スポンサードリンク

中西麻耶は可愛いが経歴が凄い!結婚してないのに娘がいるって本当?

スポーツ
 
女子走り幅跳びで2020東京パラリンピック出場内定を獲得しました。
 
 
 
中西麻耶選手が話題となっています。

 
 
 
代表選考を兼ねた世界選手権で5m37cmを跳び金メダル獲得をされました。

 
 
 
さて中西麻耶選手はアスリートとしてはもちろん注目なのですが、美貌にも注目が集まっています。

 
 
 
今回は、中西麻耶は可愛いが経歴が凄い!

 
 
 
結婚してないのに娘がいるって本当?

 
 
 
などについてまとめてみます。

 
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

中西麻耶は可愛いが経歴が凄い!

とってもカッコいい!と男女問わず人気がある中西麻耶さん。

 
 
 
プロフィールや経歴なども見ていきます。

 
 

中西麻耶のwikiプロフィール!

 
名前:中西麻耶(なかにしまや)

生年月日:1985年6月3日

出身:大分県由布市

所属:JEB ENTERTAINMENT

 
 
 
2012年-ロンドンパラリンピック出場

2016年-リオデジャネイロパラリンピック出場(走り幅跳び4位入賞)

2017年-ロンドン世界陸上出場(走り幅跳び3位銅メダル)

2018年-ジャカルタアジアパラ大会(走り幅跳び1位金メダル)

日本記録・アジア記録保持者-5m51cm

 
 

中西麻耶の高校はどこ!?

 
大分県出身の中西麻耶選手は別府市にある明豊高等学校出身です。

 
 
 
明豊高等学校は私立の共学校で、偏差値は43-53となっています。

 
 
 
こちらの高校はソフトテニスの強豪校として知られています。

 
 
 
実は、中西麻耶選手は元々はソフトテニスの選手だったのです。

 
 
 
インターハイや国体に出場するなど輝かしい実績を残されていました。

 
 
 
高校卒業後は2008年の大分国体を目指しており、
 
競技を続けるために働きながら体力も維持できる職業に就くことに。
 
 
 
その職業というのが塗装工でした。

 
 
 
経歴
 
1985年6月3日生まれ

陸上アスリート(パラリンピック3大会出場)

高校時代にソフトテニスでインターハイ出場

2006年勤務先の事故で右膝から下を切断

 
 
 
2007年から陸上をはじめます。

 
 
 
陸上への転向直後に100m、200mで当時の日本記録を樹立。

 
 
 
2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロとパラリンピック3大会連続出場

 
2016年には走り幅跳びでアジア記録・日本記録を3度更新

 
1984年ロサンゼルスオリンピック三段跳金メダリストのアル・ジョイナーの元で研鑽を重ね、

 
現在は大分、広島にて「2020年パラリンピック」での金メダル獲得に向けトレーニング中。

 
 
 
記録
 
走り幅跳び5m51(世界ランキング4位・日本記録・アジア記録保持者)
2008年 北京パラリンピック出場 100m:6位入賞、200m:4位入賞

2012年 ロンドンパラリンピック出場

2016年 リオデジャネイロパラリンピック出場 走り幅跳び:4位入賞

2017年 世界パラ陸上ロンドン2017 走り幅跳び:銅メダル獲得

2018年 アジアパラ大会2018 走り幅跳び:金メダル獲得

2019年 世界パラ陸上 世界選手権 走り幅跳び 金メダル獲得(記録:5m37cm)

2020年東京パラリンピック出場内定

 
 

人生を変えた事故でも自分の意志で脚の切断を決意

 
2006年9月に悲劇はおきました。

 
 
 
ソフトテニスの国体代表を決める大会の2日前の出来事でした。
 
 
 
当時21歳の中西麻耶選手は普段と変わらず仕事をしていました。

 
 
 
工場内で作業中に突然5トンの重さの鉄骨が崩れ中西麻耶選手に直撃。

 
 
 
右足が潰れてしまったのです。

 
 
 
すぐに救急搬送され医師から伝えられた選択肢は…

 
切断するか?

 
接合するか?

 
の、2択でした。

 
 
 
接合すれば、もしかしたら健常者として生活できるかもしれない?

 
そんな希望もありました。

 
 
 
しかし中西麻耶選手が選んだのは切断でした。

 
 
 
理由はただ一つ。

 
 
 
「国体に間に合わせたい」からでした。
 
 
 
ご両親の猛反対も自分の意思を貫き切断することになったのでした。

 
 
 
しかし、義足に慣れないまま健常者と同じレベルで戦うというのは難しいと判断し、

 
リハビリに集中します。

 
 
 
またトレーニング方法を探しているうちに出会ったのが陸上競技だったのです。
 
 
 
義肢装具士の臼井二美男さんと出会い義足を製作してもらうい陸上競技を始めました。

 
 
 

高校卒業後の仕事は塗装工?

 
幼い頃から運動センス抜群で、中学から始めたソフトテニスで頭角を現わし、

 
高校総体や国体にも出場。

 
 
 
2004年の高校卒業後も2008年の大分国体を目指して競技を続け、

 
「肉体労働ならトレーニングになる」と塗装工となりました。
 
 
 
ところが2006年9月、悲劇が襲いました。

 
 
 
現場で作業中、重さ5トンの鉄骨が崩れ、彼女の右脚を押しつぶしたのです。

 
 
 
目標だった大分国体の県代表を決める重要な大会の2日前のこと。

 
 
 
「切断か、接合して様子をみるか」という救急病院の医師の診断に対し、

 
「先生、脚、切ってください」。

 
 
 
両親は猛反対したが、中西に迷いはなかったそうです。

 
 
 
「切って義足にしたほうが早く復帰できる」、そう思ったから。

 
 
 
必死のリハビリにより、半年ほどでプレーができるまでになりました。

 
 
 
ですが、義足でのプレーは輝いていた頃の自分とはほど遠い。

 
 
 
「障害者なんだから、頑張らなくていい」という周囲の言葉にも傷ついきました。

 
 
 
脚を失い、生きがいを失い、自分自身さえも失ってしまいそうだった中西。

 
 
 
彼女を救ったのが、「そのままの麻耶ちゃんでいいんだよ」という言葉。

 
 
 
中西の義足を手がけることになる義肢装具士・臼井二美男氏のひと言でした。

 
 
 
「そうだ。義足になっても、『中西麻耶』という人間は変わっていない」
 
 
 
臼井の勧めで陸上競技を始めると、「風を切って走るのって、気持ちいい」と、

 
本来の明るさと前向きさが戻りました。

 
 
 
一度、目標を定めると無我夢中に突っ走るのは真骨頂。

 
 
 
わずか半年で100メートルと200メートルの日本記録を更新しました。

 
 
 

義足や活動資金捻出のためセミヌードカレンダーを自費製作!

 
「競技用の義足は最低3つは欲しいのですが、1つにつき120万円もかかり、揃えるのが難しい。

 
資金難と闘う選手がたくさんいることを知ってほしかった」

 
 
 
週刊ポストにそう語るのは、ロンドン・パラリンピックへの出場、

 
メダルの獲得に挑む女子陸上短距離の中西麻耶さん。

 
 
 
鍛え上げられた肉体を披露し、セミヌードカレンダーとして自費制作しました。
 
 
 
活動資金を捻出するためです。

 
 
 
高校時代の中西さんはソフトテニスで全国大会に出場するほどの選手だったが、

 
21歳のときに仕事先で荷崩れした鉄骨に足を挟まれ、膝から下を切断。

 
 
 
しかし、アスリートとしての夢を捨てなかったのです。

 
 
 
2007年からはテニスと並行して陸上を始めます。

 
 
 
2008年の北京大会では100mで6位。

 
 
 
200mでも4位の成績を残します。

 
 
 
「着飾っているもの全てを失っても突き進むプロアスリートとしての強さを表現したかった」と

 
語る彼女は、拠点を米サンディエゴに移し練習を重ねます。

 
 
 
鍛え上げられた肉体美には、並々ならぬ矜持が宿っているのでしょう。

 
 
 

パラ陸上発展のためドラマ「陸王」に出演!

 
中西は同局を通じて

 
「このドラマは、何か自分に出来ることがあるんじゃないかと思ってもらえる作品だと思います。

 
私にとって『陸王』は、陸上の練習をしていて背中を押してもらえる存在です」と

 
コメントしました。

 
 
 
中西が演じる記者・島遥香は、
 
竹内涼真演じる実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人に取材を依頼する役どころ。
 
 
 
中西はドラマ初出演の感想を聞かれ

 
「ドラマは未知の世界だったので、どのように演技したらいいのか全て手探りで、

 
最初はどうしたらいいのか分かりませんでした」と振り返っていました。

 
 
 
中西は北京、ロンドン、リオデジャネイロと3大会連続でパラリンピックに出場。
 
 
 
2016年5月には第27回日本パラ陸上選手権に出場。

 
 
 
16年5月の第27回日本パラ陸上競技選手権では、

 
走り幅跳びで5メートル51センチで優勝し、自身の持つアジア記録・日本記録を更新。

 
 
 
パラリンピック、世界選手権を合わせて5度目の世界大会となった、

 
ロンドンでの世界パラ陸上選手権で初めて表彰台に上りました。

 
 
 
「陸王」は、老舗足袋業者「こはぜ屋」の社長・宮沢紘一(役所広司)が、

 
会社の存続をかけて足袋製造で培った技術を生かし“裸足感覚”を追求した

 
ランニグシューズ「陸王」を開発する物語。

 
 
 
自身、世界で活躍する陸上選手だけに、

 
陸上をテーマに描く「陸王」への出演を

 
「陸上選手としては、陸上にフォーカスされたドラマを作っていただけていることに

 
仲間とうれしいよねと話しますし、その一部に携われることは大変うれしく思っています」と

 
喜んでいました。

 
 
 
中西は2020年に東京オリンピック・パラリンピックが控えることを踏まえて

 
「2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて、

 
これからいろんな方が動くと思いますが、足袋と陸上は普通に考えたらイコールではないけれど、

 
足袋屋の角度から陸上に関われることを発見できたからこの作品があると思うんです」と

 
作品について語りました。

 
 

スポンサードリンク


中西麻耶は結婚してないのに娘がいるって本当?

実は中西選手には「娘」と呼んで大切にしている可愛い存在がいます。

 
 
 
結婚もしていないのに娘ってどういうこと?!

 
 
 
娘とは飼っているワンちゃんのこと
 
中西が「娘」と呼んでかわいがっているのは、ペットのワンちゃんの事でした。

 
 
 
やってはいけないことをしても「まあいっか」で許してしまう可愛さだそう。

 
 
 
結婚していないので娘はいない
 
その他にも色々と調べてみましたが、

 
ペットのワンちゃんを「娘」と呼んでることが分かった以外、

 
子どもがいるという情報はありませんでした。

 
 
 
結婚されていないので子どももいないということですね。

 
 
 
でも、こんなかわいい「娘」がいたらそれで満足になるかもしれません。

 
 
 
ただ、中西選手は結婚されたらお子さんを本当にかわいがる素敵なママになりそうですね。

 
 



スポンサードリンク


中西麻耶が2020東京オリンピック・パラリンピック代表に内定!

アラブ首長国連邦のドバイで行われているパラ陸上の世界選手権は11日、

 
女子走り幅跳び足に障害があるクラスの決勝が行われ、

 
中西麻耶選手が今シーズンのベスト記録で金メダルを獲得し、

 
来年の東京パラリンピックの代表に内定しました。

 
 
 
パラ陸上の世界選手権は来年の東京パラリンピックの出場枠がかかる大会で、

 
日本選手は各種目で4位以内に入ると来年の東京パラリンピックの代表に内定します。

 
 
 
大会5日目の11日は女子走り幅跳び足に障害があるクラスの決勝が行われ、

 
パラリンピックに3大会連続で出場した中西麻耶選手と高桑早生選手が出場しました。

 
 
 
中西選手は1回目に今シーズンの自己ベストとなる5メートル10センチをマークすると、

 
さらに記録を伸ばし、迎えた最後の6回目で5メートル37センチをマークしてトップに立ち、

 
金メダルを獲得しました。

 
 
 
中西選手は来年の東京パラリンピックの代表に内定です。
 
 
 
高桑選手は5メートル4センチで6位となり、今回は代表内定はなりませんでした。

 
 
 
中西「なりたい自分に近づけている」
 
中西選手は「今回のメダルは本当に大きいし、

 
あれだけのプレッシャーの中で最後に最高のジャンプができたのは、

 
なかなか自分を褒めない自分でもしっかり褒めることができる」と喜びを語りました。

 
 
 
今シーズン結果が出ていなかったことについて

 
「けがに悩まされて、もしかしたらだめかもしれないと思う時期もたくさん過ごした。

 
私は悩んでいることや苦しんでいることを言えない立場なので孤独も感じたが、

 
東京パラリンピックではこれ以上のプレッシャーと戦わないといけない。

 
そろそろ自分も光を浴びたい、

 
みんなに信用してもらえるアスリートになりたいと思ってあがいた1年だった」と振り返りました。

 
 
 
そのうえで東京パラリンピックに向けて「今回の勝負の勝ち方を見てもらって、

 
2020年の東京で中西麻耶が何かやってくれるんじゃないかという目線で見てもらえたらと思う。

 
なりたい自分に近づけているということを支えに頑張りたい」と話していました。

 
 
 
3大会連続でパラ出場
 
中西選手は大分県由布市出身の34歳。

 
 
 
21歳のときに仕事中の事故で右足を失いました。

 
 
 
2007年から陸上を始め、パラリンピックには2008年の北京大会から3大会連続で出場しています。

 
 
 
走り幅跳びではスピードのある助走と柔軟性を生かしたダイナミックな跳躍で

 
リオデジャネイロパラリンピックで4位に入り、

 
おととしの世界選手権では銅メダルを獲得しました。

 
 
 
去年のアジアパラ大会で金メダルを獲得し、

 
東京パラリンピックでは自身初のメダル獲得を目指しています。

 
 
 
荒川コーチ「頑張りを褒めたい」
 
中西選手の指導にあたっている荒川大輔コーチは

 
「最近は踏み切りと助走がかみ合っていなかったのでそのバランスを整えていった。

 
きょうは試合前の練習でも状態がよさそうだったから実力どおりならいい記録を出せると思っていた。

 
プレッシャーのかかる最後の1本であのパフォーマンスを出せるのはすごい。

 
彼女の頑張りを褒めたい」とたたえていました。

 
 

今回のまとめ

今回は、中西麻耶は可愛いが経歴が凄い!

 
 
 
結婚してないのに娘がいるって本当?

 
 
 
などについて、中西麻耶選手について調べてみました。

 
 
 
義足という辛い過去の事故も乗り越えて、

 
今こうやって輝いてる中西麻耶選手がとてもカッコイイなと思います。

 
 
 
2020年東京パラリンピックでの活躍を応援しています!

 
 


スポンサードリンク

コメント