スポンサードリンク

豆腐工房まめやの通販や購入方法は?青木春奈の経歴やこだわりを調査

グルメ
 
豆腐工房まめやは、長野県の人里離れたところにあり、利便性も低めなのにも関わらず、
 
県外からのお客さんが耐えないほど評判の高いお店です。
 
 
わざわざ行って買いたいお豆腐とはどんなものなのでしょうか?

 
 
そこで今回は、そんな大評判のお豆腐屋さん、

 
「豆腐工房まめや」について調べてみました。

 
 
通販や購入方法、商品の種類、経営者の経歴やこだわりなどの情報をお届けします。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

豆腐工房まめやの通販や購入方法は?

 
 
【豆腐工房まめや】

 
〒396-0304 長野県伊那市高遠町山室2326-1

 
tel: 0265-96-7710

 
営業時間

 
火・水・木 12時~17時(都合により15時半まで)

 
金・土 10時~17時(都合により15時半まで)

 
 
お近くにお住まいなら、直接お店に行くことがおすすめです。

 
 
行かれる際は一度連絡を入れて聞いてみる方が賢明かと思います。
 
 
多品数購入する場合は、前もって予約できるそうです。
 
 
また、朝3時から豆腐をご夫婦だけで作られているようで、

 
やはり時間と手間をおしまずに作っているのでお昼の開店がギリギリだそうです。

 
 
なので、朝は店頭に立つことができないそうで午前中のみ、

 
セルフサービス」をされているようです。

 
 
しかもセルフサービスの場合は消費税もサービスしてくれるそうです!
 
 
・自分で冷蔵庫から、豆腐を取ります。

 
・揚げは、トングで掴んで、袋に入れます。

 
・代金も入れる箱が置いてあるので、自分で入れてお釣りも自分でとります。

 
 
信頼関係があってこそでしかできないことですよね。
 
 
また、こちらのお店では、持参するとタッパーやボウルにもお豆腐を入れてくれます。

 
 
長野県内でほかに購入できるお店はこちらです。

 
いたや酒店
 
長野県伊那市日影171

 
tel. 0265-72-2331

 
 
CAMBIO
 
長野県岡谷市塚間町2-6-8

 
tel. 0266-24-1851

 
 
たろう屋
 
長野県上伊那郡中川村片桐2877-4

 
tel. 0265-88-4111

 
 
長野県は遠いという方、長野県外で購入できるのはこちらです。

 
 
自然食品 有機村
 
山梨県甲府市貢川1-6-23

 
tel.055-222-1872

 
 
楽天堂
 
京都府京都市上京区下立売通七本松西入り西東町364-14

 
tel.075-811-4890

 
 
& bread
 
岡山県備前市久々井1465-1

 
tel.050-1485-1908

 
 
自然食品の店 素然
 
島根県出雲市斐川町中洲1134

 
tel.0853-25-7855

 
 
自然食糧品店 味穂
 
東京都練馬区栄町40-13

 
tel.03-3948-5701

 
 
やさい村
 
東京都三鷹市下連雀3-6-25

 
tel.0422-47-6639

 
 
ナチュラルフーズ タンポポ
 
東京都大田区西蒲田7-21-8 蒲田ビューハイツ1F

 
tel.03-3738-1228

 
 
より安全でり純正な食品の専門店 和楽
 
愛知県一宮市時之島字丸先2-12

 
tel.0586-51-9559

 
 
自然食BIO
 
愛知県名古屋市昭和区塩付通4-19 ハイツ塩1F

 
tel.052-842-5010

 
 
他にも、まめやさんの手作り豆腐を使った料理を出しているお店もありますのでご紹介します。

 
 
長野県内のまめやの豆腐を食べられるお店です。
 
 
雨ことば カフェ
 
長野県伊那市御園630-1

 
tel.0265-98-7350

 
 
酒とかふぇ はしば
 
長野県伊那市荒井3500-1

 
tel.0265-74-5088

 
 
ながせ
 
長野県伊那市高遠町西高遠364

 
tel.0265-94-2819

 
 
創作バル FLATT.
 
長野県伊那市坂下入舟町3306-16

 
tel.0265-98-8545

 
 
sports bar FReech
 
長野県伊那市西町4882-2 串王ビル2F

 
tel.0265-98-7799

 
 
近くに購入店がないという方は、豆腐工房まめやから直接、通販されています。
送料(冷蔵便)は次のようになります。

 
長野県内

60サイズ 940円

80サイズ 1,260円

100サイズ 1,800円

120サイズ 2,010円

 
東北・関東・東海・北陸

60サイズ 990円

80サイズ 1,330円

100サイズ 1,840円

120サイズ 2,070円

 
近畿

60サイズ 1,080円

80サイズ 1,420円

100サイズ 1,930円

120サイズ 2,160円

 
中国

60サイズ 1,200円

80サイズ 1,510円

100サイズ 2,040円

120サイズ 2,260円

 
梱包する箱は、再利用の箱に入れて発送されるみたいです。
 
贈答用などで新品の箱をご希望の場合は、お申し出てくださいとのこと。

 
別途箱代がかかります。

 
 
お支払い方法は、郵便振替の用紙を同封してくれます。
 
定期購入の場合は毎月最後のお届け週に同封されるようです。
 


スポンサードリンク


青木春奈の経歴やこだわりとは?

 
 
青木春奈さんは、東京生まれの東京育ち。

 
 
子供の頃は都会っ子でしたが、

 
時代小説が好きで、坂本龍馬や新撰組等をよく読んでいたそう。

 
 
その時代の技術や考え方や知恵を受け継いでいきたいという価値観ができていきます。

 
 
学生時代には東南アジアの国を訪れ、ラオスの自然の豊かさに感動し

 
田舎暮らしに憧れを持つようになりました。

 
 
国際協力のNGOのボランティア活動をしていた頃に現在の夫、

 
智さんと出逢い、大学を卒業後、2004年に結婚!

 
 
結婚を機に、長野県伊那市高遠町に移住し、豆腐と農業が大好きな夫の智さんと共に

 
2008年に「豆腐工房まめや」をオープンさせました。

 
 
機械の代わりにかまどを使い豆腐を固める凝固剤を使わず、
 
天然にがりを使用するできたての豆腐は、とても美味しくて、
 
豆乳も甘くて飲みやすいと口コミで広がっていきました。
 
 
とても手間がかかる昔ながらの作り方なので、

 
豆腐が売れるようになるとどんどん忙しくなっていきました。

 
 
青木春奈さんは、5人の子供さんの母親でもありますから、子育てだけでも大変なのに、

 
仕事も忙しいと倒れてしまいますよね。

 
 
そして、本来ののんびりした田舎暮らしからは遠のいていき、

 
心身ともに疲弊していった青木春奈さんと智さん。

 
 
ついには2014年に5年間続けた豆腐屋を閉店する決断をします。
 
 
その後、島根県雲南市に家族で移住しましたが、

 
そこが偶然にも豆腐屋の原点となった土地だったということもあり、

 
2年間島根で暮らしながらやはり自分達には豆腐しかないと思えるようになったそうです。

 
 
自分達の気持ちを見つめなおすいいきっかけになったんですね。

 
 
2年間の休業後、2016年春から、また伊那市で豆腐屋を再出発した2人。
 
 
 
 
現在は「本物の豆腐が食べられる」
 
「大豆の風味と、しっかりした歯ごたえや舌触りが病みつきになる」
 
という口コミで、さらに人気が増しています!

 
 
青木春奈さんは、現在は根っからの田舎者として子供さん達とともに農業をしたり、

 
生みたて卵を食べたり鶏を絞めて食べたりと、田舎暮らしを満喫しています。

 
 
 
 
「かまどと地釜で大豆を煮ている豆腐屋は、うちを含めて全国でも数軒だけなんです」
 
と青木さんは言います。

 
 
 
 
大豆が煮あがる時に噴き出す泡を抑える消泡剤を使わず、
 
昔ながらのささら(竹製の道具)で地釜をかき混ぜています。
 
 
豆乳を絞るのも手作業です。
 
 
専用の袋に地釜の中身を入れ、
 
圧搾機を使いながら豆乳が出なくなるまで何度も作業を繰り返します。
 
 
「手間のかかることを…と、同業者にも驚かれるかもしれません。

 
でも、これで大豆のうまみを逃さず、うちの製品の売りになります」とのこと。

 
 
大豆をかまどでじっくり炊き上げて作った豆乳は素材の味を引き出した素朴な味わいで、

 
「甘くておいしい」と近所の人が毎朝買いに来ます。

 
 
豆乳を固めるのも凝固剤ではなく天然にがりを使用しています。
 
 
口コミで評判が広がり、現在1日約30軒に配達、お客さんは300人以上にまで増えました。

 
 
豆腐は1丁(450グラム)300円からと安くはありませんが、

 
地元産大豆や無添加にこだわった豆腐は、安心と安全を求める消費者に支持されています。

 




スポンサードリンク


今回のまとめ

 
豆腐工房まめやの通販や購入方法、商品を紹介しました。

 
 
経歴やこだわりを知れば知るほど気になりますね。

 
 
自然の中で生きる、という生き方への思いが強い魅力あふれる青木さんのこだわり。

 
 
豆腐工房まめやの商品すべて試したくなります。

 
 
知っていた方も知らなかった方も是非是非食べてほしいです。

 


スポンサードリンク

コメント