西野未姫 の琴奨菊好きは本当?激太りは関取との結婚を考えてる?

アイドル
 
今回は2018年12月29日に『有吉大反省会2時間半SPドキッ!アイドルだらけの
 
衝撃カミングアウト2018』に出演される西野未姫さんを調べます。

 
 
西野未姫さんは琴奨菊関好きキャラを名乗っていますが、営業上の偽キャラでは

ないのかと噂されています。

 
 
また過去に激太りした事で、関取との結婚を考えているのでは?との噂もありました。

 
 
今回は、その辺りを色々調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

西野未姫 (元AKB)の琴奨菊好きは本当?

 
 
 
西野未姫さんは、琴奨菊関が好きだとブログで告白しています。

 
 
そして、現在では巡業や相撲部屋の稽古などにも頻繁に出入りしているそうなんですが、

肝心の琴奨菊関とのことは、ブログに一度書いたきりになっています。

 
そのブログの内容がこちらなんですが、

 
私は最近お相撲にハマってるんです☆

 
私の推し力士は、、、、

 
『琴奨菊』

 
なんで推してるかっていうと、、、

 
なんといっても顔!!!!笑

 
太い眉毛が可愛らしい

 
可愛らしい顔が凄く癒されるんです

 
 
 
そして待ち受けにしているという画像がこちらです。

 
 
 
一応、仲良く撮った画像もある事はあるんですが、、、

 
 
 
実際にこれで琴奨菊関のことはこの後ブログには出てきていません。

 
 
多分これは、AKBを辞めてからいろんな苦労をされて芸能界で生き残りをかけた

彼女自身の苦肉の策なんではないでしょうか?

 
 
確かに相撲女子で「すも女」なんて言葉もあるくらいですからね。

 
 
そこを狙ってもいいかもしれません。

 

西野未姫の激太りは関取との結婚を考えているから?

 

Pexels / Pixabay


 
西野未姫さんは「第2のまゆゆ」とか時期エースとの呼び声も高かったのですが、

突然に2017年にAKBから卒業されました。

 
 
実はその前年の2016年に同じAKBの大和田南那さんと未成年スキャンダルを

起こしてしまったのでした。

 
 
その為に解雇という名の卒業になった大和田南那さんですが西野未姫さんはだらだらとそのまま

AKBの残っていたのでした。

 
 
といっても派手な活動はほとんどなくストレスを抱える生活からか激太りしてしまいます。

 
その比較画像がこちらになります。

 
 
 
 
これだけ違うと別人ですね。

 
 
そのせいでお相撲さんが好きになったのかもしれません。

 
 
半分やけ気味に関取との結婚ならこのままでも構わないと思ってかどうかは分かりませんが、

激太りした故に、太った人の気持ちが分かったんではないでしょうか。

 
 
今は2ヶ月で7kgのダイエットに成功して、元の可愛い西野未姫さんに戻っておられます。

 
 
でも、一部のファンからはぽっちゃりの西野未姫さんが良いという方もおられるんじゃないでしょうかね。

 
スポンサードリンク

本当に結婚を意識している関取とは誰?

 
 
最近は相撲関係のお仕事が多くなってきた西野未姫さんですが、

2018年11月14日の

AbemaTVで放送された相撲ビギナーにゲスト出演されました。

 
 
そこでも琴奨菊関好きを語っていましたが、突然他の力士に目移りがしたようでした。

 
 
それは前頭十一枚目の千代の国関(九重)でした。

 
 
実況を務めていた矢野武アナにその矛盾を突っ込まれていましたがそのやりとは、

 
西野   「(千代の国)顔、カッコよくないですか!?」

 
矢野アナ 「えっ、さっき(琴奨菊関のように)目が細くて・・・・」

 
西野  「あれは愛おしさの好きで、こっちは結婚できるという目線のカッコいい。LOVEです。」

 
 
と、千代の国に対して結婚発言まで飛び出してしまったのでした。

 
 
これを聞いたら琴奨菊関はどう思うでしょうかね。

 
しかし、矢野武アナから千代の国関は妻子持ちである事を聞いて

西野未姫さんは諦めたようでした。

 
 
やはり、関取といえどもイケメンの方がモテルのは仕方ない事でしょうね。

まとめ

 
人気アイドルとはいえ、生き残りをかけていろいろな手法を

考えるのは仕方ない事でしょう。

 
 
西野未姫さんもAKB時代の人気を引きずりながら今を

頑張って芸能活動をされているようですね。

 
 
相撲大好きアイドルっていうのは結構たくさんおられるとは思いますが、

偽キャラと言われてツッコまれる西野未姫さんはまた

別のすも女キャラに入るのかもしれません。

 
 
これからもいろんな人から面白おかしくツッコまれながら

私たちを楽しませてくれるでしょうね。

 
 
 
 
スポンサードリンク

コメント