スポンサードリンク

ston(吸うカフェイン)の効果や副作用は?購入方法や口コミも調査!

グッズ
 
JTの子会社BREATHERから新商品を発売したとの発表がありました。

 
 
 
その名も「ston(ストン)」

 
 
 
たばこの新商品かと思いきや、吸うカフェインとのこと。

 
 
 
コーヒーやエナジードリンクの代わりに、

 
眠い時や疲れが溜まっているときにこのstonを吸うことによって、

 
手軽にいつでもカフェインを摂取できるという画期的な機械です。

 
 
 
今回は、ston(吸うカフェイン)の効果や副作用は?

 
 
 
購入方法や口コミも調査!

 
 
 
などについてまとめてみます。

 
 
スポンサードリンク




スポンサードリンク

ston(吸うカフェイン)の効果とはどのようなもの?

吸うカフェインであるstonを使用したいと考えている方は

 
stonには効果があるのかというのが気になりますよね。

 
 
 
結論から言いますが、効果はあります!
 
 
 
コーヒーやエナジードリンクなんかを眠気覚ましに飲んだ場合、

 
身体に吸収されるまでに時間が掛かります。

 
 
 
ですが、吸うカフェインのstonを使用するとタバコと同じように気体として
 
カフェインを摂取できるのでより早く身体に吸収されるんです。
 
 
 
つまり、今まで眠気覚ましとして使用されていたコーヒーやエナジードリンク、

 
ガムよりも吸うカフェインであるstonの方が眠気覚ましにより効果があるということになります。
 
 

吸うカフェインをおすすめしたい人とは?

 
吸うカフェインをおすすめしたい人は、仕事が忙しいビジネスパーソンと書かれています。
 
 
 
基本的には大人向けに開発されたもののようですね。

 
 
 
BREATHERは「stonはビジネスパーソンの休みの質を改善するために開発した」と話します。

 
 
 
「働き方改革で多くのビジネスパーソンが『時短』を求められているが、

 
単に時間を短くするだけでは意味がない。

 
休みの質を改善する必要がある。
 
ビジネスパーソンはもちろん、幅広い層に利用してもらいたい」(同社)

 
 
 
最近は禁煙の場所が増えているのでタバコは吸う場所を探すのも大変です。

 
 
 
吸うカフェインなら仕事が忙しいときでもその場で気分転換ができるので助かりますね。

 
 

スポンサードリンク


ston(吸うカフェイン)の身体への悪影響や副作用は無いの?

https://twitter.com/Kiss_NJL/status/1202460475423739904
吸うカフェインstonを使いたいと思っていても特に気になるのは健康への悪影響ですよね。

 
 
 
もしかしたら「タバコと同じように健康への悪影響があるのではないか?」と心配になりますよね。

 
 
 
ですが、吸うカフェインstonはタバコとは違い健康への悪影響はなさそうです。
 
 
 
ただし、カフェインを取りすぎると「カフェイン中毒」になる可能性や

 
夜に眠れなくなる可能性はあります。

 
 
 
ただ、これはあくまでカフェインを取り過ぎた場合の悪影響になります。

 
 
 
眠気を取りたい時に少し使用する程度であればタバコのように健康に悪影響はないです。

 
 
 
安全性にはとくに配慮したとのこと。
 
 
 
stonの蒸気に含まれる物質を分析し、すべて基準値を下回ることを確認。

 
 
 
カフェインの摂取量についても、

 
先進国で最も厳しいといわれる英国食品基準庁(FSA)の基準を用いて検証しました。

 
 
 
「カフェインは、経口摂取の場合で(最も基準の厳しい)妊娠した女性は

 
1日200ミリグラム以下とされています。接種法の違いを考慮しても、

 
stonでこの量に達するには1日に1000回も吸引することになります」。

 
 



スポンサードリンク


ston(吸うカフェイン)の購入方法や口コミも調査!

日本たばこ産業(JT)グループのBREATHER(ブリーザー、東京)は3日、

 
集中力を高める効果があるとされるカフェインを蒸気にして吸う

 
電子機器「ston(ストン)」を発売しました。

 
 
 
仕事の休憩時間に気分転換や眠気覚ましとして使うことを想定しています。
 
 
 
電子たばこのように筒状のカートリッジに入ったカフェイン入りの液体を熱で気化させ、

 
その蒸気を吸う仕組み。

 
 
 
1本で約250回吸えるカートリッジ(3本入り1980円)は、カフェイン入りと、

 
アミノ酸の一種でリラックス効果があるとされるGABA(ギャバ)入りの2種類。

 
 
 
機器本体は6600円で、ともにインターネットを通じて販売。

 
 
 
stonの本体価格は6,000円(税別)です。

 
 
 
カートリッジが各1,800円(税別)で、1カートリッジあたり、約250回の吸引が可能とのこと。

 
 
 
購入方法ですが、オンライン販売が12月3日より開始されました。

 
 
 
販売している会社はBREATHER(東京都港区)です。

 
 
 
Amazon.co.jpの限定販売となります。
 
 
 
しかし「吸うカフェイン」のston はすでに売り切れになっているそうで人気の高さが伺えますね。

 
 
 
口コミは以下の通りです。

 
https://twitter.com/Wclover_y36y/status/1202227709771841536

今回のまとめ

 
今回は、ston(吸うカフェイン)の効果や副作用は?

 
 
 
購入方法や口コミも調査!

 
 
 
などについて見てきました。

 
 
 
JTグループのBREATHERが

 
吸うカフェイン「ston」を発売してすでに完売しているというので驚きです。

 
 
 
吸うカフェインとは液体を蒸気に変えて吸う仕組みになっています。

 
 
 
コーヒーなどの液体より簡単に短時間でカフェインを摂ることができるのが特徴。

 
 
 
世界では以前からイーグルエナジーという吸うカフェイン発売されていて、口コミは上々のようです。

 
 
 
ただ、コーヒーでも同じことですがカフェインの摂り過ぎは控えたいもの。

 
 
 
吸うカフェインを使うときは吸い過ぎに注意ですね。

 
 


スポンサードリンク

コメント