スポンサードリンク

るろうに剣心最終章のヒロインは有村架純?キャストや内容が気になる!

映画
 
るろうに剣心の実写映画が2020年に公開されますね。

 
 
今回はるろうに剣心最終章のヒロインは有村架純?

 
 
キャストや内容などもふまえ見ていきます。

 
 
るろうに剣心・実写映画2020年版のキャスト予想が気になる方もいることでしょう。

 
 
映画「るろうに剣心」6年ぶり新作で2作連続公開へ!
 
 
俳優・佐藤健が主演を務める映画『るろうに剣心』シリーズが最終章が製作し、

 
2020年夏に2作連続公開することを発表しました。

 
 
『るろうに剣心』(2012年8月25日公開)、『るろうに剣心 京都大火編』(2014年8月1日公開)、

 
『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014年9月13日公開)に続き、6年ぶりの新作となります。

 
 
大人気実写映画『るろうに剣心』のシリーズの最終章が、

 
2020年の夏に2作続けて公開される事が決まりました。

 
 
最終章の「追憶編」「人誅編」は原作ファンに重要視されている内容だけに、

 
「雪代巴」を誰が演じるかについて話題になっています。
 


スポンサードリンク


スポンサードリンク

るろうに剣心最終章のヒロインは有村架純?歴代キャストや目撃情報は?

 
 
キャストの発表は一部に留まっていますが、主演の佐藤健さんは継続が決まっています。

 
 
過去三作では日常的な演技もアクションも完璧といっていい出来だったので当然ですね。

 
 
「追憶編」と「人誅編」では、愛情や憎悪、無念の感情を向けられる難しい芝居が要求されますが、

 
佐藤健さんなら要求された以上の演技を見せてくれるでしょう。

 
 
神谷薫役の武井咲さんは妊娠・出産しましたが、

 
「追憶編」で女優復帰するという情報も流れています。

 
 
『るろうに剣心』の過去作でもヒロインを演じていましたから、

 
出来れば最終章にも出演してもらいたいですね。

 
 
斉藤一役の江口洋介さんや、

 
相楽左之助役の青木崇高さんなどの旧キャストも続投が期待されています。

 
 
さて、るろうに剣心の実写映画の巴役はどの女優さんが演じるのか気になりますよね。

 
 
目撃情報もあるとの噂!

 
 
るろうに剣心の実写映画・巴役の女優さんの目撃情報の真相に迫ります!

 
 
2011年から3作公開されてきた人気実写映画『るろうに剣心』のシリーズ最終章が、

 
2020年に2部作連続公開される事が分かりました。

 
 
原作のストーリー上、主人公を除けば「雪代巴」が最も重要な人物と言えるので、
 
巴を演じる女優について多くのファンが予想しています。
 
 
SNSなどで撮影現場の情報も拡散されており、

 
その中には「雪代巴」らしき役者を見たというものもあります。

 
 
また、物語を締めくくる2作品ですから、どういう展開になるのかも気になりますね。

 
 
女優の有村架純がインスタグラムにサンダルを履いた足を披露。

 
 
明記はないがおそらく有村の足だと思われているのですが…。

 
 
ネット上では「有村架純の指長いな」「長すぎないか」と、有村の足の指が異様に長いのでは、

 
という点で話題になりました。

 
 
人気女優だけにちょっとしたことで話題になるからさすがですね。

 
 
一方、それ以上にウワサになっているのが、有村の「服装」です。

 
 
「何となく『着物』に見えるんですが、これにネットが『るろうに剣心か?』と反応しています。
 
 
というのも、三重県松阪市を拠点とする地方紙『夕刊三重』が先日、

 
『あれは「るろ剣だった?」着物の有村架純さん撮影』という見出しで、

 
2020年公開予定の『るろうに剣心 最終章』のロケが松阪市にある御城番屋敷で行われ、

 
女優・有村架純が撮影に参加していたと記したんです。

 
 
ちなみに製作側はこの映画のロケを三重県内で行っていることは公表しています。

 
 
ただ、具体的な場所やキャストはまだ公表前。

 
 
つまりは『解禁前情報』を出してしまったんですね。

 
 
思わぬ『すっぱ抜き』となったわけですが、ネットユーザーの間ではすでに『巴を有村が?』と、

 
予定されている『追憶編』のヒロイン役なのではと話題になっています。
 
 
今回もその撮影場からのインスタ投稿なのではといわれています」

 
 

スポンサードリンク


るろうに剣心最終章の内容が気になる!

 
 
原作漫画では「人誅編」にある回想部分が「追憶編」と呼ばれています。
 
 
この部分は1999年にOVAとしてアニメ化され、国内のみならず海外からも高い評価を得ました。

 
 
「追憶編」は「人誅編」の一部分ですから、この2つのエピソードには密接な繋がりがあります。
 
 
剣心が人斬りをやめた理由や、頬の十時傷をつけた人物が明かされ、

 
そして剣心を激しく恨んでいる「六人の同士」が登場しています。

 
 
「雪代縁(ゆきしろえにし)」「八ツ目無名異(やつめむみょうい)」「乙和瓢湖(おとわひょうこ)」

 
「鯨波兵庫(くじらなみひょうご)」「外印(げいん)」「戌亥番神(いぬいばんしん)」が、

 
剣心を憎悪する「六人の同士」です。

 
 
「追憶編」「人誅編」では死闘と呼ぶにふさわしい戦いが続きますから、

 
2020年に公開される映画でも手に汗握る対決になると思います。

 
 
このシリーズでは原作を上手く改変してきましたから、

 
「追憶編」や「人誅編」も設定が部分的に変更されるかもしれません。

 
 
特に「外印」と「戌亥番神」は第一作目で剣心達に敗北しているので、

 
何か理由を作って再登場するか、原作にはいない人物が登場する可能性もあります。

 
 
他にも「追憶編」が回想という形で展開していくのか否かや、

 
ラストの展開が原作とは違うという事も考えられます。

 
 
復讐劇ですから、かなりハードなシーンが続くのは間違いないでしょう。

 
 
監督も「(追憶編は)ディープな内容になる」「深いドラマになる」と発言しており、

 
製作に意欲的に臨んでいるようです。

 
 
エンタメとしても面白そうですが、シリアスで見応えのある作品になりそうですね。

 
 
人気映画『るろうに剣心』シリーズはワーナー・ブラザース製作で、

 
主演を佐藤健、監督を大友啓史が務めています。

 
 
これまでに公開された3作では、

 
原作の激しい戦闘描写を再現したアクションが高く評価されてきました。
 
 
漫画の実写映画化は失敗することも多いのですが、

 
この映画は原作の優れた部分を損なわないように脚色・改変したため、

 
近年稀にみる成功を収める事ができました。

 
 
佐藤健以外にも『江口洋介』『香川照之』などの大物俳優でキャストを固めており、

 
前作では『福山雅治』がシークレットキャストだった事がわかって話題になりました。

 
 
2011年に公開された第一作『るろうに剣心』では、

 
ヒロインの「神谷薫(かみやかおる)」や仲間の『相楽左之助』と共に、

 
鵜堂刃衛(うどうじんえ)などと対決しています。

 
 
過去に犯した過ちから一人で生きていた剣心が、

 
強く守りたいと思える女性や仲間達と出会う物語でした。

 
 
2014年には、『京都大火編』と『伝説の最後編』が2作連続公開されました。

 
 
敵の首領である『志々雄真実(ししおまこと)』は、剣心と互角の実力を持ち、

 
政府への報復を目論む維新志士です。

 
 
剣心達は、『志々雄真実(ししおまこと)』の一派と苛烈な戦いを繰り広げました。

 
 
原作でも一番人気が高い部分なので興行収入も跳ね上がり、

 
上記三作の累計興行収入は120億を突破しています。

 
 
ですから、2020年に公開される最終章にも期待が寄せられています。

 
 
映画の詳細な内容はまだ公表されていませんが、

 
原作で剣心が語った回想に近い内容になるみたいです。

 
 
「追憶編」はその回想を元にアニメ化されており、国内のみならず海外でも高い評価を受けました。

 
 
アニメの「追憶編」では、「剣心が人斬りとなった経緯」「剣心の十字傷が誰に付けられたのか」

 
「人を斬らなくなった理由」など、主人公のターニングポイントが描かれています。

 
 
来年公開される実写映画もアニメと同じようなストーリーになると予想されます。

 
 
その内容は剣心がまだ人斬りだった頃の話で、

 
「雪代巴」は剣心に夫を殺されたため間者(スパイ)となった、という設定です。

 
 
アニメと同様の内容ならコミカルな描写は一切なくなり、終始シリアスな雰囲気となるでしょう。

 
 
原作ファンにも大切にされているエピソードですから、心情描写を丁寧に作って欲しいと思います。

 
 
上述したように「雪代巴」は剣心に婚約者を殺されているので、

 
最初は復讐心から剣心に近づきます。

 
 
当時の剣心は人斬りで幕府の要人を暗殺しており、巴の婚約者はそれに巻き込まれた形です。

 
 
ですが巴は剣心に情を移していき、

 
相手は婚約者の仇であるのに愛情を持ってしまった事に葛藤する…という人物です。
 
 
役柄的に巴役の女優さんが真に迫った演技を見せてくれれば、

 
主人公の剣心の演技が引き立つと思います。

 
 
雪代巴は年齢の割に大人びた容貌を持つ、どこか影のある美人です。

 
 
原作者の話によると「雪代巴」にはモデルがいて、

 
それは「新世紀エヴァンゲリオン」のヒロイン・綾波レイだそうです。

 
 
確かに言われてみれば性格が似ていると感じますね。

 
 
雪代巴を演じる女優さんは、綾波レイのように物静かな雰囲気を出せる女性が向いていそうです。
 
 
また、巴の年齢は18歳で身長は161cm、剣心の年齢は15歳で身長が158cmという設定です。

 
 
最終章の発表がなされてから、雪代巴役の女性について様々な予想・憶測がされてきました。

 
 
よく挙げられるのが「有村架純さん」です。

 
 
また、SNSなどに報告される撮影現場の目撃情報でも、

 
「有村架純さん」の数が他の人よりも多いです。

 
 
「雪代巴」は、高い演技力を要求される役柄だと思います。

 
 
特に、許嫁の仇を愛してしまったという葛藤を表現するのは大変でしょう。

 
 
実は、「伝説の最後編」に一瞬だけ「雪代巴」の姿が映っています。

 
 
顔を伏せているため誰なのかは分かりませんが、スレンダーな体型に見えます。

 
 
その時の役者さんと、最終章で巴を演じる役者さんが同じか否かは分かりませんが、

 
「有村架純さん」に近い体型のようにも見えます。

 
 
別人だとしても、イメージ的にピッタリです。

 
 
何にしろ容姿がイメージに合うだけでなく、演技力の高い女優さんだったら嬉しいですね。

 
 
新作では、原作の最終章にあたる“人誅編”をベースに、

 
OVA化され高く評価された人誅編の一部となる“追憶編”と、

 
志々雄真実との壮絶な戦いの後の、

 
これまでの剣心の生き方すべてに決着をつける“人誅編”のクライマックスまでの物語を映画化。
 
 
これまで語られることのなかった剣心の“十字傷の謎”に迫る物語と、

 
中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人であり、

 
武器や軍艦を送り込み志々雄真実を操っていた“シリーズ最恐の敵・縁(えにし)”との戦いを、

 
動乱の幕末期と明治維新後の新時代の2つの時代を通して描きます。

 
 
『るろうに剣心』1作目当時、22歳だった佐藤は撮影中の2019年の3月に30歳に。

 
 
最終章にかける思いについて、

 
「毎回どの作品も全力で演じていますが、『るろうに剣心』に関しては、

 
やはり特別な思いがあります。

 
また、この二部作は、剣心の十字傷の秘密(剣心の過去)を描いていることもあり、

 
剣心にとって間違いなく一番重要なエピソードです」とコメント。

 
 




スポンサードリンク


るろうに剣心最終章のネットでの評判は?

https://twitter.com/Tachibana_Vicky/status/1132559185743245317
https://twitter.com/crank_in_net/status/1116634562447269889
 
 

今回のまとめ

 
SNSで報告されている目撃情報だけでは、「雪代巴」の役を誰が演じるのか分かりません。

 
 
ですが、「雪代巴」がどこか影のある美人だという事を考慮すると、

 
「有村架純さん説」が当たっていそうな気がします。

 
 
最終章はただ単に終わりの作品というだけでなく、

 
主人公が過去に起こした過ちと向き合う重要なエピソードになっています。

 
 
ですから原作ファンの思い入れも非常に強く、ネット上で期待するコメントもよく見ます。

 
 
大友啓史監督を始め、過去作の制作スタッフが最集結しており、

 
制作陣のモチベーションも高いようです。

 
 
高いクオリテイになりそうな作品ですので、2作連続公開される来年の夏が待ち遠しいですね。

 


スポンサードリンク

コメント