スポンサードリンク

平山博文クラゲ好きでマツコの知らない世界出演!その飼育方法は?

エンタメ
 
こんにちは、ジョーです。

 
 
薄暗い水族館で、ぼんやりとした明かりの中に

神秘的にライトアップされて水の中を当てもなく漂う

クラゲを見ていると、とても癒されますね。

 
 
こんな水槽がもし家庭にあったらどんなに癒される事でしょうか?

 
 
この夢をかなえてくれるのが、5月22日の「マツコの知らない世界

に出演される 平山博文 さんです。

 
 
家庭で飼えるクラゲの案内人としてその飼育方法や

素晴らしさを教えてくれます。

 
 
今回は彼をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


 
 
スポンサードリンク

平山ヒロフミさんとクラゲの運命的な出会い!

 
(マツコの知らない世界では「平山博文さん」と紹介されていますが

公には「平山ヒロフミさん」と名乗っていらっしゃいます)

 
 
彼は、江ノ島水族館(現在の新江ノ島水族館)から10分ほど離れた場所に

新入社員として配属され、1998年に初めて同水族館を訪れたのが

運命の出会いでした。

 
 
当時は普通に水族館を楽しんだものの、一か所だけ見落としていた場所がありました。

 
 
それが、「クラゲファンタジーホール」だったのです。

 
 
水槽は優雅で華やかで不思議な生き物がふわふわと浮いていて

全てが新鮮だったのです。

 
 
慌てて、写真やビデオを撮りまくりました。

 
 
そして、そのことをインターネットサイトに紹介したり、正月にも

関わらずに、大学教授にメールしたりしてどんどんクラゲの事が

好きになっていきました。

 
 

スポンサードリンク


プロフィール!!

 
平山ヒロフミさんは1999年からクラゲのコミュニティー

クラゲの不思議な世界 jfish (ジェーフィッシュ)」を

運営してる一般の方です。

 
 
会員数は約100名で、様々なイベントや学習会を企画しています。

 
 
全国の水族館やクラゲ研究を行っている大学や研究機関、クラゲに

興味ある一般の方をつないでいます。

 
 
そして、jfishのメルマガ投稿数は約15年の運営で数万通に達し、

毎年水族館や研究機関でのクラゲ交流会や勉強会が開催されています。

 
 
また、クラゲのイベントのライティング、作曲などの音楽活動も

行っており、水族館のBGMとして採用されクラゲに関しては多岐に

渡って活動されている方なんです。

 
 
鹿児島県出身で現在神奈川県に在住されておりますが、

ご年齢や職業、家族構成などは公表されていないために

分かりませんでした。

 
 



スポンサードリンク


家庭でのクラゲの飼育方法!!

 
 
クラゲについて知っていく中で水族館ではなく自分の家で

飼えないかと考えた彼はクラゲの飼育に挑戦するのでした。

 
 
クラゲの飼育は今ではそれほど難しくはないのですが、

当時はクラゲの飼育はかなり難易度が高く

素人には無理だといわれていました。

 
 
と言うのも、クラゲは水族館ですら怪我をして

傷ついてしまったりするので一般家庭では

飼育しても直ぐに死なせてしまうのです。

 
 
クラゲは淡水に入れると死んでしまいますので

海水で飼育しないとなりません。

 
 
その他にも多くの注意が必要なのです。

 
 
では、実際のクラゲの飼育方法をご紹介しましょう。

 
 
まず、クラゲは海にいる生き物なので海水で

飼育する必要があります。

 
 
でも、海水を海から汲んでくるなんてできませんし

調理用の食塩を使用しても海水は作れません。

 
 
そのため、海水を作るための「海水の素」で

海水を作って飼育水として使用します。

 
 
あとはクラゲ専用の飼育セットを用意して

クラゲを入れればいいのです。

 
 
そこで大切なのが「クラゲ飼育セット」です。

 
 
普通の水槽で飼育するには、水槽内に適度な水流を作り

水質を綺麗に保つろ過装置にクラゲが吸い込まれないような

注意が必要となにかと難しいのです。

 
だから、クラゲ飼育セットで簡単にクラゲを

飼いましょうと言う事なんです。

 
 
高級なものからお手軽なものまでありますので

ご自身にあった水槽を選びましょう。

 
 
まずはクラゲ飼育に間違いのないものを紹介します。

 
 
オービット20

 
 
スタイリッシュにクラゲ飼育専用に開発された水槽で

これ一台で照明、ろ過機などのすべての機能が

内臓されたかなりの優れモノなんです。

 
 
しかも、中に搭載されている機械が見えないために

インテリア性がかなり高くて理想的な水槽です。

 
 
そして、照明はリモコン操作が可能で色も16色、8段階の

明るさを調節できます。

 
 
初心者こそこういった水槽が良いのですが

お値段が、、、、

 
 
56,900円と結構お高めなんです。

 
 
まあ変な水槽を買ってクラゲを死なせてしまうことを

考えれば、こちらの方が安く済むかもしれませんね。

 
 
可愛らしいこちらは「くるくるクラゲ水槽

 
 
この商品には照明やろ過機は付いていません。

 
 
かなり簡易的な水槽で空気を送り込むことで水流を

作り、クラゲをくるくると泳がせるといった水槽になっています。

 
 
正直、ヒーターやろ過機が付いていないため

初心者にはお勧めできないかもしれません。

 
 
簡易的なものになればなるほど飼育者の

スキルが必要になってきますのである程度、

経験や知識のある人がクラゲ飼育を

お手軽に始める水槽ですね。

 
 
ただ、お値段は     2,380円!!

 
 
このお値段ならリーズナブルにクラゲを飼えるので

水温調整や水替えの知識のある人ならばいいと思います。

 
 

最後に!!

 
 
平山ヒロフミさんはクラゲ関係の本も出版されています。

 
 
ほんわかクラゲの楽しみ方:ゆらゆら、ふらふわ。
眺めて  癒される」

 
 
 
くらげるクラゲ LOVE 111

 
 
現在も買うことの出来るのはこの2冊です。

 
 
 
 
本もそうですが彼のSNSは画集にできそうなクラゲフォトでいっぱいですので

クラゲを飼うことができない方も彼のベストショットを眺めているだけでも

癒されるんじゃあないでしょうかね?


スポンサードリンク

コメント