スポンサードリンク

ラウェイ王者の金子大輝の経歴やwikiプロフは?ラウェイって何?

スポーツ
 
あなたは「ラウェイ」という格闘技をご存知ですか?

 
 
 
ミャンマーで行なわれている格闘技で「グロブーブなし」「頭突きあり」「金的あり」という

 
過酷さで「世界一過激な格闘技」とも言われています。

 
 
 
そんな「ラウェイ」で王者となったのが金子大輝さんという方です。

 
 
 
今回は、ラウェイ王者の金子大輝の経歴やwikiプロフは?

 
 
 
ラウェイって何?

 
 
 
についてまとめてみました。

 
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

ラウェイ王者の金子大輝の経歴!

https://twitter.com/k1wgp_pr/status/1192482673547038721
金子大輝さんは両親の影響で小学校からやっていた体操に生活の全てをかけるくらい、

 
体操に没頭していたようです。

 
 
 
しかし、高校三年生の時に酷使してきた左肩に激痛が走って体操を続けられなくなります。

 
 
 
将来は体操選手として活動していこうと思っていた金子大輝さんにとって

 
「何をすれば良いのか、自分でも分からなくなった」と語っているほど、

 
この時はショックだったようです。

 
 
 
そんな時に夢中になったのが、格闘技マンガ「グラップラー刃牙(ばき)」だったんだとか。
 
 
 
このマンガと言えば、主人公の「範馬刃牙」や「範馬勇次郎」などが
 
世界一強い男になるべく戦いを続ける大人気格闘技マンガです。
 
 
 
このマンガを読んで格闘技に興味をもった金子大輝さんは、

 
格闘技ジムの門を叩いて格闘技を始めます。

 
 
 
そこから金子大輝さんの格闘技人生が始まり、

 
今では「ラウェイ」のチャンピオンになるほどの実力者に。
 
 
 
このことを考えると金子大輝さんの原点は

 
「グラップラー刃牙(ばき)」と言っても過言ではないですね。

 
 
 
あと、もう一つ金子大輝さんの原点と呼べるものが、

 
アルバイトをしていた営業後のラーメン店での「深夜特訓」でしょう。

 
 
 
日本で金子大輝さんを鍛えてくれた師匠のような存在が元プロボクサーの関根悟史さんという方です。

 
 
 
この方は交通事故でボクシングを続けられなくなり、さいたま市でラーメン店を営んでいました。

 
 
 
金子大輝さんは関根悟史さんのラーメン屋で昼間はアルバイトをして、

 
深夜には店の2階の一室で、関根さんから特訓を受けていたようです。

 
 
 
また、ラウェイはとても危険な格闘技で日本にはあまり選手がいないそうです。
 
 
 
なので、金子大輝さんは実戦練習ができなくて困っていたんだとか。

 
 
 
そこで、師匠である関根悟史さんが提案したのが「町のやんちゃな若者たちを集め、

 
そのパンチを受けてみる」という練習方法です。

 
 

スポンサードリンク


ミャンマーラウェイ王者の金子大輝wikiプロフは?

https://twitter.com/takezou5351/status/983357655262445568
名前 金子大輝(かねこだいき)

出身 埼玉県

生年月日 1994年3月28日

年齢 23歳(2018年現在)

身長 173cm

 
 
 
主な経歴 ラウェイ王者

 
 
 
学歴は?出身高校や大学はどこ?

 
 
 
金子大輝さんの出身高校や大学について調べてみたのですが、

 
今のところ情報がなくてわかりませんでした。

 
 
 
出身が埼玉県ということなので、埼玉県にある高校や大学に通っていたとは思うのですが。

 
 
 
あと、小学校から体操をやっていたようで、体操選手を目指すほどの実力者だったみたいです。

 
 
 
両親が体操選手だった影響なんだとか。

 
 
 
このことを考えると、埼玉県内の体操が強い高校や、

 
大学では東京などの体操が強い大学に通っていたかもしれませんね。

 
 



スポンサードリンク


世界で一番過激な格闘技ラウェイって何?

https://twitter.com/Shwe_KO_Lethwei/status/1198870621381222406
タイのムエタイに類似しているものの、ムエタイとの大きな差異として、
 
拳にはグローブを着用せずバンテージのみを巻き、頭突き攻撃、
 
金的攻撃(故意では無い場合のみ)が認められる点が挙げられます。
 
 
 
タイでも時折この形式の試合が行われるが、

 
タイの場合はバンデージの代わりに縄を厚く巻いて代用されます。

 
 
 
ミャンマーで現在行われている古式拳闘は全てこの形式です。

 
 
 
尾崎允実により「地上で最も過激な格闘技」「地球上で最も危険な格闘技」と称されました。
 
 
 
一方で神事に近い性格を持ち、選手は試合とその前後だけでなく、

 
日常においても礼節を強く求められます。

 
 
 
対戦相手に攻撃的な言葉を浴びせたり罵ったりすると資格を剥奪されます。

 
 
 
試合前はリングの祭壇に舞踊を捧げ、ファイト中も伝統音楽が奏でられます。

 
 
 
およそ1000年の歴史があると伝えられています。

 
 
 
以下は2016年10月の後楽園ホール大会でのルールに基づきます。

 
 
 
ムエタイに頭突きをプラスし、

 
グローブをせずバンデージのみを巻いた拳で行われ、故意ではない金的も有効打。

 
 
 
基本的に絞め技(2016年8月のルール改定で禁止)以外の全ての技が認められます。

 
 
 
試合は原則3分5R制(インターバル2分)で、判定がなくノックアウト勝ちしか認められません。

 
 
 
1ラウンド3回もしくは1試合で通算4回のダウンでテクニカルノックアウト負けとなります。

 
 
 
1~4Rまでの間は、選手またはセコンドからレフェリーに要請することで、

 
1回のみ試合中に2分間の「タイム」が取れます(タイムはダウン1回として数えます)。

 
 
 
ダウン中のタイムも認められ、その場合ダウン数の重複カウントはしません。

 
 
 
試合中の流血・怪我等によるレフェリーストップ・ドクターストップもあります。

 
 
 
ダウンカウントは選手がダウンしてから2秒後に開始され、

 
ダウンカウント自体も通常の1秒では無く2秒。

 
 
 
つまりノックアウトには、ムエタイやキックボクシングの10秒の倍となる20秒が必要となります。

 
 
 
ムエタイやキックボクシング等と違いチャンピオンという定義は無く、

 
試合後に勝利者へチャンピオンベルトの様な物が渡される事があるが、

 
勝利者賞としての意味以上のものでは無いそうです。

 
 
 
ランキング制度も無いそう。

 
 
 
かつては「ゴールデンベルト大会」が各階級の強豪選手が集い争うトーナメントであったが、

 
近年はファイトマネーや政治的問題、判定決着によるジム側や観客側の不信感等があり、

 
強豪選手が出場を避ける様になり、この大会の勝者はかつての価値を持たない状況にあります。

 
 

今回のまとめ

 
今回は、ラウェイ王者の金子大輝の経歴やwikiプロフは?

 
 
 
ラウェイって何?

 
 
 
などについて見てきました。

 
 
 
まだまだ、日本での知名度は低いかもしれませんが、

 
日本のテレビで金子大輝選手を見れることを楽しみにしたいですね。

 
 


スポンサードリンク

コメント