スポンサードリンク

チェルミコの意味とwiki風プロフや2人の彼氏や曲が気になる!

ミュージシャン
チェルミコというラッパーたちを知っていますか?

今人気急上昇中のグループなのであまり情報が多くないですよね。

そこで今回はチェルミコについてまとめてみました。


スポンサードリンク


スポンサードリンク

 チェルミコの意味とwiki風プロフ

チェルミコ(chelmico)とは日本のラップデュオです。

メンバーはRachel(レイチェル)とmamiko(まみこ)の2人です。レイチェルとまみこの名前を一部ずつとってチェルミコという名前になりました。
曲だけではなくそのルックスの良さも話題になっている2人ですが、元々2人はモデルとして活動していました。そしてモデル時代から2人は交流があったそうです。

2014年にレイチェルが講談社主催のミスIDに選ばれ、『シブカル祭』に出場する時、友人のまみこを誘いノリでラップデュオを結成しました。そして2015年にヒイラギペイジにビートを作成してもらい、ラビリンス’97というオリジナルの楽曲をインターネット上でリリースしました。そして2016年の10月19日に初のアルバムであるchelmicoがリリースされ、同年の12月17日には初のワンマンライブ『真冬のWOW』が開催されました。その後もインディーズで音楽活動を続けていましたが、2018年にワーナーミュージックでメジャーデビューし、デビューアルバムでPOWERをリリースし本格的に音楽活動を始めます。

その後、爽健美茶、レオパレス、日本郵政などのCMに曲が使用され、どんどん知名度が上がっていきました。ここまでたくさんのCMに曲が使われるラッパーはとても珍いと話題になりました。

そして現在は ライブなどの音楽活動だけではなく、テレビタレントやラジオのMCとしてマルチに活動されています。

そして昨年に行われた『とにかくパーティー2018』というワンマンライブはチケットが発売されてからわずか1月で完売し大盛り上がりでした。これからさらに人気になると予測されているので、いずれドームツアーなどもあるかもしれませんね。


スポンサードリンク


 チェルミコの2人に彼氏はいる?

2人ともInstagramやTwitterなどのSNSでも彼氏らしい人との写真や投稿はなく、インタビューでクリスマスや年越しはどのように過ごすか聞かれても家族や友達と過ごしたり、ライブに行くと答えているので彼氏はいない可能性が高いです。



 チェルミコの曲ってどんなの?

チェルミコの人気の曲では、Switch、爽健美茶のラップ、午後、Love Is Over、Player などがあります。
 
曲の全体的な特徴としては、ラップなのですがラップ特有のアングラ感やコンプライアンスに引っかかるような言葉はありません、そして耳に残るサビと聞きやすいラップサウンドです。そして曲によって雰囲気がガラリと変わるのも特徴です。例を出すと、HighlighはHIPHOP感が強く、OK,Cheers!は明るいハッピーな雰囲気で、BANANAは重低音が響く中毒性のある曲です。そしてラップスキルの高さも注目されています。
2人ともRIP SLYMEが好きだと言っており、全体的にRIP SLYMEと近いスタイルかもしれません。

 
また、Mamikoが鈴木真海子としてソロで出しているBlueという曲も人気です。
Blue / 鈴木真海子 suzuki mamiko (Prod.TOSHIKI HAYASHI)

 今回のまとめ

今回はチェルミコの2人についてまとめました。

元々ノリで始めたラップですが、2人のルックスの良さやPOPな曲風と高いラップスキル、2人の明るいキャラクターなどから、どんどん注目度が上がっています。

CMだけではなく、テレビのオープニングにも曲が使われ、メディアの露出も増え始めています。

今人気急上昇中の2人なので、これからも2人の活躍に大注目です!


スポンサードリンク

コメント