三輪記子弁護士の男性遍歴が半端ないけど旦那は公認してるの?

エンタメ
 
弁護士の三輪記子(みわふさこ)さんが

世界まる見え!テレビ特捜部』に出演されます。

 
 
三輪記子弁護士は美人弁護士としても有名ですが、

その男性遍歴が半端なく、話題になっています。

 
 
その男性遍歴を旦那さんは公認しているのか、

などを今回は調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

三輪記子弁護士の男性遍歴が半端ない

 
 
習慣プレイボーイでグラビアを公開されるなど、

一般の女性弁護士とは少し変わった三輪記子弁護士ですが、

かねてより『性に奔放な女性弁護士』としても話題になっていました。

 
 
 
三輪記子弁護士の地元の京都をご夫婦で2年半ほど住んでいる時に、

彼女の元カレに出会うことがしばしばあったんだそうです。

 
 
その数も4人や5人でもなく、もう数えきれないくらいなんです。

 
 
二人でいる時に出会った男性の事を三輪弁護士は、旦那さんに

 
セフレ!  大丈夫、2,3回ヤッただけだから。愛はないし

 
 
と答えたりするそうです。

 
 
普通、横に奥さんや旦那さんがいる時には過去に経験のある異性の方と

出会ったりしたら、知らぬふりをするか通り過ぎる方が多いと思います。

 
 
しかし、三輪弁護士は遠くにいてもわざわざ手を振って声をかけ、

呼び止めるんだそうです。

 
 
皆さんならどうしますか?

 
 
やはりよほどバッタリ出くわさない限りそ知らぬふりをして

通り過ぎると思うんですけどね。

 
 
また三輪弁護士は婚約破棄が学生時代と卒業してからとで2回もあるんです。

 
 
しかも2回とも三輪弁護士の浮気が原因なんです。

 
 
また、2019年の欲しいものをツイートされているんですが、

 
その内容が、

 
 
これなんです。

 
 
3位の『新しい妄想恋人』はまだしも、1位の『新しい布団恋人』は

いかがなもんでしょうか?

 
 
しかし現在は、ご自身の浮気防止のために

旦那のボクサーブリーフを履いているんだそうです。

 
 
やっと貞淑な妻に、と思いましたが、

出産で今まではいてきたTバックがきつくて

楽な旦那のボクサーブリーフに変えただけなんだとか。

 
 
やはり噂通りの三輪記子弁護士ですね。

 
 
 

三輪記子弁護士の経歴やwiki風プロフィール

 
 
それではここまで奔放な性格の三輪記子弁護士のwiki風プロフィールや

経歴についてまとめます。

 
 
名前    :  三輪記子  (みわふさこ)

生年月日  :  1976年10月24日

出身地   :  京都府京都市(広島県福山市生まれ)

血液型   :  B型

出身中学高校:  同志社中学、同志社高校

学歴    :  東京大学法学部 立命館大学法科大学院

趣味    :  法律相談 筋トレ 読書 映画鑑賞 勉強

所属事務所 :  松竹芸能

 
 
東京大学に入学したての頃は、外交官を目指していたそうです。

 
 
しかし2回ほど留年をしてしまい、目標を見失ってしまいました。

 
 
毎日飲み歩く生活をしていた時、映画監督の林海像(はやしかいぞう)さんに

出会ったことが大きく三輪記子さんの人生を変える事になりました。

 
 
林海象さんはその時の三輪記子さんの様子を見て、

 
 
記子、お前は弁護士になれ。
 
お前みたいにいろんな人に会って
 
いろんな気持ちが分かる人間こそが
 
弁護士になるべきや!

 
 
といわれて弁護士の道に進むことを決めました。

 
 
東京大学法学部から立命館大学の法科大学院に進みます。

 
 
司法試験には7回失敗しましたが、

8回目の2009年に見事合格する事が出来ました。

 
 
2012年にはご自分の法律事務所を設立され、

現在のようにテレビや新聞、

あるいはグラビアなどでも活躍される弁護士となられたのです。

 
 
林海象さんがおっしゃられたように、

これだけマルチな活躍ができる三輪記子弁護士は

いまの仕事は天職に違いありませんね。

スポンサードリンク

三輪記子弁護士の男性遍歴を旦那は公認してるの?

 
 
さて、前述の三輪記子さんの旦那さんはどのような方なんでしょう。

 
 
名前を樋口毅宏(ひぐちたけひろ)さんと言って有名な作家さんなんです。

 
 
タモリ論』や『アクシデント・レポート』など人気の小説を執筆されています。

 
 
2015年6月にでき婚で三輪記子さんとご結婚されて、

現在は作家を引退してイクメンパパで過ごされているそうです。

 
 
そんな旦那さんは三輪記子さんの性に奔放な考え事に関して

どのように思っていらっしゃるんでしょうか。

 
 
実は口では否定されていても実際のところ認めておられるようにも見えます。

 
 
三輪記子さんがちゃんと付き合ったのは、

もちろん今の旦那さん、そして婚約破棄した2人の男性だけなんです。

 
 
その他の男性は愛がなくヤッただけだそうです。

 
 
この事を男性なら『武勇伝』といわれるのに、

女性なら『ヤリマン』と蔑まれることがおかしいと

三輪記子さんは感じているのだとか。

 
 
この男女の扱いの差が全く納得がいっていないために、

ヤリマン尊称化プロジェクト』、略して『YSP』の

プロジェクトを計画しているんです。

 
 
この構想を横で旦那さんはおとなしく聞いてなにも言いませんでした。

 
 
しかし、三輪記子さんの元婚約者と飲みに行き意気投合して、

 
 
こんないいやつを泣かせるなんて俺が許さない

 
 
ヤリマンの何が尊称だ、蔑称だ、やっぱり。

 
 
ともおっしゃっているようです。

 
 
やっぱり奥さんがいろんな男性のところに行くのは面白くないようですね。

 
 

まとめ

 
現在はテレビで弁護士さんが男性も女性もタレント化している方が多く、

それぞれの個性が取り上げられるようになってきました。

 
 
その中でも、三輪記子さんはぴか一の個性の持ち主なんではないでしょうか。

 
 
やはり、弁護士と言えば優秀なのは当たり前で

テレビで生き残るかはどれだけ視聴者の心に残るかになるのでしょう。

 
 
三輪記子さんのこれからの発言や活動が気になるのは

彼女がテレビ向きということです。

 
 
またどんなことで私たちを楽しませてくれるんでしょうかね。

 
スポンサードリンク

コメント