちゃの絆をドラマティックに描き、

 
世界中の観客を感動の渦で包み込んだディズニー/ピクサーの

 
大傑作「トイ・ストーリー」シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』。

 
 
この度、シリーズの新しいキャラクターとなる

 
ふわふわの毛並みがキュートなアヒルのぬいぐるみダッキー役と、

 
鮮やかな青と緑のもふもふの毛が特徴のうさぎのバニー役の日本版声優に、

 
チョコレートプラネットのお二人が決定!

 
 
それぞれ、ダッキー役は松尾駿さん、バニー役は長田庄平さんが務めます。

 
 
青いウサギのぬいぐるみバニーとアヒルのぬいぐるみのダッキー。

 
 
移動遊園地の景品で、持ち帰ってもらうことを夢見ている彼らは、
 
その可愛らしい見た目に反してかなりの毒舌です。
 
 
ダッキー&バニーは、ウッディたちがたどり着いた移動遊園地の射的の景品のぬいぐるみで

 
ずっと当ててもらえず残っており、いつか子供に持ち帰ってもらうことを夢見ています。

 
 
一見、ふわもふの毛に大きな目というかわいいビジュアルですが、
 
それに反してウッディたちを呆れさせるほど喋り倒すという毒舌コンビで、
 
これまでの「トイ・ストーリー」シリーズでも見たことのないキャラクターです。
 
 
モノマネ芸でブレイクし、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのチョコレートプラネットのお2人は、

 
見事オーディションを突破しての声優決定となりました。

 
 
オリジナル版でもアメリカで大人気の

 
コメディアンの2人(ダッキー役:キーガン・マイケルさん、バニー役:ジョーダン・ピールさん)が

 
演じています。

 
 
オーディションの結果は“再オーディション”と知らされてきたスタジオで

 
サプライズ発表されました。

 
 
その瞬間は状況が理解出来ず、動揺する様子をみせていましたが、実感が湧いてくると

 
「よっしゃー!」と叫びながら喜びを爆発させました。

 
 
2人は声をそろえて「今までで決まった仕事の中で一番嬉しい!本当に嬉Tですね!」と、

 
TT兄弟ネタで喜びを表現しました。

 
 
また、アフレコ後のインタビューでは、大のディズニー好きでも知られる長田さんは

 
「まさか参加できるなんて思ってもみなかった。こんな嬉しいことはないですね!」

 
と興奮気味に語りました。

 
 
実際にアフレコをしてみた感想を伺うと、

 
声優経験のある長田さんは「(ダッキー&バニーの)関係性が、すごく僕らに似ているので、

 
やりやすかったし、親しみやすいキャラクターですよね。」としながらも、

 
アフレコは苦戦したようで

 
「オリジナル版のペースに掛け合いとテンポを合わせるのが難しかった。

 
終わった後くったくたになりました。」と苦労を語りました。

 
 
一方、声優初挑戦の松尾さんは

 
「TT兄弟というネタをしている僕たちが、Tから始まる『トイ・ストーリー』に参加するなんて!

 
最高に嬉しかった。」と参加できる喜びを語り、

 
さらに「持ち主がいないキャラクターというのは新しいなと思いましたし、すごい親近感がある。

 
(ダッキー&バニーの)登場シーンで壁に貼り付けられているのを見て…

 
一年前の僕らを見ているよう。」とブレイクまでの苦労を思い出し、

 
ダッキー&バニーとの重なる部分を感じた様子。

 
 
さらに『トイ・ストーリー』の“T”だけでなく、

 
1作目から吹替えを担当する唐沢寿明(からさわ・としあき)さん、

 
所ジョージ(ところ・じょーじ)さん、戸田恵子(とだ・けいこ)さんにも“T”があることから、

 
「これまでは兄弟でしたが、TTファミリーになるね!TTファミリーやりたい!」

 
と長田さんが偶然重なった“T”に、豪華な共演者たちとの夢の“TTネタ共演”の野望を語りました。

 
 
解禁された映像では、バズの名セリフをネタに、

 
息がピッタリ合った漫才のような掛け合いを披露してくれています。

 
 
今後ダッキー&バニーのコンビは、もふもふの可愛らしい見た目と毒舌のギャップがうけ、

 
多くの人を虜にしていきそうです。

 
 
ギャビー・ギャビー&ベンソン
 
 
ギャビー・ギャビーは、1950年代に作られたプルストリング人形。

 
 
プルストリング人形とは、ウッディ同様、

 
背中に付いた紐を引っ張ることで声を発する人形のことです。

 
 
しかし、ギャビー・ギャビーには製造欠陥があり、

 
このかわいらしい見た目に似合ったかわいい声を発することができません。

 
 
そのため、ギャビー・ギャビーは60年もの間、

 
物であふれたアンティークショップの中で忘れ去られてきたのです。

 
 
ですが、かわいい声が見つかりさえすれば、誰か引き取り手が見つかると信じています。

 
 
そんな彼女の唯一の仲間は、

 
自分の力では話すことのできない不気味な腹話術人形の一団であるベンソン。

 
 
ベンソンたちはギャビー・ギャビーの右腕となり、静まり返ったアンティークショップの中を毎晩、

 
無言でパトロールしているそう。

 
 
腹話術人形ということで、手足などは不安定なため、

 
よろめきながら歩く様もかなり気味の悪い印象です。

 
 
ギャビー・ギャビーの声を担当する新木はギャビー・ギャビーについて

 
「愛されることを強く願っているキャラクターで、

 
そのために努力をする一面がすごく女の子らしくて可愛くて、

 
女の子がとても共感できるキャラクターになっていると思います。

 
私自身も、老若男女から愛される存在になりたいとずっと思っているので、

 
すごくギャビー・ギャビーと近いものがあると思いました」

 
と自身との共通点を交えてコメント。

 
新木は

 
「女優やモデルとしてあらゆる世代から好感度が高く、

 
また可愛らしい女性から芯の通った強さを持つ役、

 
さらにはシリアスな演技まで幅広い役柄をこなすことができることから、

 
ギャビー・ギャビーが見せる様々な面を演じられる」という理由で、

 
オーディションを勝ち抜いてギャビー・ギャビー役に抜擢されました。

 

今回のまとめ

 
今回は、トイストーリー4の日本公開日やあらすじ、

 
英語版日本版声優や新キャラクターなど気になる情報をお届けしました。

 
 
フォーキー以外にも新キャラクターが登場することがわかっており、

 
こちらもどんな個性的なキャラクターたちなのか気になるところです。

 
 
『トイ・ストーリー4』はラブストーリーということで、

 
これまでとは一味違う作品になるのでしょうか。

 
 
いずれにしても、ウッディやバズをはじめとする、

 
あのおもちゃたちにまた会えるのは楽しみですね!

 
スポンサードリンク

コメント