節分の恵方巻デパ地下もコンビニも多賑わい!今年の恵方は南南東!

季節
こんにちは、ジョーです。

 
明日は節分ですね。

太巻きの恵方巻きを喋らずひたすらかぶりつく日です。

朝から、デパ地下やコンビニとかでもおおにぎわいです。

まあ、美味しい行事は多いほどいいですけどね。

 
実は、節分って明日だけではないんですよ。

 
節分は季節を分けるという意味もあり、

春夏秋冬の季節の始まりは、すべて節分って言うんです。

 
 
つまり年4回、季節の始まりの日が節分なのです。

(立春・立夏・立秋・立冬)の前日が節分の日となるのです

 
この中で一番有名なのが、立春の前の日にあたる2月3日なのです。

 
多くの方はこの日に豆まきと、恵方巻きを食べていますよね。

日本では昔から立春が、一年の始まりとされていたので、

この日が一番良い日とされていたため

行事として現在も残ったと言われています。

 
 
一年の始まりが立春ということは、

その前日は『大晦日』ということになるのです。

 
この日に一年の厄を払って、次の年を迎えるということで厄除けが、

鬼に豆まきをして、やっつけるようになったのです。

 
 
「鬼」という字を、「おに」と読みますが、

「おに」という日本語は、「陰」(おん)に由来 しています。

 
「陰」(おん)に由来 しています。「陰」とは目に見えない気、

主として邪気のことを指し、それが「おに」なのです。

 
 
また、隠れているこわいものとして「隠人」(おんにん)が、

変化したという説もあり、形の見えない災害、病、飢饉など、

人間の想像力を超えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていたのです。

 
つまり、新しい年(立春)を 迎える前日(立春の前日、節分 )に、

鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼びこもうとなったのです。

スポンサードリンク


 
 
現在では節分には『恵方巻』を食べますよね。

もともとは太巻きには7種類の具材を使うとされています。

 
この7という数字には、七福神に関係した縁起物とされてきました。

しかし、節分に恵方巻きを食べるのは

日本全国に昔からある風習ではなかったのです。

 
 
さらに、恵方巻き以外に、

節分で食べるものは鰯(イワシ)が有名です。

 
昔から臭いのきついものや尖ったものを厄払いに用います。

そこで、鬼の嫌いなものは

「臭い鰯の頭」と

「痛い柊(ひいらぎ)のトゲ」とされ、鰯の頭を焼いて柊の枝に刺しました。

 
それを家の戸口に置いて鬼の侵入を防ぐ、

焼嗅(やいかがし)という風習になりました。

 
また、鰯を戸口で焼いて臭いをかがせることを

焼嗅と言ったり鰯の頭を柊の枝に刺したものを柊鰯、

鰯柊と呼ぶこともあります。

 
そのほかにも蕎麦を食べるところもあるのです。

 
なぜ食べるのかは新しい年の始まる前日の、

大晦日に当たるからです。

恵方巻きもいいけど、鰯も食べましょう。

スポンサードリンク

コメント