山根明wiki経歴は韓国人?村田諒太や反社会的人物との関係は?

スポーツ
 
 
こんにちは、ジョーです。

 
 
上の写真の方が今、世間をにぎわせていますね。

 
 
決して反社会的な方ではなく、日本ボクシング連盟終身会長の 山根明さんです。

 
 
今回はこの方の事をお話ししていきます。

 
 
後半に、山根会長が出演されたテレビ動画もありますのでそちらもお楽しみください。

 
(反社会的人物との深い交際についての新事実を追記させて頂いてます。8/5)

スポンサードリンク


 
 
 
スポンサードリンク

プロフィール!!

 
 
本名    :  山根明 (やまね あきら

出身地   :  大阪府堺市

生年月日  :  1939年 10月 12日

役職    :  日本ボクシング連盟終身会長

肩書    :  日本大学客員教授、アジアボクシング連盟常任理事、

ボクシング強化委員会委員長、ナショナルチーム監督

携帯着信  :  ゴッドファーザー愛のテーマ



 
 
山根さんは、アマチュアボクシング日本代表監督を19年勤めました。

 
 
その後は、1994年から2002年の8年間AIBA(国際ボクシング連盟)常任理事に

就任し、日本アマチュアボクシング連盟副会長に就任、2011年に

日本ボクシング連盟会長に就きました。

 
 
現在は、良いうわさの無い彼ですが、これまでにはいろいろな功績も残しています。

 
 
長年、オリンピックでメダルを獲れなかったアマチュアボクシング界でしたが、

2011年に会長に就いた彼は、アマチュアボクシング界の改革として、

 
・プロボクサーのアマ復帰を許可
・プロボクサーとの交流を解禁
・国際試合への選手派遣の積極化
・国際大会への出場権を選考会で選出
・公式WEBサイトを制作し情報を開示
 
などがあります。

 
 
これらの改革により、翌2012年ロンドンオリンピックにて、

 
バンタム級:清水聡 銅メダル
ミドル級 :村田諒太 金メダル
 
と、2人の日本人メダリストが誕生しました。

 
 
もちろん、2人の努力があってこそのメダル獲得ですが、山根会長の

改革があったことも無視できないと思われます。

 
 

山根会長は韓国人?

 
 
山根会長は韓国人ではないかとの噂があります。

 
 
このことを調べてみましたところ、山根会長は韓国の釜山市出身

韓国人としての本名は 文甲明 です。

 
 
1980年に帰化して、本名の文甲明の「明」の一文字を取り

山根 明 としたようです。

 
 
山根会長が韓国人であることを示す記事もありました。

 
 
2018年ジャカルタ・パレンバンアジア競技大会を控えた日本ボクシングが、

 
在日同胞出身会長の横領及び審判判定疑惑が浮上して驚いた。

 
日本ボクシングを率いるのが在日同胞出身である山根明会長(79)だ。

 
1990年代に日本ボクシング連盟賞罰委員長を務めるなど日本ボクシングに

 
大きな影響力を発揮してきた山根会長は、釜山に兄弟がいる。

 
世界チャンピオンを育成するエリートボクシングと、生活体育の底辺拡大に

 
貢献し、日本ボクシングを一次元引き上げたという評価を受けている。

 
最近、オリンピックとユースオリンピックで日本男女選手が表彰台に

 
上がる姿をよく見る事が出来る。

 
特に2011年から男女国家代表チームを率いて韓国で転地訓練を行い

 
韓日ボクシングパートナーの道を取りまとめてきた。

 
生活状況の良くない韓国ボクサーが小銭を集めて日本に

 
転地訓練に来れば、食事と寝床を用意するなど子どものように扱った。

 
 
引用 :  特定アジアニュース

原文 :  スポーツソウル(韓国語表記)

 
山根会長の祖国、韓国もはっきりと山根会長の事を韓国人の同朋である

認めていますね。

 
 
日本代表チームの合宿を韓国でしたり、韓国人選手が日本にやってきた時には

面倒を看たりと、やはり気持ちは韓国寄りになってるみたいですね。

 
 

金メダリスト村田諒太との関係は?

 
 
山根会長は様々な不正が明らかになりつつあります。

 
 
奈良県の選手びいきの『奈良判定』と言われる審判への圧力や、グローブの独占販売

その売り上げを孫の口座に振り込ませるといった、信じがたいことなどです。

 
 
中でも大きな話題になっているのが、2016年リオデジャネイロオリンピックの

ボクシングでライト級で出場した、成松大介選手(28)=自衛隊=
に対してJSCが15年度に交付した助成金240万円が、日本連盟の指示で

3等分され他の2選手と80万円ずつ渡されたという不正流用の疑いが出てきました。

 
 
このことに対して村田諒太選手がFacebookにて徹底抗議のコメントを残しました。

 
成松、大変な思いをしていると思います。

 
選手の事を考えたら、こんなことは絶対にありえない。

 
彼の練習やキャリアに影響が出ないことを願うばかりです。

 
そして、そろそろ潔く辞めましょう。

 
悪しき古き人間たち、

 
もうそういう時代じゃありません。

 
新しい世代に対して、これ以上、自分たちの顔に

 
泥を塗り続ける事は避けるべきです。

 
 
この言葉を受けて、山根会長は先日の「スッキリ」のテレビ出演時に

村田選手の事を話しました。

 
 
動画の前半で話されています。

 
 


 
この方は、喋れば喋るほどにボロが出てしまうタイプですね。

 
 
そして、読売テレビの「ミヤネ屋」のインタビューではこんなことも話しました。

 


 
驚きですね!

 
 
奈良判定」は否定されても、オリンピックでは「カリスマ山根判定」が

村田選手の有利とされることを公言してしまいましたね。

 
 
こんなことを言われてしまったら、奈良県の選手や村田選手が気の毒に思ってしまいます。

 
 
 

反社会的人物との付き合いは?

 
 
最初の動画の方では、グローブの独占販売などの釈明をされていましたが、最後の最後に

テレビでは行ってはいけないような凄い事を喋っちゃってましたね。

 
 
「もう一つ申し上げたいことは、なぜテレビの生(番組)に出たかと。理由があります。

 
昨日? おとといですね。元暴力団森田組組長が私の知人を朝方の1時頃に呼んでは

 
『話は山根に言っとけ』と。『3日以内に引退しないと、山根の過去をばらすぞ』と

 
脅迫を受けました。だから僕は立ち上がったんです。」

 
 
と明かしました。

 
 
森田組山口組系で、大阪市内に本部を置く暴力団でしたが、2007年に解散したようです。

 
 
この件を受けて、2018年8月3日の毎日新聞は、日本ボクシング連盟の山根明会長と

暴力団との交際があったと報じました。

 
 
大阪の山口組系組長の話として、組長が20代の頃から付き合いがあり、

交際は50年以上続いたと言います。

 
 
しかし、数年前にやめたそうです。

 
 
スポーツライターの 小林信也さんは新たな疑惑噴出に

 
スポーツ界では明確に禁じられていることを

 
と驚きをみせました。

 
 
また、玉川徹(テレビ朝日解説委員)も

 
大阪府の暴力団排除条例では、反社会的勢力と飲食や旅行を共にする
 
関係にあった人も、暴力団関係者と認定されます

 
としています。

 
 

追記!

 
 
8月5日、午前7時半の「報道プライムサンデー」において、山根会長の

疑惑の特集が放送されました。

 
 
その中で、山根会長の過去を知る山口組系暴力団の元組長に直撃取材をしていました。

 
 
現在は堅気になっているという男性は、自宅でのインタビューに応じ、

 
 
あれは78歳か。わしも今年で80歳。わしの心の中では弟みたいな関係

 
 
と明かしました。 さらに、

 
 
彼と俺とは20代のころやから、かれこれ50年になるわけや。」

 
 
と長い付き合いを明かし、山根会長はどのような男かとの質問に、

 
 
元は、ヤクザや。17~19歳とわしの下で6,7年間ヤクザして

 
 
と明かしました。

 
 
しかし、正式な構成員では無いとしたうえで、

 
3年前までは1週間にいっぺんかここに来るわけよ。飯食って世間話して
連盟の話聞いたり

 
 
などど明かし、現在の関係を聞いたところ、

 
 
山根と絶縁して3年になる。天狗になってもうてな。ある日、突然、わしに
失礼なことがあったんや。

 
 
このままでいくとみっともないし、オレ個人としても辞めてスッキリしてもらわないと。
そしたら脅迫されたと

 
と話しました。

 
 
つまり、この元暴力団組長は、山根会長がテレビ出演時に脅迫されたとした

森田組の組長その人のようですね。

 
 
この証言を山根会長に聞くと、

 
 
弟みたいな関係?間違いありません。しかし、むこうの私がヤクザというのなら
しゃあないですけど、僕は違います。盃も何も貰ってません

 
と反論していました。

 
 
そして、会長就任後もこの男性と交際していたことについては、

 
 
まずいことはありません。昔から何十年前からの関係ですから。
お茶くらい飲んでます。アルコールも飲んでます。

 
 
この関係が問題ないとの認識か、との質問に

 
 
いち人間としてであって。あの人の力を借りてどうのこうの一切、
してませんから。金銭問題にしろいろんな儲け話も一切タッチしてませんから。
はっきり言って貧乏しています。

 
 
と反論し、

 
 
3年前にももめて僕に脅しをかけてきた。それでケンカになりました

 
 
と明かしました。

 
 
本当に驚きましたね。

 
 
アマチュアの団体のトップに立つ方がこんな認識でいてることが凄いですね。

 
 
ここまでぶっちゃけてしまったら、もう会長職は続けるのは難しいでしょう。

 

最後に!!

 
釈明の為にテレビに出演されたはずなのに、ますます疑惑が深まってしまいましたね。

 
 
当分は、山根会長から目が離せなくなりました。

 
こちらもご覧ください

山根明の奈良判定や助成金流用とは?成松選手への強要理事は愛人?
こんにちは、ジョーです。 テレビに出演し、疑惑の釈明をすればするほど自分自身を窮地に追い込んでいる 山根 明会長の疑惑について詳しくお話しさせていただきます。 なお、山根会長...
スポンサードリンク

コメント