スポンサードリンク

西倉新久は弘兼憲史と柴門ふみの息子?描く漫画の内容や評価は?

エンタメ
 
実は、超ベテラン漫画家の弘兼憲史と柴門ふみの息子さんが、
 
『西倉新久』というペンネームでひそかに漫画家デビューしているということが、
 
話題になっています。
 
 
今回は弘兼憲史と柴門ふみの息子の西倉新久について見ていきましょう。

 
ご両親について、西倉新久の描く漫画の内容やタッチについてなどの情報をお届けします。

 
 


スポンサードリンク


スポンサードリンク

西倉新久は弘兼憲史と柴門ふみの息子?

 
漫画家として活躍している西倉新久ですが、

 
ここに来て”両親”の正体が判明し世間の注目を集めています。

 
 
彼の両親について2019年6月4日に配信された「週刊女性PRIME」は次のように報じています。

 
 
弘兼氏と柴門氏は、漫画界で大ヒット作を次々と生み出している“大御所作家”。
 
 
弘兼先生は’83年から現在まで連載が続いている「島耕作」シリーズをはじめ

 
「人間交差点」や「黄昏流星群」など、映像化もされたヒット作を次々と世に送り出しています。

 
 
個人的に「人間交差点」は中学の頃にはまっていました。

 
 
一方の柴門先生は、大ヒットドラマの原作「東京ラブストーリー」や「あすなろ白書」の著者で

 
“恋愛の巨匠”とも呼ばれていますね。

 
 
そこでまず、父親である弘兼氏の話をご紹介します。

 
 
「ウチで背景の手伝いをしてもらったことはありましたが、

 
漫画を描いていることは知りませんでした。

 
 
あるとき“『ちばてつや賞』をとりました”と、報告があって驚きました。

 
 
息子の漫画を読んだことはありますが、僕たちの作風とは違って、繊細な作品だと思いました。

 
 
相談を受けたこともいっさいないですね」

 
 
一方の柴門氏も同様で、デビューした際にも事後報告だったといいます。

 
 
「私たちが両親だということを、息子はずっと隠していたようです。

 
 
漫画界は完全に実力主義なので、親のコネでデビューできる世界ではないのですが、
 
“親の七光”だと言われることをとにかく嫌っていたみたいです。
 
 
私も、彼が『ちばてつや賞』をとるまで漫画を描いていることを知りませんでした。

 
 
連載も決定してから報告があっただけで、すべて事後報告でしたね。

 
 
アドバイスしたこともありませんし、あえて両親とは距離をとっているのだと思います」

 
 
2014年12月の時点で西倉さんの年齢は28歳でした。

 
 
つまり、2019年現在では33歳前後だと思われます。

 
 
東京都在住で、2016年にはご結婚もされています。

 
 
偉大なご両親に頼ることなく漫画家デビューした、西倉新久の今後の作品にも期待できそうですね!

 


スポンサードリンク


西倉新久の描く漫画の内容やタッチは?

 
西倉新久は2014年の『ちばてつや賞 ヤング部門』で大賞を受賞した後の2016年、
 
「Eleganceイブ」という秋田書店の漫画雑誌で「HOTEL R.I.P.」というタイトルの漫画の連載を
 
スタートさせ、単行本も出ています。
 
 
不慮の死に見舞われ、現世に心残りがある人々を描いたファンタジー作品です。

 
 
人生の終着点で、あなたがやり残したことは、なんですか?

 
 
「Eleganceイブ」と「Champion タップ!」で不定期連載中の西倉新久の
 
初連載『HOTEL R.I.P.』は、不慮の死にみまわれ、心残りをかかえた人々を描く、

 
オムニバス形式の物語。

 
 
事故や災害などで、不慮の死を遂げる死者は、毎回ふたりです。

 
奇妙な外観のホテルで、到底ホテルマンとは思えない怪しげな風貌の支配人・迎(むかえ)から、

 
ふたりは相部屋で宿泊し、生前の「心残り」を解消するよう伝えられます。

 
 
彼らの「心残り」をめぐる5つの物語は、読み終わったとき、惜しみない拍手を送りたくなります。

 
 
キラキラと光る、粒ぞろいを集めた1冊です。

 
 
ホテルなのに、他人と相部屋!?

 
オリンピックを有望視されていた女子高校生スイマーと、なんの取り柄もない女子高校生。

 
人気絶頂のアイドルと、地方在住の性格の悪い女性。

 
心残りを解消できず5年もホテルに居続ける女性と、そして…。

 
明らかになる彼女たちの「心残り」とは?

 
 
死んでしまったのにどうやって「心残り」を解消するのか?

 
 
相部屋になるのは決まって、「それは合わないのでは…?」とこちらが心配になるようなふたり。

 
 
赤の他人だと思われたふたりが、エピソードを追うにつれて接点があるとわかったり、

 
「あっ」と真相に気づきます。話ごとに異なる爽快感がありますよ。

 
 
演出が実にさりげなく、伏線も巧みだから、クライマックスにむけ、彼らを応援したくて、

 
ページをめくるのが速くなってしまうこと間違いなし。

 
 
彼らの最高の「最期」を、しっかり見届けてあげてほしい作品になっています。

 
 
死んでから見つける、最高の友達。

 
3話目の「西九条まなと牛田桃華」。

 
 
トップアイドルで天真爛漫な「まなっぺ」こと西九条と、ねじ曲がった性格の牛田。

 
 
真逆すぎるふたりが、かみ合わないながらも仲良くなっていくのが面白いです。

 
 
牛田と西九条がお互いを認め、ホテルを満喫するシーンに、ほっとします。

 
 
「最期」に、彼らが相部屋のパートナーへ贈る晴れやかな言葉は、すがすがしい。

 
 
死を扱った作品は、読むのに体力がいることもあります。

 
 
しかし『HOTEL R.I.P.』は一味違うのです。

 
 
デフォルメされた表情豊かなキャラクター、巧みなストーリーテリング。

 
 
この作品は、軽快に前向きに、かつ中身は薄くならず、生と死を扱っています。

 
 
ラストにおまけ的に挿入される楽しい1ページマンガ「ANOTHER LIFE」が、

 
大好きな方もいると思います。

 
 
別の世界線で、幸福な人生を送るふたりに、頬がゆるみます。

 
 
迎をはじめ、フロントと送迎係の閾(しきみ)、新人の舳(みよし)など、

 
個性豊かなホテルスタッフがホテルに勤めるようになった経緯も、今後気になるところです。

 
 
もしかしたら、明日の宿泊客は「自分」かもしれないから。

 
 
心残りは何だろう。

 
 
単行本を閉じたとき、暗くならずに、しみじみ考えることができます。

 
 
表紙を見ただけでまず、ご両親の作画とは全く違うことが分かります。
 
 
西倉新久は両親とも漫画家という環境で育ちながらも、

 
両親とは違った独自の作風をつくってきたんですね。

 
 
ご両親の作画と比べると今っぽい漫画の作風に近づいたような印象を受けます。

 
 
 
弘兼憲史の漫画は背景が実写に近いものが多く、

 
実際に存在する舞台を使用して現代社会がテーマになっているものが多い印象ですね。

 
 
 
 
柴門ふみの漫画は昔とタッチは変わりましたが、やはり西倉新久とは違いますね。

 
 
 
 
「ちばてつや賞」を受賞した作品『湊さんの水やりの時間』は

 
現在インターネット上で無料で見られるようになっています。

 
 
この他にも西倉新久の同人誌がコミック通販サイト「COMIC ZIN」で販売もされているので、

 
気になる方はご覧ください。

 
 
西倉新久がベテランの有名漫画家夫婦弘兼憲史と柴門ふみの息子というのには驚きですが、

 
今後ドラマ化や新たな作品の単行本化など、幅広く活躍していくかもしれないので期待ですね。

 




スポンサードリンク


西倉新久の描く漫画の評価は?

https://twitter.com/inutoneko_/status/1135730053742964736
 
高評価なうえ、このニュースが出る前からのファンも多かったですね。

 
 
今後、期待したいです。

 
 
作品を知らない方も一度読んでほしいです。

 

今回のまとめ

 
いかがでしたでしょうか?

 
 
弘兼憲史と柴門ふみの息子の西倉新久をご紹介しました。

 
 
両親共が、同じ分野で偉大な存在というのは、やりにくい部分もあったのかもしれませんが、

 
西倉新久は自分の実力で賞を勝ち取って素晴らしいですね。

 
 
後から「実はそうだった」とこのようにニュースになるのはカッコいいと思います。

 
ご両親のこととは関係なく一漫画家として読んでほしいです。

 
西倉新久のこれからのご活躍が、ますます楽しみですね。

 
 


スポンサードリンク

コメント