藤原恭大(大阪桐蔭)筋肉が!父は焼き鳥屋で兄はPL最後の部員?

スポーツ

 
こんにちは、ジョーです。

 
 
今年の夏の甲子園大会は第100回の記念大会です。

 
 
その中で、ひときわ注目されている大阪桐蔭高校の

藤原恭大選手をご紹介します。

 
 
スポンサードリンク


 
よろしければこちらもご覧ください

根尾昴のドラフト契約金は1憶円?二刀流高校生の進路はメジャー?
こんにちは、ジョーです。 史上初の2度目の甲子園春夏連覇を目指す大阪桐蔭高校の 根尾昴(ねお あきら)君の 活躍が光っています。 今回は、彼の今後について予想してみます。...

小園海斗(報徳学園)グローブや守備、家族は?ドラフト1位決定?
こんにちは、ジョーです。 今、甲子園では夏の高校野球選手権が熱い戦いを繰り広げていますが その中でも高校生離れした、異次元の少年がいるんです。 報徳学園高等学校の 小...
スポンサードリンク

プロフィール!!

 
 
名前    :  藤原 恭大 (ふじわら きょうた)

出身地   :  大阪府豊中市

生年月日  :  2000年5月6日

身長    :  180cm

体重    :  80kg

投打    :  左投げ左打ち

ポジション :  外野手

経歴    :  大阪府立豊中市立原田小学校(園和北フレンズ)→

大阪府立豊中市立第五中学(枚方ボーイズ)→大阪桐蔭高校

家族構成  :  両親 2つ上の兄の4人家族

 
 
6歳の時に兄の影響で「園和北フレンズ」で野球をはじめ、

オリックス・バッファローズJr」のメンバーとしても活躍しました。

 
 
中学では部活には入らず、硬式の名門「枚方ボーイズ」に所属し、報徳学園の

小園選手と最強の1,2番コンビを組み、全国制覇も経験しました。

 
高校は2つ上の兄が進学したPL学園高校ではなく、大阪桐蔭高校に進学し、

1年の夏から7番センターでレギュラーとして定着しました。

 
 
1年の秋からは長打力を兼ね備えた不動の1番打者としてチームを牽引し、

2年の夏には甲子園デビューも果たし、現在の日本ハムで活躍中の

清宮幸太郎選手や、広島にドラフト1位で入団した中村奨成選手と共に

U-18のメンバーとしてもかつっ訳しました。

 
 
今年の春も甲子園のセンバツに出場し、履正社高校と史上初の大阪対決となった決勝を

制して見事優勝しています。

 
 
現在は4番を担い、史上初の2度目の春夏連覇に期待がかかっています。

 
まさに、エリート野球人生まっしぐらといった感じですね。

 
 

並外れたパワーはその筋肉から!

 
 
今年の夏の北大阪予選決勝では22-2で大阪学院大付属と決勝ながらなんと藤原選手は

6打数6安打6打点(1本塁打)と、並外れたバッティングセンスを見せつけました。

 


 
その秘密は彼のパワーにあるようで、過去のインタビューで

 
バッティングも腕相撲もパワーには自信がある

 
と答えており、入部以来並み居る大阪桐蔭高校の怪力たちにも

負けたことが無いようです。

 
 
ファンからも筋肉好きのファンが多く彼の二の腕の筋肉を絶賛しています。

 
 
 

彼のお兄さんも高校球児!

 
 
藤原選手が中学2年生の春に、兄・海成さんはPL学園高校に入学しました。

 
 
その夏の大阪大会でPL学園は準優勝でした。

 
 
寮生活で離ればなれになった兄はワクワクした顔で

 
練習はしんどいけど、レベルが全然違う。ここで一緒に甲子園行こうや

 
と語り、藤原選手もPL学園進学を目指していました。

 
 
しかしその直後から、学校側からまさかの「翌年の部員募集停止」が

告げられたのです。

 
 
PL学園には、後輩も野球経験者の監督も現れず、兄・海成さんが2年生の

秋には、部員は12人になってしまいました。

 
 
不安だったけど、逆に環境を前向きにとらえていた。少ない人数だからこそ
思う存分、打撃練習もできた

 
 
そうして迎えた、2016年の高校野球選手権大阪大会。

 
 
PL学園は「最後の夏」として注目されましたが、初戦敗退しました。

 
 
春夏合計7回の優勝を誇る強豪校はその歴史の幕を下ろしました。

 
 
その後、兄・海成さんは大阪経済法科大学に進み、野球部でレギュラーを

掴み、頑張っています。

 
 
そして、夢であった甲子園で活躍する弟の奨大さんに事を、

 
僕の夢をかなえてくれてうれしかった。もう選手としては、はるか上に
越えられちゃいました

 
と笑顔で話しています。

 
もしかしたら、PL学園野球部が存続していたら、兄弟で甲子園を沸かして

いたかもしれませんね。

 
 

彼の両親は?

 
 
藤原選手のお父さんは、藤原史成(ふじわら ふみあき)さんです。

 
年齢は今年(2018年)で42歳になります。

 
 
大阪府の豊中市で「炉羽庵」という焼き鳥屋さんを経営されていましたが

現在は閉店してるようです。

 
お母さんは、道子さんで今年(2018年)で41歳になります。

 
 
藤原選手が2年生の時に、練習中右ひざを負傷してしまったとき、

お母さんが毎回、病院まで送迎してくれたそうです。

 
 
その時、藤原選手は5ヶ月もの間、足を使った練習を外れましたが

お母さんが「焦らないで。今できることをよく考えて

と、励ましたそうです。

 
 
後に藤原選手はお母さんに感謝の手紙を送ったそうです。

 
 
強いだけでなく、優しい息子さんでもあるんですね。

 
 

最後に!!

 
 
この夏の大会で大阪桐蔭高校は史上初の2度目の春夏連覇がかかって

いるために、多くの注目を集めています。

 
 
また、この秋のドラフトでは大阪桐蔭高校から記録的な

人数のドラフト指名がかかるのではと言われています。

 
 
大舞台に強い彼の事ですから、どちらも私たちを楽しませてくれることでしょう。

 
スポンサードリンク

コメント