伊藤聡美(フィギュア衣装デザイナー)のwikiや衣装とデッサン

エンタメ
 
華やかな中にも厳しい戦いのあるフィギュアスケートですが、

選手たちを陰で支える人の中に、衣装デザイナーの方がいます。

 
 
今、日本でトップと言える衣装デザイナーは伊藤聡美さんです。

 
 
彼女が作る華やかな中にも気品のある衣装に

着るもの観るもの皆が魅了されてしまいます。

 
 
今回は、伊藤聡美さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

伊藤聡美のwiki経歴やプロフィール!

 
 
伊藤聡美さんのwiki経歴をご紹介します。

 
 
名前    :  伊藤聡美 (いとうさとみ)

生年月日  :  1988年5月31日  30歳

出身地   :  千葉

 
 
高校卒業後に服飾専門学校の『エスモードジャパン』に入学されました。

 
 
2008年には『神戸ファッションコンテスト』で

特賞を受賞された後、イギリスのノッティンガム芸術大学に1年半留学されました。

 
 
この留学中に、伊藤聡美さんは将来は好きだった

フィギュアスケートの衣装を作成する事に携わりたいと

考えるようになります。

 
 
もともとフィギュアスケートの観戦が好きだったこともありますし、

専門学校時代に授業が終わり次第に課題をもって

フィギュアスケートの試合を観戦していました。

 
 
当時は自分がそのフィギュアスケートの選手の

衣装のデザインに携わるとは思いませんでしたが、

留学を機に自分が作りたいと思うようになっていきました。

 
 
その想いを胸に、帰国後にはバレエ衣装の会社の『チャコット』に入社されました。

 
 
そして2015年に独立し、今のフィギュアスケートの衣装デザイナーとなったのです。

 
 
伊藤聡美さんは父親が日本人で、母親がタイ人のハーフなんですが、

母親が仕立て屋で働いていた時に、オートクチュールを縫製していたそうです。

 
 
その母親の影響でファッションに興味を持ったそうです。

 
 
やはり、親や周りの環境が子どもに与える影響は大きいですね。

 


スポンサードリンク


伊藤聡美の細部にまでこだわった華麗な衣装

 
 
伊藤聡美さんがデザインする衣装は細部にまでこだわって作られています。

 
 
もともとフィギュアスケートの衣装には厳しいルールがあります。

 
 
例えば、

 
・男子はズボン着用

・ビーズやストーンなど衣装のパーツがリンクに落ちてはいけない。

(落ちると減点)

また、衣装が重くならないように男子は800g、女子は300g

くらいに納めなくてはいけません。

 
 
他には、スカートが綺麗に広がってスピンの時に美しく

見えるようにするとか、横から見て足が長く見えるようなスカートの

デザインであるとか、袖や衣装の下は装飾は控えるなど数え上げたらキリがありません。

 
 
そんな中で、年間50着以上も伊藤聡美さんは

トップフィギュアスケーターの衣装を作られています。

 
 
其の何点かをお見せいたします。

 
 


本田真凛選手の衣装

 
 
 
 
 

白岩優奈選手の衣装

 
View this post on Instagram
 

costume for… ・ #yunashiraiwa #白岩優奈 #figureskatingdress #costume #stmito #figureskating #costumedesign #iceskating #dancecostume #swarovski

STMITOさん(@stm_ito)がシェアした投稿 –

 
 

紀平梨花選手の衣装

 
View this post on Instagram
 

costume for… ・ ・ #rikakihira #紀平梨花 #figureskatingdress #costume #stmito #figureskating #costumedesign #iceskating #dancecostume #swarovski

STMITOさん(@stm_ito)がシェアした投稿 –

 
 

宮原知子選手の衣装

 
 

宇野昌磨選手の衣装

 
 
どの衣装も素晴らしいですね。

 
 
細かいパーツが沢山使われていますが、ルールもあるので

どれもしっかりとした作りになっているんでしょう。

 
 
お値段的には、平均1着で20万円~30万円だそうですが

高ものになると100万円もするそうです。

 
 
確かに手間暇がかかっていそうなんで、それくらいの

値段がしても不思議ではありませんね。

 

スポンサードリンク


伊藤聡美のデッサン力が凄い!

 
 
素晴らしい衣装の数々ですが、どうしてここまで伊藤聡美さんは

華麗な衣装を作る事が出来るんでしょうか。

 
 
それは伊藤聡美さんのデッサン力がずば抜けているからなんです。

 
 
しっかりとしたデッサンがあるから、つまり平面から立体へ

物を作る才能が伊藤聡美さんは長けているんです。

 
 
伊藤聡美さんのデッサンを見てください。

 

宇野昌磨選手のデッサン

 
 
 
 
 

本田真凛選手のデッサン

 
 
 

エレーナ・ラジオノワ選手のデッサン

 
 
 
 
この、平面を立体にさせることの才能は努力だけではできません。

 
 
持って生まれた素質とセンスが磨かれて今の伊藤聡美さんがあるんでしょう。

 
 
この画力があれば、画家やイラストレーターとしても

大成していたんではないでしょうか。

まとめ

 
 
フィギュアスケーターの衣装を手掛けた時からずっと日本の、

いや世界のトップを走り続けておられる伊藤聡美さん。

 
 
彼女がデザインした衣装は、よりいっそうフィギュアスケートの

選手たちを美しく魅せてくれます。

 
 
華やかな中にも激しい競技ですが、選手と共に戦っている

伊藤聡美さんの頑張りを応援したいですね!
スポンサードリンク

コメント