スポンサードリンク

佐々木朗希(大船渡)の読み方や身長は?経歴や球種、ドラフト指名は?

スポーツ
佐々木朗希投手「大船渡」ケース打撃練習で」163キロをマーク
最近メディアでも話題になっている佐々木朗希(大船渡)選手のプロフィールや面白エピソードなどを元高校球児のライターがまとめてみました!

今回は佐々木朗希(大船渡)選手のプロフィールやちょっとした小話、今後私の独断と偏見の籠りまくった主観に満ち溢れた記事になっています。

 


スポンサードリンク


スポンサードリンク

佐々木朗希(大船渡)の読み方や身長などのプロフィール

 
 
早速ですがプロフィールをまとめてみました。
佐々木朗希 ささきろうき
学歴    大船渡市立第一中学校(岩手)→大船渡高校(岩手)
生年月日  2001年11月3日生まれ
身長    189cm
体重    81kg
投打    右投げ右打ち
ポジション 投手



スポンサードリンク


佐々木朗希(大船渡)野球歴や球種は?

 
 
 
野球を始めたのは小学校3年生の9歳からで大船渡市立第一中学校にて野球を続けています。
 
 
やはりと申しますか中学生のころからもスター選手でして中学生で141キロをマーク!

しかも驚くべきは軟式ボールで141キロをマークしたこと。

 
 
 
日本の学生野球には2種類ボールがあるのですが

一つは硬式ボールこちらはプロ野球でも使用されているもので字の通り硬く中身が詰まっていますのでよく飛びより速いボールを生み出します。

 
 
2つ目は軟式ボールでゴムのようなボールなのですが真ん中が空洞になっています。空洞により反発するエネルギーが多くスピードも出なければボールも遠くに飛びません。

なので実際に硬式ボールを使うともっと早かったということですね。

実際の投球映像はこちらです。

令和の怪物 佐々木朗希【ドラフト2019候補】 5月3日 投球・打撃まとめ
 
動画内では少し力をセーブして投げてますがキレのいいスライダーも投げています。

佐々木朗希(大船渡)選手のカッコいいエピソード

 
さらに佐々木朗希(大船渡)選手はこんなエピソードがあります。

皆さんは大船渡高校を野球のニュースで聞いたことがありますでしょうか?

恐らく佐々木朗希選手の名前を聞くまでは聞いたことがなかったと思います。

 
 
大船渡高校は野球の名門校ではございません。しかしこれだけ素晴らしい選手がなぜ有名な高校に進んでいないのか?

 
 
もちろん有名高校からのスカウトはありました。大阪桐蔭高校です。近年の有名選手でいうと中田翔選手や藤浪晋太郎選手など有名選手の排出をしている超名門高校なのですがこの超有名高校のスカウトを蹴って大船渡高校に入学しているのです。

 
 
ではなぜ大船渡高校高校なのか?

 
 
「中学生の同級生と楽しく野球をし、甲子園に行きたいから」
 
 
と答えたそうです。

 
 
まるで漫画の主人公のようなかっこいいセリフですね!

私もこんなセリフをマスコミの前で行ってみたいものです。

 




スポンサードリンク


佐々木朗希(大船渡)のドラフト指名は何球団で何位指名になりそう?

 
 
投手の才能は作られるのもではありません。

ましてやこれだけ速いストレートを投げれる選手は少なく話題性含め5球団は1位指名をしたいと思うところでしょう。

 
 
 
甲子園に出場の夢が叶えば尚、指名球団は増えるかと思います。

しかしこれ以上高校で活躍をしてほしくないのが私の感想なんですよね…

 

佐々木朗希(大船渡)選手が高校野球で活躍してほしくない理由

 
理由は佐々木朗希(大船渡)を最初に拝見した際に感じた弱点があるのです。

 
 
【体の線が細すぎる】
 
なぜかを解説します。

 
あれだけの速い球を投げるのには安定したボディバランスが必要になり切れもパワーも常軌を逸します。

同じ160キロを投げる大谷選手を見てわかる通り普通ではありませんね。

その大谷選手ですらケガをし手術をています。

 
 
 
 
大谷選手よりも細く同等以上の球速が出ていること自体が異常なのです。

なのでゆっくり体を作ってほしく甲子園でケガなどをしてほしくないですし無茶な投球を控えてほしく、そのため高校での活躍はこれ以上してほしくないのです。

 

今回のまとめ

 
さて今回のまとめです。

とにかく速い球を投げれる投手ということ、中学時代からのスター選手であることを触れていきました。

 
エピソードも紹介しましたが、ただの才能だけで野球をしている印象はないと思います。

 
素晴らしい選手であるがゆえにケガなどをしてほしくないと思いましたね。

今後の活躍に期待が大いに持てますが、期待が持てるからこそ甲子園は控えてほしいかなと思いました。


スポンサードリンク

コメント