スポンサードリンク

NHK受信料は合憲!お金払って見たいですか?契約者増に物申す!

国内
 
こんにちは、ジョーです。

 
先日、最高裁でNHK受信料の支払いは義務であると判断されました。

そのおかげ(?)で、今年度の新規契約が62万件にも達するそうです。

 
一カ月に約¥1,500!

 
安いのか、高いのか?

 
 
スポンサードリンク



 

皆さんは家でテレビをご覧になられると思うのですが、何をみます?

 
家族の構成で見る時間も番組も違いませんか?

 
最近のテレビ事情ではありませんが、なかなか家族の団らんの、

いや、そもそも団らん自体が減ってきている今の時代に

その中心をテレビが担うことなどありえないんじゃないでしょうか?

 
若者は、各自が自分の部屋にテレビがあってもスマホで自分の好きな

コンテンツ番組を見る、ゲームをする、と言う風に楽しみ方が変化しています。

 
ケーブルテレビやインターネットの番組が充実して、自分の見たい番組は

お金を払って見ることには慣れてきました。

 
そんな時代の中で国営放送という名目で受信料は観ても観なくても義務である。

少し、この最高裁判決には無理があるように思えるんですけどね。

 
確かにチャンネル数が少ない田舎や離島、あるいは有料コンテンツと契約できない

お年寄りや情弱な方たちにはNHKは楽しみかもしれないですね。

 
しかしごく一般の家庭にとってわざわざお金を払ってまでNHKみたいんでしょうか?

 
確かに良い番組をたくさん作っていますし、魅力ある内容も沢山あります。

お金がかかってるものわかります。

でも、国や最高裁がよってたかって払え、払えっていうのもなんだかねえ。

 
 


生活保護受給者や年金暮らしのお歳より等の免除があるのなら、見たくない人

絶対見ない人なども申告制にでもして免除すべきです。

今の技術なら見る、見ないを見える見えないにする方法はどうにでもなるでしょう。

 
また、番組制作の予算の関係でどうしても受信料を徴収しないといけない

理由もあるでしょうが、それなら民放に全て任せたらどうでしょう。

 
国が国費を使って国民の娯楽番組を制作する時代はもう終わって

良いと思いますし、まして改めて国民からお金を徴収してまで

作らないといけない番組があるとも思えません。

 
そう考えるとやはり一度手に入れた利権やシステムは手放せない、

そこに集まる人や意識には人々の想いや考えを排除してでも

貫くという集団の本質が見えるような気がします。

 
こういう利権を守るような判決と法律が普通に暮らしている人を

罪人にしてしまうのかもしれません。

 
新規契約の増加はやはり罪人にはなりたくないという普通の人の

心境で、そこに付け込んだような事はしてほしくないですね。

 
 


スポンサードリンク

コメント