とろサーモン久保田は悪くない?後輩の為に噛みついた義憤だった!

お笑い
 
『M-1グランプリ2018』の優勝コンビが霜降り明星に決まりました。

 
 
彼らの持つ、個性的なキャラクターや素直に笑えるネタなど

人気者になることは間違いないようですね。

 
 
しかし、今回のM-1は彼らの事よりももっと話題になっていることがあります。

 
 
大会後のインスタライブでのとろサーモン久保田さんと

スーパーマラドーナの武智さんの暴言がネットをにぎわせています。

 
 
二人はいったいどのような暴言をしたのでしょうか?

 
 
またそれは後輩の為の義憤だったのでしょうか?

 
 
今回は、それらについてお話していきます。

 
スポンサードリンク


 
上沼恵美子は天才肌の元漫才師!M1審査やトーク番組の毒舌が凄い
関東の番組ではあまり見かけませんが、関西では視聴率女王と言われている上沼恵美子さん。今回は彼女の経歴や鋭いと話題の発言について調べてみました。2017年のM1グランプリでは、審査員として結構辛辣なコメントをしています。また、あのアッコさんやデヴィ夫人にも毒舌が!

スーパーマラドーナ田中のサイコパスっぷりや失踪事件がヤバい!
3年連続M-1決勝進出を果たし、今年こそその制覇を狙う人気お笑いコンビ・スーパーマラドーナ。実はそのボケ担当・田中はそのサイコパスっぷりで話題を呼んでいるんです!今回は田中さんのサイコパスエピソードや、そもそもサイコパスとは?についてまとめました!
スポンサードリンク

とろサーモン久保田の今回の暴言とは?

 
 
12月2日に放送された”日本一の漫才師を選ぶ祭典『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)で

審査員を務めた上沼恵美子さんに対してとろサーモンの久保田かずのぶさんと

スーパーマラドーナの武智さんが発した暴言が大きな話題を呼んでいますね。

 
 
事の発端は、番組に出演したお笑い芸人たちのインスタライブでの発信からでした。

 
 
とろサーモン久保田が、

 
「酔ってるから言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」

「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」

「お前だよ、一番お前だよ。わかんだろ、右側のな」

 
 
そして武智が

 
「嫌いですって言われたら、更年期障害かと思いますよね

 
 
と発言したことがキッカケでした。

 
 
本人が言うように、かなりお酒が進んだ状態で会話の途中では、

切れたのかイスを蹴飛ばして見るからに怒りをあらわにしていました。

 
 
武智さんの方は、ビデオを撮影しながらか声だけの様子でしたが、

発言内容は久保田さんよりの過激で問題が多いのではないでしょうか?

 
 
この発言を受けてか、上沼恵美子さんは自身のラジオ番組で審査員からの

引退を宣言する事に至っています。

 
 
ネットでは、久保田さんと武智さんを批判する声が高まり、沈静化する様子は全くありません。

 
 
その上で久保田さんと武智さんは自身のツイッターで、

 
「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。

今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」(久保田)

 
「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、 M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」(武智)

 
 
このように謝罪しても二人に対しての批判の声は止まることは無く

炎上し続けているのです。

とろサーモン久保田は悪くない?

 
 
今回の二人の発言では、7位だったスーパーマラドーナの武智さんはいざしらず、

昨年のチャンピオンで今回は参加していないとろサーモン久保田さんが

なぜこのような発言に至ったのでしょうか?

 
 
たぶん、久保田さんが発言していたことのように、上沼恵美子さんの

審査が好き嫌いで選んでいるのではないかという疑問が参加している

お笑い芸人や、大会を見ていた芸人の間でも広まっていたからでしょう。

 
 
上沼恵美子さんがミキの事を好きと言っていただけではなく、その祭典に関しても

98点という高得点を付けていました。

 
 
その横で、松本人志さんは88点と厳しい評価を下しいたのです。

 
 
久保田さんは暴言の中で、

 
 「めちゃくちゃ申し訳ないけど、審査するってことはさ、演者と一緒で同じ熱量で点数同じだって思いたいやん、演者やから。

アンタがつけた点数とこっちが思った点数一緒でありたいやん。

これが、格差が生まれたら違うやん。

それを、私が好き~とか言い出したら、もう」
 
 
とも話していました。

 
 
今の若手お笑い芸人が信奉する松本人志さんの評価が彼らの基準であって

それとは違う、しかも好き嫌いで評価していると感じる上沼恵美子さんの

評価には憤りを感じずにはいられなかったのでしょう。

 
スポンサードリンク

後輩の為に噛みついた義憤だった!

 
 
とはいうものの、暴言の後半の武智さんの問題発言以降(更年期障害、オバハン発言)は、

すこし言葉を控えさせるようなしぐさなども垣間見えます。

 
 
久保田さん自身の発言は責任を持って上沼恵美子さんにぶつけていたけれども、

それの乗ってしまって、批判ではなく悪口になってしまった後輩の

発言に酔いも覚める思いだったのではないでしょうか。

 
 
それで事の重大さに気付きライブを締めようしています。

 
 
その行動を裏付けるものとして後日の「abemaTV」で放送された

「NEW RAP JAPAN」ではこのようなラップを披露しています。

 
 
「悪い者を打ちのめすヒーローは二次元では人気を集めるが」

「年長者、権力者に意見をする事は正しい事でも罪人悪人のように大衆に吊るし上げられ」

「自分達とは違う勇気ある者を潰しに来る」

「権力に逆らえない自分の生き方を変える勇気がないのか」
 
 
一度謝罪しているとはいえ、まだ上沼恵美子さんからは何も返事がない

状態でのこのラップは、やはり久保田さん自身が、酔っぱらて暴言を

発したのではなく、もともとの考えで上沼恵美子さんに物申したのでしょう。

 
 
それを考えると、今回の暴言は決して暴言ではなくこれから

M-1にチャレンジしてくる後輩の為に、ちゃんと審査してくれない審査員に

噛みついた義憤であったと言えるんではないでしょうか?

 
 
 

今回のまとめ

 
とはいうものの、お酒に酔った状態でいう話ではないと思われます。

 
 
また、「更年期障害」や「オバハン」発言はいくら後輩の発言でも

そのキッカケを作ってしまった久保田さん自身の責任でもあります。

 
 
後輩を思って行った暴言の代償は重く、現在はお笑い一時休業報道や

お笑い界追放寸前といったことまでささやかれています。

 
 
今回の騒動はまだまだ収まりそうにはありません。

 
 
お笑いの話が、笑えない話になったらシャレになりませんね。

 
 
 
スポンサードリンク

コメント