スポンサードリンク

横山タカ子(料理研究家)のプロフィールや料理教室の料金は安い?

エンタメ
 
こんにちは、ジョーです。

 
 
9月5日に放送された、「梅沢冨美男のズバッと聞きます」で話題の長寿レシピの

横山タカ子 さんをご紹介します。

 
 
スポンサードリンク


 
スポンサードリンク

横山タカ子さんのプロフィール!

 
 
名前    :  横山タカ子 (よこやま たかこ

年齢    :  不詳

出身地   :  長野県大町市

職業    :  料理研究家 (郷土食)

前職    :  農協職員

 
 
横山さんは長野県大町市生まれで、長野県共済農業協同組合連合会

勤めていましたが、退職後に料理研究家として第二の人生を

スタートさせました。

 
 
キッカケは、料理好きの母親の影響でした。

 
 
自宅で料理教室を主宰し、身近な食材と郷土食をテーマにした

料理を発案していきました。

 
 
定年退職後という事なので、60歳からのニューキャリアだったんですね。

 
 
人の寿命が延び、人生100年時代に入ろうとしている今の最先端と言えますね。

 
 

スポンサードリンク


横山さんの料理とは?

 
 
横山さんは自分のオリジナルのアイデアを加えることのより普通の郷土料理を

お洒落な料理と変えていったのでした。

 
 
そうすると、一躍人気料理研究家としてNHKの「今日の料理」を担当するなど、

マスコミやメディアから注目されるようになったのです。

 
 
横山さんの料理は、自分が生まれ育った土地の料理を見た目や

栄養を改善して、美味しく食べてもらうことによって

1つの文化を作っていると言えるほどの影響を持つ事になりました。

 
 
そのことを証明するかのように、彼女はNHK関東甲信越地域放送文化賞

受賞していますし、長野県知事表彰(産業功労者)も受けました。

 
 
長野県は現在、男女ともに平均寿命が日本一長いのです。

 
 
長野県と言えば野沢菜など漬物で有名で、塩分の摂取量が

他の県より多いようなイメージがあるのですが、寿命が長いのは

何故なのでしょうか?

 
 
実はこのことは「横山タカ子」さんが寿命を長くした立役者なのでは?

と、言われているんです。

 
横山さんの料理は、特別な食材や調味料は使いません。

 
 
生まれ育った長野に暮らし、地元の食材と、基本的な調味料で

 
滋味あふれる家庭料理を提案しています。

 
 
彼女の信条として、

 
 
生活があって、その一部に食がある。料理だけを切り取っては考えられない

 
 
と、料理のみならず、四季折々の恵みを取り入れることを心がけているそうです。

 
 
その料理は“ひらがな料理”と自ら言うようにご飯にみそ汁、酢の物に煮物、そしてメインの

 
動物性タンパクと漬け物をプラスしての一汁四菜というスタイルです。

 
長年にわたり受け継がれ、余分なものがそぎ落とされて今なお残っている料理こそが

麻痺した現代人の食生活改善に必要であり、これから先も食べ繋ぐべきと提言しています。

 
 



スポンサードリンク


横山さんの料理教室とは?また料金は?

 
横山さんが料理を本格的に始めたのは、自宅で料理教室を開いた時からでした。

 
 
現在は不定期ですが、料理教室は開いており、取材がある時はご自宅で

料理を披露しています。

 
 
また、場所を借りて東京や長野で短期、長期の料理教室を開催しています。

 
それらの時期などは分かっていませんが、2017年の5月に開かれていた

料理教室の資料がありました。

 
 
場所は「メルパルクNAGANO」の5階で開催されていました。

 
 
受講料は6カ月分で 14,250円(教材費 7,770円含む)とのことでした。

 
 
6ヶ月でこの料金は安いですね。

 
 
教材費を入れても1カ月3,670円になります。

 
 
次回もこの値段なのかは分かりませんが、良心的な値段に

設定されているのは間違いないようです。

 
 
 
このお値段で、健康的かつ美味しい料理を学ぶ事が出来るのなら

ぜひ参加してみたいです。

 
 

最後に!

 
 
人は食べるということに対して並々ならぬ欲望がありますが、

それは時に健康を損ねることがあるのも事実です。

 
 
昔から受け継がれたものに、今の人達に合ったアレンジを加えながら

その良さを消さない彼女の料理は、それこそみんなが求める

”おふくろの味” ということになるんでしょうね。

 
 
これからも美味しい料理をたくさん期待しています。


スポンサードリンク

コメント