コカコーラエナジーは自販機で販売する?味や成分が気になる!

グルメ
 
ついに日本に初登場!

 
「コカ・コーラ」ブランドから初のエナジードリンク「コカ・コーラ エナジー」
 
SPREAD YOUR POSITIVE ENERGY7月1日(月)から全国で発売します。
 
 
コカ・コーラシステムは、

 
「コカ・コーラ」ブランド初となるエナジードリンク「コカ・コーラ エナジー」を
 
7月1日(月)から全国で発売します。
 
 
「コカコーラエナジー」は、成長続けるエナジードリンク市場において、

 
これまでにない新しいものを求めるお客様のニーズに応える「コカ・コーラ」ブランドからの

 
新たな提案ですね。

 
 
近年、インターネットやスマートフォンの普及によってスピードが求められ、

 
多忙を極める現代人は常に時間に追われています。

 
 
それでも、仕事のオンとオフの両方を充実させ、やりたいことをとことん追求し、

 
たくさんの人とつながるため、多大なエネルギーを必要としています。

 
 
今年4月以降、スペインとハンガリーを皮切りに

 
ヨーロッパ各国で続々と発売が続いている「コカコーラエナジー」は、

 
「コカ・コーラ」ブランドの新しい製品として、大きな話題を呼んでいます。

 
 
日本でも、日常的に楽しんでいただける、

 
これまでになかったポジティブなエナジードリンクとして新たにお届けされますよ。

 
 
今後7月1日(月)の全国発売に向けて、大々的なキャンペーンを展開していくそうです。

 
 
今回は、コカコーラエナジーは自販機で販売するのか?

 
 
味や成分が気になる!

 
 
という疑問にお答えし、情報をお届けします。

 


スポンサードリンク


スポンサードリンク

エナジードリンクってなに?

 
 
まずはエナジードリンクとは何かを説明しますね。

 
 
一部、栄養ドリンクと同じ成分を含む飲料で、日本では「清涼飲料水」として販売されています。

 
 
製品や販売地域によっても異なりますが、

 
カフェインやアルギニン、バリン、ナイアシンといった成分を含んでいます。

 
 
他の清涼飲料水に比べてカフェインの含有量が多く、
 
強炭酸ののどごし、強い甘さなどが、共通した特徴ですね。
 
栄養ドリンクの代表としては、

 
薬剤師または登録販売者からの情報提供を努力義務とする

 
「第2類医薬品」であるユンケル黄帝液や、

 
「指定医薬部外品」であるリポビタンD、ユンケルローヤルゴールドなどがありますが、

 
それらに比べ、エナジードリンクは成分や効能表示で制限を受けるため、
 
タウリンなどの効き目が強い成分は入っていません。
 
 
また、ゆえに「滋養強壮」や「栄養補給」などの表示も明記することはできません。
 
 
タイで発売され、全世界に普及した「Red Bull(レッドブル)」が、
 
エナジードリンクのさきがけとして知られていますね。

 
 
日本にも2005年12月に「Red Bull」が上陸し、
 
その後、「burn(バール)」や「MonsterEnergy(モンスターエナジー)」などが次々に発売され、

 
手軽に水分が補給でき、清涼感も味わえると、若者を中心に人気に火が付きました。

 
 
かつて2000億円といわれた栄養ドリンク市場がこの10年間ほぼ横ばいなのに対し、
 
09年には約31億円規模だった日本国内のエナジードリンク市場は、
 
13年には400億円に迫り、4年で約10倍にまで拡大しました。
 
 
その後も食品・飲料メーカー、栄養ドリンクのブランドによる市場参入が相次いでいます。

 
「コカコーラエナジー」は、

 
お客様のニーズに合った新しいエナジードリンクを提供するために誕生した

 
「コカ・コーラ」ブランドの新たな挑戦でしょう。

 
 
コカ・コーラ社の炭酸飲料事業のグローバル最高マーケティング責任者であるハビエル・メサは、

 
「エナジードリンクは、飲料業界の中でも急成長している市場のひとつです。
 
活動的で忙しい生活を送り、
 
これまでにないエナジードリンクを望むお客様のために『コカ・コーラ』ブランドから
 
『コカコーラエナジー』を提案できることを大変うれしく思います」
 
と述べています。

 
 
開発に当たっては、

 
お客様が「コカ・コーラ」のエナジードリンクにどのような付加価値を求めているのか調査を重ね、
 
「コカ・コーラ」ならではのおいしさとエナジードリンクの刺激的な味わいを
 
持ち合わせている製品が生まれました。
 
 
世界No.1飲料ブランド「コカ・コーラ」は、お客様がお好みの味やライフスタイル、
 
それぞれのライフステージに応じて、お好きな「コカ・コーラ」製品を幅広く選んでいただけます。
 
とのことです。

 
 
これは期待が膨らみますね。

 
 
 
 
天面も赤くなっており、ブランド全体のメッセージである

 
「赤は、おいしさのしるし。」を表現しています。

 
 
今年4月以降、スペインとハンガリーを皮切りにヨーロッパ各国で続々と発売が続いており、

 
「コカ・コーラ」ブランドの新しい製品として、大きな話題を呼んでいます。

 
 
販促に関し、島岡部長は

 
「デジタルに加え、日本ならではの強みである自販機を活用、
 
コカコーラエナジーの露出を増やし、印象付けたい。
 
若い世代の取り込みにより、世代を超えて新規ユーザーを掘り起こし、
 
コカ・コーラを飲むのをやめてしまったお客様に再度手に取っていただき、
 
ブランド全体の需要増への波及効果を狙っている」
 
としています。

 
 
「コカコーラエナジー」は、エナジードリンクの特性に加え、

 
「コカ・コーラ」ならではのおいしさと安心感から、

 
活動的で忙しい毎日を送る日本のお客様に日常的に選んでいただける

 
新しいエナジードリンクなんだそうです。

 
 
‟SPREAD YOUR POSITIVE ENERGY“というコンセプトで、
 
「コカ・コーラ」が持つポジティブで飲んだ時にもたらす高揚感に加え、
 
エナジードリンクならではの刺激的な味わいが楽しめる「コカコーラエナジー」は、
 
飲んだ人に前向きなエネルギーを与え、それを伝播させていくでしょう。
 
 


スポンサードリンク


コカコーラエナジーは自販機で販売する?

 
 
「コカ・コーラ」ブランド初のエナジードリンク「コカコーラエナジー」が、

 
7月1日から日本全国で発売されます。

 
 
希望小売価格は、250mlサイズ缶が190円、自販機限定の190mlサイズ缶が148円。
 
 
コカコーラエナジーは自販機で販売されるみたいですね。

 
 
今年は、定番の「コカ・コーラ」、

「コカ・コーラ ゼロ」、

「コカ・コーラ ゼロカフェイン」以外に、

「コカ・コーラ ピーチ」(500mlPET)、

「コカ・コーラ ライム」(250ml缶/自動販売機限定)、

「コカ・コーラ クリアライム」(500mlPET※6月10日発売)を日本で導入しました。

 
 
「コカコーラエナジー」は、前向きなエネルギーを求め、

 
仕事もプライベートも活発に過ごしているお客様に、

 
「コカ・コーラ」ブランドとして新しい選択肢を提案します。

 
 
「コカコーラエナジー」は、
 
エナジードリンクらしい刺激的な味わいを楽しみながら
 
爽快な飲み口でゴクゴク飲める250ml缶と190ml缶(自動販売機限定)の二つのサイズで展開します。
 
 
「コカ・コーラ」ならではのおいしさを、

 
エナジードリンクとして楽しめる全く新しいコンセプトの「コカコーラエナジー」。

 
 
パッケージはこれまでになかった新しい製品にぴったりの斬新さです。

 
 
自動販売機、スーパー、コンビニエンスストアでの視認性を高め、

 
エナジードリンクだと一目で分かる“ENERGY”の文字と

 
「コカ・コーラ」ブランドが持つポジティブさがロゴマークから伝播するような、

 
ウェーブを全体に配したユニークで革新的なデザインに仕上がっています。

 
 

スポンサードリンク


コカコーラエナジーの味や成分が気になる

 
 
次に気になるコカコーラエナジーの味や成分を見ていきましょう。

 
 
「コカコーラエナジー」は、
 
カフェイン、ガラナエキス、ビタミンB6、ナイアシンを配合し、
 
「コカ・コーラ」ならではのおいしさと爽快さはそのままに、
 
エナジードリンクならではの刺激的な味わいをお楽しみいただけます。
 
 
「コカ・コーラ」初のエナジードリンク、カフェイン3倍でガラナエキスなど配合です。

 
 
「コカコーラエナジー」は炭酸飲料です。

 
 
原材料名 : 糖類(果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖)、ガラナエキスパウダー/炭酸、酸味料、香料、

カラメル色素、カフェイン、保存料(安息香酸Na)、ナイアシン、ビタミンB6

 
 
栄養成分表示(100ml当たり)
エネルギー 42kcal

たんぱく質 0g

脂質 0g

炭水化物 10.3g

食塩相当量 0.04g

ナイアシン 1.6mg

V.B6 0.15mg

カフェイン 32mg

 
 
パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税別)

190ml缶(自動販売機限定)/148円、250ml缶/190円

 
 
販売地域は全国で、発売日は2019年7月1日(月)!

 
 
 
 
「コカコーラエナジー」の栄養成分と

 
エナジードリンクの2大ブランド「レッドブル」および「モンスター」と比較してみました。

 
 
成分表を見る限り、「コカ・コーラ エナジー」はほかの2品に比べて、

 
どの項目も値が低く、身体にやさしい設計。

 
 
医薬品成分「タウリン」の代替成分として使われているアミノ酸「アルギニン」も、

 
配合されていません。

 

今回のまとめ

 
どうでしたか?

 
 
コカコーラエナジーは自販機で販売するのか?

 
味や成分が気になる!

 
という疑問は解決されましたか?

 
 
とても、待ち遠しいですね。

 
 
コカ・コーラファンの方もそうでない方も是非是非1度は飲んでみませんか?

 
スポンサードリンク

コメント