スポンサードリンク

池江璃花子もうんざりの白血病報道!善意の攻撃が治療の負担に!

スポーツ
出典: https://www.cnn.co.jp/showbiz/35132624.html
連日、白血病になった池江璃花子さんの報道が続いています。

 
 
まだ詳しい病状も分からないこの時期に

かなりの時間での報道になっています。

 
 
善意の報道とはいえ、池江璃花子さん当人も

うんざりされているんではないでしょうか。

 
 
今回は、池江璃花子さんの白血病報道について

考えていきたいと思います。

スポンサードリンク


池江璃花子柔らかい筋肉で世界新目指す!かわいい画像、私服姿も!
こんにちは、ジョーです。 東京オリンピックでメダルを狙える若い女性アスリートが 沢山台頭してきましたね。 今回はその中から、競泳でメダル候補の女子アスリートをご紹介し...

スポンサードリンク

池江璃花子の白血病報道とは?

出典
https://www.cnn.co.jp/showbiz/35132624.html


 
池江璃花子さんは東京オリンピックはもちろん、

現在の日本競泳界のスターです。

 
 
今回の事で大々的にマスコミに取り上げられています。

 
 
現在、報道されている内容の主だったものは

どのようなものでしょうか?

池江璃花子の白血病の経過を説明する報道

出典:https://www.iza.ne.jp/smp/kiji/sports/photos/19021…


 
 
池江璃花子さんの白血病になった経過報告は、

2月12日の記者会見の模様をそれぞれのマスコミや放送局が、

事細かくニュースにしています。

 
 
簡単に説明すれば、
  • 豪州の合宿中に今まで見たこともないような肩で息をする場面が見られた。
  • 気になるので現地の医療センターに赴き血液検査をした。
  • 結果が出た際に現地ドクターに早く帰国して再検査をするよう勧められる。
  • 予定を早めて帰国、病院へ直行し再検査
  • 白血病と診断される。
 
という事で、そのまま入院した池江璃花子さんは

病院のベッドからSNSで今回の事を報告し、

世界中がショックを受けました。

 
 
池江璃花子さんの白血病は細かい事は何も公表されてはいないにも関わらず、

記者会見でも報道各社でも白血病は今や完治できる病気であると

繰り返し報道しています。

 
 

白血病の病気内容を説明する報道

出典:https://www.pref.aichi.jp/cancer-center/hosp/12knowledge/iroirona_gan/img/20hakketsu/image00.gif


 
池江璃花子さんの白血病は慢性か急性、

リンパ性か骨髄性など

どの白血病なのかは公表されていません。

 
 
しかし一応、白血病と言う病気の特徴を説明すると、

 
白血病は血液のがんです。
 
血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、
これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。
 
がん化した細胞(白血病細胞)は、
骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。
 
そのため、正常な血液細胞が減少し、
貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、
脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の
肥大などの症状があらわれます。
 
日本では、1年間に人口10万人あたり、男性で11.4人、
女性で7.9人の割合で白血病と
診断されています(2011年のデータ)。
 
白血病は、がん化した細胞のタイプから
「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、
さらに病気の進行パターンや症状から
「急性」と「慢性」に分けられます。
 
 
またその治療法に関しての報道も盛んです。

 
 
大まかに説明すると、このようになります。

 
急性白血病では、まず複数の抗がん剤を組み合わせた
寛解導入療法を行って、
数週間で骨髄の白血病細胞を完全に死滅させます。
 
その後、正常な骨髄の細胞のみが増えて回復してきた頃に、
わずかに生き残った腫瘍細胞を消滅させるための
寛解後療法(地固め療法、および維持強化療法)を行います。
 
慢性骨髄性白血病の薬物療法には、
分子標的治療薬、化学療法、インターフェロン‐α療法があり、
白血病細胞を減少させ、症状を抑える効果があります。
治療の効き具合によって、あるいは再燃時には、
さらに踏み込んだ治療が必要な場合があります。
 
ヒト白血球型抗原(HLA)が一致する、
適切なドナーがいる患者では、
造血幹細胞移植を行うケースもあります。
 
その後再発がみられないことを
定期的な外来診療で確認していきます。
 
 
 
 
これら白血病に関しての説明を図解やスライド、専門家の意見など

いろんな説明の方法でマスコミ各社が連日報道しています。

 
 
しかし今はまだ白血病と言うだけで詳細は分かっていないのです。

 
 

東京オリンピックに関係する報道

出典:https://www.nikkansports.com/sports/news/1759754.h…


 
そして、東京オリンピックに関しても

あれやこれや報道されています。

 
 
池江璃花子さん本人は、必ず復帰すると

ツイッターで力強くおっしゃっていましたが

東京オリンピックに関しては言及されてませんでした。

 
 
しかし、放送各社は”東京オリンピックには間に合う”といった

希望的観測の記事や、

”今年度中に復帰しないと難しい”といった

期間を計算した記事を書いているところが目立ちます。

 
 
また池江璃花子さんを教えている三木二郎コーチに至っては、

 
 
「本人が一番ショックだと思うが、病気と闘うことを決意した。
また新たな池江璃花子という選手が強くなって
戻ってくると信じています。
東京五輪に本人が出たいという気持ちがありますし、
可能性もゼロではないので、精神面でもしっかりサポートしたい」
 
 
と東京オリンピック出場をまだあきらめてはいない

考えを述べています。

 

池江璃花子を励ます有名人や一般人の報道

池江璃花子さんの白血病を知り、

多くの有名人や一般人の方がSNSなどで書き込みをされています。

 
 
その中でも、ご自身が白血病を患い克服された方の言葉は

温かく池江璃花子さんの事を思う気持ちに溢れています。

 
 
 

出典:https://www.huffingtonpost.jp/2019/02/12/ken-watan…


渡辺謙さんは、映画『天と地と』の主役の上杉謙信役に抜擢されていましたが、

撮影中に急性骨髄性白血病になられて、映画を降板されました。

 
 
1年後に闘病の末に復帰しましたが1994年に再発されました。

 
 
現在は白血病に関しては完治されていますが、

2016年には胃癌を発症され、内視鏡手術も受けておられます。

 
 
やはり渡辺謙さんご自身が、映画の大役を任されていた時の発病で

くやしさや焦りなどいろんな気持ちの中で乗り越えてきたので、

その言葉は重くて優しいですね。

 
 
 

出典:https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0521/myj_…


中川翔子さんはお父さんを白血病で亡くされています。

 
 
その時の経験からの言葉なので池江璃花子さんにとって、

どれだけ心強い言葉でしょう。

 
 
 

出典
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0212/spn_…


吉井怜さんは池江璃花子さんと同じ18歳で発病し、

現在は完治されています。

 
 
急性骨髄性白血病で骨髄移植を母親から受けました。

 
 
3年で再起されています。

 
 
 
 
そして、サッカーJ2アビレックス新潟の早川史哉さんも

急性リンパ性白血病を2016年に発病し、

骨髄移植の後2018年に練習試合に参加できるまで回復しています。

 

出典:https://j2matome.jp/archives/%E6%B1%A0%E6%B1%9F%E7…


 
その早川史哉さんは同じアスリートとして、

池江璃花子さんを思いやった声のかけ方をされています。

 
 
まずは、池江選手の病状がはっきりしていない現段階では、軽率な発言や憶測で判断し、メディアを通してお話するべきではないと思い、クラブを通じてコメントさせていただきます。  正直に自分としてはショックを受けていますし、他人事ではなく、自分のことのように感じています。池江選手の気持ちを考えると、言い表す言葉が見当たりません。これからどういう治療、どういう経過をたどっていくのかは分からないですが、競泳選手としての池江さんというより、一人の人間として病気に立ち向かってほしいです。 
選手として活躍されていて、周りの多くの方はどうしても綺麗なドラマのように、復帰して再び活躍する姿を見たいと期待していると思いますが、まずは一人の人間として元気になってくれることを僕は願っています。決して明るく前向きなことばかりでないと思います。池江選手には、周りの信頼できる人たちといろいろな想いを共有して、決して一人で背負いこまず、じっくりと強い気持ちをもって病と戦ってほしいです。 
僕自身、いろいろな人から温かい想いをいただいたことが、間違いなく大きな力になっています。しかし、それを背負い過ぎることなく、また期待を意識し過ぎずに自分のことを第一に想って進んでほしいと思います。 
だからこそ、白血病を経験した僕から周りの方々にお願いがあります。池江選手に温かい優しさをたくさん与えてほしいと思います。そういう想いが必ず池江選手の力になると思っています。それは、僕自身も感じてきたことでもあるからです。みなさんにはスポーツに関わる者として、リスペクトをもって池江選手を支えてほしいです。ぜひ、人の思いやり、温かみという部分で池江選手に寄り添い、温かい想いをみんなで届けていけたらと思います。 
僕自身が力になれることがあれば協力させてもらいたいです。お互いアスリートであり、共に頑張っていきたいとも思います。そして、池江選手のペースで一歩ずつ、じっくりと前に向かって進んで行ってほしいと願うばかりです。 
今、SNSで「早川選手が2年、3年で復帰したから大丈夫」という話を目にしますが、それぞれの病気ですし、病気によってもそれぞれの段階があると思います。誰かと比較せずに池江選手のペースでしっかりと病気と向き合って進んでほしいのが一番の願いです。 
池江選手に対するリスペクトと思いやりをもって、彼女の戦いに大きな優しさと温かさをもって寄り添ってほしいです。
 
 
本当に池江璃花子さんに対する心遣いが

早川史哉さんのようにしてくれればいいんですが。

 

スポンサードリンク


池江璃花子もうんざりする白血病報道

 
今までの普通の報道でも、池江璃花子さんの心情や体調次第で

うんざりすることもあるかもしれません。

 
 
しかし、本当に誰が聞いてもどういった意図で報道しているのか

人間性を疑う発言が心なく報道されています。

 

シンプルに失言した発言の報道

 
池江璃花子さんのツイッターでの報告の同日に、

東京オリンピック担当大臣の桜田義孝大臣は

記者団に対して心無い発言をしました。

出典:https://isao001.com/topic/disappointed/


 
「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、ガッカリしている。
1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」
 
こんな人が日本の政治をつかさどってるとは

情けない話です。

 
 
謝罪だけでは済まされないくらい問題発言ですが、

この発言内容を私のこのブログも含めてですが、

繰り返し報道されていることにも問題に思います。

 
 

普通に励ますつもりが炎上して失言のようになった報道

 
ワイドショー番組『直撃グッディ!』のキャスターを務める安藤優子キャスターが

不適切発言をしたと話題になっています。

 

出典:https://matome.naver.jp/odai/2154998156416923301/2…


 
今回の事をスポーツタレントの武井壮さんがツイートで

 
「ものすごくやるせない気分。。 神様たのむよ。。 全力で祈る。。」
 
というツイートの内容を受けてこのようにコメントしました。

 
「本人の努力もあるんでしょうけど、
天が二物を与えたというくらいのすごい天才ぶりだし。
 
かわいらしさとすべて持ってると思ったんですけど、
武井さんのコメントじゃないですけど、
神様がちょっと試練を与えたのかなと思います」
 
 
このような発言をされました。

 
 
安藤優子キャスターは、池江璃花子さんがこの発言を聞いて

どんな気持ちになるか考えなかったのでしょうか。

 
 
しかもこのニュースを取り上げている時に

終始ニヤニヤと笑顔を見せる場面が多々あったそうです。

 
 
池江璃花子さんだけでなく、

見ているものすべて不快に思っていたはずです。

 
 
アイドル上がりのキャスターではないのですから

もう少し慎重にこの話を取り上げないといけなかったんではないでしょうか。

 



スポンサードリンク


善意の攻撃報道が池江璃花子の負担になりかねない

geralt / Pixabay


 
ここまでの報道を見ている限り、

過剰報道があるのやむを得ないのかもしれません。

 
 
皆さんの励ましで元気づけられていると

池江璃花子さんも再ツイートで書き込んでおられます。

 
 
しかし、これから白血病の種類も確定した上で

治療も進んでいく中、

この周りからの過剰な想いが負担になるんではないでしょうか。

 
 
今回もたぶん今まだ知らなくても良い情報を

知ってしまってるかもしれません。

 
 
もちろん”白血病が治らない病気ではない”

などのポジティブな情報ならいいでしょう。

 
 
しかし、情報の中には生存率や完治率、

また治療時の抗がん剤や骨髄移植の苦しさや大変さを

事細かく説明しているのもあります。

 
 
そしてそれらを乗り越えてリハビリの入った時に、

東京オリンピックのエントリーのタイムリミットや

五輪担当大臣のガッカリ発言など、

池江璃花子さんの心を折ってしまう報道が

いくつもあるんではないでしょうか。

 
 
殆どの報道には悪意はなく

善意の報道であるのは間違いありません。

 
 
しかしその善意の報道が池江璃花子さんを

攻撃してしまっていることに

気付いてる方はどれほどいるんでしょうか。

 
 
先ほど紹介した白血病の経験者の方達は、

やさしく見守る事をしましょうと呼びかけておられました。

 
 
その通りだと思います。

 
 
そろそろみんなが落ち着いて

池江璃花子さんがゆっくり治療、療養できる環境を

考えられる報道をしていくべきと思います。

 
 
池江璃花子さんもそれを望んでいると思うんです。

 
 
皆さんはどうお考えになりますか・

 
 

今回のまとめ

 
日本の、いや世界の競泳界のスター池江璃花子さんが

これから進む道は厳しいのかもしれません。

 
 
それは池江璃花子さんしかできなく

私たちは何も出来ないんです。

 
 
ただ出来るとするならば、

だまって優しく見守ることぐらいではないでしょうか。

 
 
池江璃花子さんがこの試練を無事に

乗り越えられることをお祈りします。

 


スポンサードリンク

コメント