スポンサードリンク

天皇陛下の退位に伴い国民の祝日、現在の天皇誕生日は無くなる!

国内


 
こんにちは、ジョーです。

 
来年の2019年の4月30日に今上天皇であらせられる

明仁天皇陛下が退位されますね。

いろいろと大変なことも多いでしょうが、私ら一般人が

気になるのは休日の事ではないでしょうか?

 
スポンサードリンク

天皇陛下の退位日の翌日の5月1日に皇太子さまが新しい天皇に即位するようです。

今度の天皇誕生日は2月23日になるようですが、

この即位の日も国民の休日にするか検討されています。

まあ、なっても同年限りらしいですけどね。

 
しかし、12月23日は休日から外れることが

決まりました。

 
昭和天皇の日は

「みどりの日」から

「昭和の日」と、残しているのに

なぜ、「平成の日」は残せないのでしょうか?

 
年末の慌ただしい最後の追い込み時期の休日は要らない!

 
私の知り合いでそういってる人がいました。

少数派ですけどね。

 


 
そもそも、明治以前、天皇は生前に退位をして位を次の天皇に譲る

「譲位」を行うことが通例とされてました。

 
それを明治政府、その中でもとりわけ伊藤博文が

逝去によってのみ皇位が継承される「終身在位」に変えたそうです。

 
当時の天皇の存在は政府や他の者の意思で退位することなど

もってのほか、天皇をいや神を冒涜するに値する。

そんな感覚だったんでしょうか。

 

しかし、今になってどうしてこんなに簡単で早くに

退位の形になるのが決まったんでしょうかね?

 
多分、天皇を思う意識が今の時代と当時とは

全く変わったんでしょう。

 
天皇陛下がテレビでご自分のお気持ちを

国民にお伝えになる。

 
何をされてるかなんとなくしか知らなかったけど

あのお歳で本当に多忙で激務なんだ。

おかわいそうに、もうゆっくりさせてあげようよ。

 
こういう意見が多く出てくれば宮内省も動かざるをないでしょう。

 
俗にいう「民意」というやつですかね。

 
今の政府はこれを巧みに使っていろんなことをしてるような

気がするんですが。

 
まあ、天皇陛下に対してこういう気持ちを持つ事さえも

昔は許されないことだったのかもしれません。

 
私たちのような平民ごときが何を陛下に対して

何を物申してる、と言う感じなんでしょうか。

 
しかしこの「民意」のおかげで200年ぶりに退位も決まり

明仁天皇にもゆっくりしてもらえることになったんだから

いちゃもんつけても仕方ないですけどね。

 
ただ本当に国民がそう思って事を動かしたんならいいんですが

民意がそういう方向に行くように仕向けられたんなら

これからの日本は少し怖いかなと感じます。

 
本当に、天皇であれどんな人に対しても

優しい気持ちであり続けれる国や人で

ありたいですね。

 
ただ、やっぱり今の天皇誕生日の祭日は残してほしかったなあと

思います。今年の12月23日は日曜日なので、24日との

連休になってます。

 
最後の明仁天皇の誕生日、存分に楽しみましょう。

 
やっぱりこの日を「平成の日」で残してくれませんかね。。

 
 
 


スポンサードリンク

コメント