スポンサードリンク

本田修(芸人)のパラデル漫画って何?パラパラ漫画との違いとは?

お笑い
 
パラデル漫画でブレイク中の本田修さんですが、先日ダウンタウン松本さんの

「ワイドナショー」に出演され、松本人志さんに

 
 
「なんか最近、吉本こういう人増えてきたね。

鉄拳もそうなんだけど、アートとお笑いが

入り交じってきた感じがするよね」
 
と感心されていました。

 
 
本田修さんのパラデル漫画とはいったい何なのか、また鉄拳さんなどの

パラパラ漫画との違い、そして本田修さんの作品などをご紹介します。



スポンサードリンク



 
スポンサードリンク

本田修のパラデル漫画って何?

 
 
まずは冒頭でもお話した”パラデル漫画”ですが、

実際にご覧ください。

 
 


 
この”パラデル漫画”を作っているのが本田修さんなんです。

 
 
一見はパラパラ漫画のようですが、立体的に飛び出してくるなど

パラデル漫画とパラパラ漫画では大きく違いがありますね。

 
 
これを作成した本田修のプロフィールをご紹介します。

 
 
名前    :  本田修(ほんだおさむ)

生年月日  :  1983年4月15日

血液型   :  B型

出身地   :  神奈川県 小田原市

身長    :  174cm

体重    :  70kg

趣味    :  将棋

特技    :  ガムテープを使ってカッコよくズボンを脱ぐ

所属    :  吉本興業  東京NSC12期

 
 
本田修さんは芸人で2006年からお笑いコンビ「魂の巾着」として

金井祐介さんと活動しているようです。

 
 
M-1グランプリにも2015から出場されてますが2回戦以上勝ち上がったことが

ないようなのであまり認知度はないようですね。

 
 
それゆえ芸人としてのお仕事がほとんどないために、

時間が目いっぱいあるのを利用し、小さい頃から絵を描く事が趣味ということ

でツイッターにリツイートしてもらえる

作品を作ろうとこのパラデル漫画を創作するようになったそうです。

 
 
だいたい約2分の動画を制作するために要する紙は5000枚

 
 
制作期間は2週間もかかるそうです。

 
 
しかし作り甲斐があるようで将来的には、海外の人からも

 
あのパラデル漫画ね

 
とご自分の作品が認知されたいと意気込んでいます。

 
 
これだけクオリティが高い作品なので、それも夢ではなさそうですね。

 
 

スポンサードリンク


鉄拳のパラパラ漫画とは何が違う?

 
それでは鉄拳さんのパラパラ漫画たはどのように違うのでしょうか?

 
 
実際に鉄拳さんのパラパラ漫画をご覧ください。


これを見ればわかるように、パラパラ漫画とは映画や動画のもとになった基本的な方法です。

 
 
一枚の絵にかいたものや人物を少しづつずらした絵を描いて

それらを連続して撮影する事によって

あたかも描いたものが動いているように見せる技法です。

 
 
本田修さんのパラデル漫画とは、基本的にはパラパラ漫画との原理を使っていますが、

大きな違いは二次元のパラパラ漫画に対して、実写を使って

三次元を表現していることです。

 
 
パラデル漫画は漫画の中に現実の人間や人間社会を映し出したり

会話をしたりしてシンクロさせているんです。

 
 
 
 
 
 
 
紙に書かれた人物が現実の人間と対等に話したり、触れ合ったりするなど

本当に不思議な映像となっています。

 
 
本田修もパラデル漫画とパラパラ漫画の違いを動画にしておられます。

 
 
こちらをご覧ください。



 
絵のキャラクターが人間社会に入ってくるなど、昔なら映画やテレビでしか見れなかったものが

お笑い芸人さんが家にある機材(ipadがメイン)でできるなんてすごいですよね。

 




スポンサードリンク





本田修のパラデル漫画の作品!

 
吉本の芸人さんでもある本田修さんは先輩芸人さんのパラデル漫画を

作製してることもよくあるようです。

 


 
 
また、人気者の三代目J Soul Brothersの動画も作成されています。


 
 
また、映画や地域振興のためなどのコマーシャル動画を

公式に作成する事もされているようです。



 
この技術はこれからいろんなことに使う事が出来そうですね。

 
 

まとめ

 
お笑い芸人としては、パッとしなかった本田修さんですが、

パラデル漫画という素晴らしい才能が発揮されつつあります。

 
 
相方の金井祐介さんも今年からは紙芝居師として活動されるようです。

 
 
お互いがクリエーターとして将来は、また芸人としてではなくその道で

コンビを組める日が来るかもしれません。

 
 
パラデル漫画はこれからいろんなオファーがあると思いますが

いずれ世界に飛び出していくクリエーターとして有名になるかもしれませんね。


スポンサードリンク

コメント