ヨシタケシンスケの経歴やプロフィール、年齢や子育て結婚観も調査!

作家
 
こんにちは、ジョーです。

 
 
絵本作家のヨシタケシンスケさんが情熱大陸に出演されます。

 
 
絵本好きの方なら知らない人がいないとまで言われるこの方を

今回はご紹介します。

 
スポンサードリンク


 
 
スポンサードリンク

ヨシタケシンスケさんの経歴やプロフィール!

 
 
名前    :  ヨシタケシンスケ
生年月日  :  1973年 6月 17日  (45歳 2018年現在

出身地   :  神奈川県茅ケ崎
高校    :  茅ヶ崎北陵高校
大学    :  筑波大学芸術専門学群

大学院   :  筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース
職業    :  イラストレーター、絵本作家

 
兄妹はお姉さんが一人、妹が二人おられます。

 
 
幼い時は友達も少なく、休み時間も教室でじっとしているような

子どもだったそうです。

 
 
工作の興味を持ったのは、すべてにおいてかなわなかった姉が

唯一やっていなかったといったこともあり、また母親から

褒められることが大変嬉しかったからのようです。

 
 
高校2年の途中から美術部に入部し、美術系の大学に進学しました。

 
 
大学卒業後はサラリーマン生活をしながら、すぐに退職し

広告美術やコマ撮りアニメの人形制作をしながら、夜に

イラストを描くという仕事を続けていました。

 
 
イラストレーターをしながら、5年前に絵本作家としてデビューしました。

 
 
その後「MOE」が全国の本屋さんを対象に毎年行っている

MOE絵本屋さん大賞」で2013年に1位を取ってから

なんと3回も1位を獲得されています。

 
りんごかもしれない」:第6回MOE絵本屋さん大賞第1位

第61回産経児童出版文化賞美術賞

 
りゆうがあります」:第8回MOE本屋さん大賞第1位

 
 
もうぬげない」:第9回MOE絵本屋さん大賞だい1位

ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞

 
ヨシタケシンスケさんは糸井重里さんとの対談で

このような事を話されています。
「こういうものがほしい」と言われたときに、

そのとおりのものを作れる人に。

 
伝えたいテーマなり問題意識なりがあれば、

それを表現すればいいと思うんですが、

ぼくはただ「怒られないため」だけに

生きてきていたので。

 
ずっと「どうすれば怒られないか」ばかりを

ものすごく考えてきたんです。

 
そうなんです。そしていまに至るまで、

ぼくはずっと全速力で

逃げつづけてきてるわけなんですけど。

 
ぼくの絵本はへりくつであり、

負け惜しみや言い逃れの集大成でもあるんです。

 
ぼくが絵本でやってることは、

ほんとうにこどもと一緒
 
 
本来は「工芸作家のような職人さん」なりたかったそうです。

 
 
しかし、その幼い気持ちのまま成功したのが絵本作家だったのかもしれませんね。

 
 


スポンサードリンク


ヨシタケシンスケさんの結婚観は?

 
ヨシタケシンスケさんは2003年に結婚されています。

 
そして結婚から子どもを作るまでをこのように話されています。

 
“嫁はぼくの作るものには全然興味を示さなかったんですけど、

ぼく自身には興味を示してくれたんですよね。で、

「同棲するから」って。

同棲したらしたで「同棲してるんだから結婚するでしょ」、

「結婚してるんだから子どもつくるでしょ?」と”

 
 
女性に関してはぐいぐい押していくタイプだったんですね。

 
 
少年時代に休み時間に教室でじっとしていたことがうそのようです。

 
 

スポンサードリンク


大変だった子育て!

 
ヨシタケシンスケさんの子どもが誕生したのが34歳の時でした。

 
長男は30分に一回起きる子どもだったそうで寝不足になってしまい

大変だったようです。

 
 
その上、そのころ奥様がリウマチを患ってしまい体の節々の激痛から

子どもを抱っこ出来なかったそうです。

 
 
長男が生まれた頃はまだ、絵本作家ではなく昼間の仕事をしており、

パニックになった奥様から帰ってきてと泣きながらの電話がひっきりなしに

かかってきていました。

 
 
仕事から帰ると部屋は洗濯ものだらけで散らかっており、子どもを

抱っこひもでおんぶしながらイラストを描いていたそうです。

 
 
その時の苦労話も今の創作活動に生かされているんでしょうね。

 
 

最後に!

 
サラリーマン時代や子育ての苦労していたストレス発散の

イラストが絵本にする事が出来るなんて、当時は夢にも思わなかったでしょうね。

 
 
これからも素晴らしい絵本を描き続けてほしいです。
スポンサードリンク

コメント