スポンサードリンク

椎名林檎に外科医が整形疑惑を指摘!顔面遍歴を画像で比較する!

ミュージシャン
 
第69回NHK紅白歌合戦の特別枠で椎名林檎さんが

出場する事が決まりました。

 
 
今年で連続5回、6回目の出場で今年はエレファントカシマシ

宮本浩次さんとのコラボでも出場です。

 
 
いつも美しい椎名林檎さんですが外科医の先生が指摘するほどの

整形疑惑があります。

 
 
はたして椎名林檎さんは本当に整形をしているのでしょうか?

 
 
その椎名林檎さんの顔面をデビュー前から比較しながら調べてみたいと思います。

 
スポンサードリンク

スポンサードリンク

椎名林檎に外科医高須クリニック院長が整形疑惑を指摘!

 
 
椎名林檎さんはステージでのパフォーマンスは言うまでもありませんが、

そのメイクや衣装もファンを引き付ける要素でもあります。

 
 
しかし、そのお顔はメイクというより見るたびに変わっている印象が強く、

整形の噂が後を絶ちません。

 
 
そんな椎名林檎さんのお顔を高須クリニック院長高須克弥さんは、

90年代にミリオンヒットを飛ばした女性シンガーについて語る中で

次のようにおっしゃいました。

 
 
そもそも、安室さんは老けが目立ちにくいタヌキ顔だし、

経産婦の割に体形の変化も見られないし、ライブもダンスが売りで普段の運動量も多そうなので、老ける要素が少ないと思うんだよね。

 
対して、浜崎さんはたるみに影響するのであまり体重を増減させないほうがいいかもね。

 
宇多田さんは藤圭子さんが母親だけあって肌もきれいだし、若い頃から少しふっくらしていたのがかえってハリに繋がっているね!

 
あと椎名さんはコレ(写真を見ながら)……ちょこちょこメンテナンスしてないかなぁ? 元がわからない状態になっちゃってるぞ!
 
美容外科のプロの高須院長に言われてしまうと、信憑性が俄然高くなってしまいますね。

 
 
はたして本当にそれほどのお顔の変化があるのでしょうか?

 

スポンサードリンク


デビュー当時からの顔面遍歴を画像で比較!

 
それでは、デビュー前から現在までの椎名林檎さんの顔面遍歴を

画像で比較してみます。

 
 
  デビュー前のオーディション当時の椎名林檎さんです。

 
 
  これはデビュー直前の椎名林檎さんです。

 
 
  デビューシングル  幸福論
 
  シングル  歌舞伎町の女王
 
 
 
    1999年 雑誌にて

 
 
 
   シングル  本能
 
 
 
  2000年  雑誌

 
 
 
 2001年  シングル  真夜中は純潔
 
 
           2003年

 
 
 
 2004年~2012年  東京事変として活動

 
 
 
       2015年

 
       現在

 
 
 
いかがですか?

 
 
どの年代もお美しいですね。

 
 
メイクでいくらでも変わる事が出来ると言っても、デビュー前から現在までの

顔の変化を見るとどうも変わり方が不自然に思われますね。

 
 
目元や目じり、顔の輪郭の変化などダイエット成功とリバウンドを繰り返しているような

お顔のように見えると思います。

 
 
ファンの間では、アルバムなどをリリースするたびに衣装だけでなく

顔のイメージを大きく変えることは有名でした。

 
 
口の悪いファンの間では、前に組んでいたバンドを揶揄して

東京事変』にひっかけて『顔面事変』と呼ばれていたこともあるそうです。

 
 
たしかにうまいこと言うなあと感心してしまいました。

 
 
すいません。

 
 



スポンサードリンク


NHK紅白など椎名林檎のステージパフォーマンスとは?

 
 
今年の紅白出場は「特別企画」枠ということで、エレファントカシマシの宮本浩次さんとの

コラボでの出演となります。

 
 
曲目は2人のコラボ曲で『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のエンディングテーマ曲の

獣ゆく細道』を披露されます。

 
ご覧ください。


12月9日放送のミュージックステーションでも披露されたましたが、

その時のパフォーマンスが放送事故レベルとまで言われました。

 
 
今回の紅白でも放送事故レベルのパフォーマンスをしてくれるのか今から楽しみです。

今回のまとめ

 
 
椎名林檎さんの顔面の変化は確かにあるように思われます。

 
 
しかし、それは椎名林檎さんのプロ意識がより良い作品の感性を目指して

行う一つのプロセスに過ぎないのかもしれません。

 
 
新しい楽曲に合わせて自分自身もそこに肉体事変化させることなど一般人には

とても理解できないでしょうし、することもできません。

 
 
ましてそのことにとやかく言うことなど私たちが言えるはずもありません。

 
 
私たちはただただ、椎名林檎さんのパフォーマンスを

心から楽しませてもらうことのしましょう。


スポンサードリンク

コメント