森田愛子(呼吸整体師)腹ペタ呼吸法の評判とその方法や効果とは?

健康・ダイエット
 
こんにちは、ジョーです。

 
 
フジテレビ系で放送の人気番組「梅沢冨美男のズバッと聞きます

に出演される呼吸整体師の森田愛子さんをご紹介します。

 
 
森田先生が言うには、ポッコリ下腹は

浅く止まりやすい呼吸が原因だった”とおっしゃってます。

 
 
ペタ腹を作る呼吸法とはどのようなものなのでしょうか。

 
 
今回は森田先生の「腹ペタ呼吸法」をご紹介します。

 
 
スポンサードリンク


こちらもご覧ください
中野章三の座タップは中高年の老化防止やダイエットに最適
スポンサードリンク

呼吸整体師の森田愛子さんの理論とその効果は?

 
 
森田愛子先生は呼吸整体師として”体を育て直す”をコンセプトに

渋谷鍼灸理学治療室(K-Raku Style)を運営されています。

 
 
呼吸のコーチ」として心と体の意識を変えてより豊かな人生を

送れるように啓蒙活動を続けておられます。

 
 
森田先生の持論とは、女性のお腹周りのポッコリやタプタプなのは

単なる食べすぎや運動不足だけが原因ではないのだそうです。

 
 
それはお腹の膨張にあるのだそうなんです。

 
 
たしかにいくら運動したり、ダイエット頑張ってもお腹周りの

タプタプ感はなかなかなくなりませんもんね。

 
この風船のようなお腹の原因は皮下脂肪だけではなく、呼吸の癖によって

膨張しているんだそうです。

 
 
つまり愛子先生の話では、

 
 
呼吸は”吸って吐く”ことが非常に重要です。でもたいていの人は

吐く方が苦手。『吸ってばかりで吐き切れていない』状態が

続くとどうなるか?

例えば自転車の空気入れのポンプを押し続けるように、

おなかに膨張圧がかかりっぱなしになります。

つまり体の内側からかかり続ける『圧』であなかが常に

カチカチ、ポテポテ状態になってしまうんです。

 
 
たしかに自転車のポンプのたとえは理解しやすいですね。

 
 
また、浅く止まりやすい呼吸は体の内部にも悪影響を及ぼすそうです。

 
 
日々、多忙な日を送っていると無意識のうちに身体が緊張し

呼吸が浅くなります。

 
 
浅い呼吸は呼吸循環の中枢にあたる体幹の表面部分に小さくとどまり

呼吸のエネルギーを全身に送り出す事が出来なくなります。

 
深い呼吸のように力強さが無いために体のどこかに滞りが

出来てしまうんです。

 
 
浅い呼吸を繰り返していると呼吸循環、退役循環が悪くなって

筋肉、自律神経、代謝、内臓の働きなどの前身の機能が低下し

肩こり、頭痛、冷え、イライラなどに加えてポッコリ腹の原因となる

お腹の張りが起こってしまうんです。

 
 
しかし、良い呼吸だと鼻からすった息が身体に中心を通りお腹に

ストンと収まっていき体が膨らみ、吐くとしぼんでいきます。

 
この膨張と収縮がポンプのように働き筋肉や関節をしなやかにして

自律神経や関節をしなやかにして血流、胃腸の働きを助けて

お腹周りもすっきりとしてくるんだそうです。

 
 
たしかに、呼吸を意識してすることはあまりありませんね。

 
 

スポンサードリンク


森田先生の腹ペタ呼吸法の方法や評判は?

 
森田先生の教室では3歳の幼児から80歳過ぎのおばあさんまで誰もが

無理なく続けられるそうです。

 
 
1日目に変化を感じなくても2日目には手ごたえを感じ

3日目には見た目の変化を実感できるそうです。

 
 
その一部をご紹介しておきます。

 
 
 
1日に5分でもいいから続けると体が変わってくるそうです。

 
 
皆さんもお試しください。

 

スポンサードリンク


最後に!

 
人間の生きていく上で一番基本の呼吸を

見直すことによって体を改善でき、お腹周りもすっきりする

この呼吸法、素晴らしいですね。

 
 
私も早速始めてみようと思います。

 
 
 
 
 
スポンサードリンク

コメント