スポンサードリンク

小園海斗(報徳学園)グローブや守備、家族は?ドラフト1位決定?

スポーツ
 
 
こんにちは、ジョーです。

 
 
今、甲子園では夏の高校野球選手権が熱い戦いを繰り広げていますが

その中でも高校生離れした、異次元の少年がいるんです。

 
 
報徳学園高等学校の 小園海斗 (こぞの かいと)選手です。

 
 
今回は彼の事をご紹介します。

 
 
スポンサードリンク


 
よろしければこちらもご覧ください

藤原恭大(大阪桐蔭)筋肉が!父は焼き鳥屋で兄はPL最後の部員?
こんにちは、ジョーです。 今年の夏の甲子園大会は第100回の記念大会です。 その中で、ひときわ注目されている大阪桐蔭高校の 藤原恭大選手をご紹介します。 ...

根尾昴のドラフト契約金は1憶円?二刀流高校生の進路はメジャー?
こんにちは、ジョーです。 史上初の2度目の甲子園春夏連覇を目指す大阪桐蔭高校の 根尾昴(ねお あきら)君の 活躍が光っています。 今回は、彼の今後について予想してみます。...
スポンサードリンク

並外れた身体能力!

 
 
この夏の甲子園、初戦の聖光学院戦で小園選手は、大会タイ記録となる3本の
二塁打で全3得点に絡む活躍をしました。

 
 
その活躍の中でも、彼の凄いところが、足なんです。

 
 
小園選手は、50メートル5秒8の俊足で、通常一塁到達はシングルヒットで

早い選手でも4秒0。

 
 
一塁を膨らんで回る二塁打の場合は、4秒2がプロの俊足レベルになります。

 
 
それが、この日の彼は3秒98を記録しました。

 
穂徳学園の仲間たちも「あいつは凄すぎて異次元だ」と表現するほどです。

守備も異次元の守備力!!

 
彼の帽子のつばには「日本一のショート」と書いています。

 
 
彼の守備に注目してほしいのですが、彼の守備位置は普通の遊撃手より

3メートルほど後ろに守ります。

 
この位置で守る選手はプロでも少ないんです。

 
 
ジーター(元ヤンキース)やマチャド(ドジャース)の位置に近いです。

 
 
肩に自信があるからできる守備位置で、この守備位置で守る事により

ヒットゾーンを狭められるんです。

 
 
多分、ショートのおける守備は高校生のトップレベルというより、プロの

1軍で試合に出ている選手よりうまいと評価されています。

 
 
間違いなく、この秋のドラフトの1位になると皆が思っています。

 

バッティングにも非凡な才能が!!

 
彼が凄いのは、けっして足と守備が凄いだけではないんです。

 
 
バッティングも魅力的です。

 


 
兵庫大会の滝川二高戦では、高校通算37号のホームランを放ちました。

 
 
両翼100メートル、中堅120メートルの姫路球場のバックスクリーン直撃弾でした。

 
 
県の高野連関係者は、

 
高校生でバックスクリーンに飛ばした選手は見たことがありません

 
と、舌を巻いていたそうです。

 
この後の、甲子園でも驚きのバッティングが見れるかもしれないですね。

 
 

実は、家族も異次元のアスリートだったんです!!

 
 
彼の並外れた身体能力の秘密は家族にありました。

 
 
彼の母 こずえさんは、L・リーグ(現なでしこリーグ)の旭国際バニーズ
現バニーズ京都SC)でプレーした元女子サッカー選手でした。

 
 
生後間もない海斗君にサッカー選手になる夢を託すも、サッカーボールには興味を

示さないで、9カ月からキャッチボールをしていたそうです。

 
 
父の浩己さんは、走り幅跳びの元選手でした。

 
 
そして祖父の 義光さんは社会人野球の東洋高圧大牟田で前巨人監督
原辰徳氏の父、貢さんとプレーしていたんです。

 
 
アスリートのDNAは脈々と受け継がれているんですね。

 

プロ野球球団の評価は?

 
彼の評価を各球団は下記のように評価しています。

 
・西武渡辺SD  :彼が打って走るとスタンドも沸くよね。ショートとしての能力が

高く、将来が楽しみ。立浪のように1年目から出られる可能性がある。

広角に打てるし、走攻守トータルでレベルが高い。間違いなく上位候補

 
・日本ハム 大渕スカウト部長

:  力強さ、スピードが出てきた。バットの当てるのが上手い。

躍動感が出てきて、成長を感じる。

 
・ロッテ永野チーフスカウト

: オーバーランで4秒切るのは凄い。ガツガツ地面を掴んで走る。

うちの荻野タイプ

 
・オリックス長村球団本部長

: 足も方も全て文句なし。走攻守全てにおいてトップランク。

アマ野球NO.1のシュート。即戦力に近いと思う。

 
・楽天長島スカウト部長 :今年の高校生の中でも特に、すぐプロで

レギュラー争いできる選手

 
・広島蛸師スカウト : ワンプレーごとに精度が高くセンスに溢れている。

大舞台に強いのもいい。上位指名の一人

 
・巨人岡崎スカウト部長 : 下半身の粘りが出てきて、広角に打てるようになってきた。

守備はトップランクですね

 
・ヤクルト伊東編成部長 : いい遊撃手は皆欲しいところ。今年に入ってまた評価を

上げている。1位じゃないと取れない。

 
・DeNA八馬スカウト :3拍子揃った選手の中でも高いレベル。身体は強いし、

躍動感がある。スピードに馬力もある。

 
 
すべてのスカウト陣が最高の評価をしていますね。

 
 

昔の盟友と同じグローブで激突するか?

 
 
小園海斗選手と、大阪桐蔭高校の藤原恭大選手は中学時代は枚方ボーイズにて

互いに野球を励んだ仲間でした。

 
高校は離れましたが、まだ一度も対戦はありません。

 
 
この甲子園の100回の記念大会で激突するのか周りは注目していますが、

二人はこの最後の夏に向けて、お互い同じ赤のグローブを新調したそうです。

 
 
子のグローブはミズノ社製の「グローバルエリート」です。

 
 
定価でおよそ5万円くらいで、このグローブを付けて相まみえる時が

来るんでしょうか。

 
 

最後に!!

 
 
記念すべき甲子園の100回大会で多くの高校球児がしのぎを削っている中、

異次元と言われる小園君は深紅の優勝旗を手にする事が出来るんでしょうか?

 
 
そしてその後には、ドラフトでどこに行くのか?

 
 
まだまだ目が離せません。

 


スポンサードリンク

コメント