スポンサードリンク

宮迫博之は芸能界を引退すべき?視聴者の嫌悪感の大きく復帰は無理?

お笑い
 
雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら、

 
お笑い芸人、そして所属事務所をも巻き込み、芸能界を揺るがした一連の“闇営業”問題。

 
 
 
10月22日の『日刊ゲンダイ』では、明石家さんま(64)が

 
ごく親しい関係者にあるパーティの招待状を送ったと報じています。

 
 
 
実は、さんまは宮迫が所属事務所からマネジメント契約を解除された当初から、

 
「自分のところで預かろうと思っている」と話しており、

 
今回の“パーティ”は、そのバックアップが形になったものだという。

 
 
 
今回は、宮迫博之は芸能界を引退すべき?

 
 
 
視聴者の嫌悪感の大きく復帰は無理?

 
 
 
についてまとめてみました。

 
 

スポンサードリンク


宮迫博之の復帰は早すぎる?「囲む会」のさんまの倫理観は昭和芸人?
特殊詐欺グループとの闇営業問題で今年7月に吉本興業から契約解消された雨上がり決死隊・宮迫博之(49)のために、明石家さんま(64)が呼び掛けた激励会「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」が、21日夜に都内のホテルで開催されました。

宮迫博之は引退しない?さんまと松本人志が助け船!今後はどうなる?
反社会的勢力との闇営業問題で19日に吉本興業から契約解消となった宮迫博之が20日、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮とともに都内で謝罪会見を行いました。今回は、宮迫博之は引退しない?さんまと松本人志が助け船!今後はどうなる?などの情報を調べてみました。

宮迫博之の年収やテレビのギャラは1本いくら?収入や出演料を調査!
7月20日に宮迫博之さんと田村亮さんが謝罪会見を開きました。宮迫博之の年収や一本のギャラはいくらなの?収入や出演料が気になる!そもそも闇営業する必要なんかない人ですよね?今回は、宮迫博之の年収やテレビのギャラは1本いくら?収入や出演料を調べてみました。


スポンサードリンク

宮迫博之に対しての視聴者の嫌悪感が大きいので復帰は無理?

宮迫博之を嫌う書き込みを見てみます。

 
 
 
宮迫って、不倫やら問題行動が多いし煮え切らない態度が嫌い

なんでテレビに出ているんだろう。

吉本って問題あった人でもずっと使うんだよね、タレント多いのになんでだろう。

 
 
 
宮迫本当に嫌い

宮迫は問題が多すぎるからここらで一度活動休止でもした方がいいんじゃない!

好感度なんて殆どないと思うよ。

 
 
 
SNSだけで謝罪
対応が信じられない
犯罪者との関わりがあるのに
こんな対応しかしないなんて
おかしいと思います
あまりにも誠意がなさすぎて

 
 
 
「今後どうなるか?見ものです」

 
「無かったことにするのでしょうか?」

 
 
 
宮迫がまず責任を感じているのであれば、自らが芸能界を引退してことの重要性を認識することを自覚してほしい。

まぁ宮迫のこれまでな行動を見れば、期待できないが…

 
 
 
他の参加芸人はラジオやSNSでの謝罪にとどまっており、
 
今回の入江の解雇や、過去に暴力団関係者との交際を理由に引退した島田紳助を挙げ、
 
「整合性が取れない」「他の参加者もクビにしろ」などとの批判がネット上で噴出することに。
 
 
 
特に、宮迫はツイッターに画像で投稿した謝罪文に〝切り抜き痕〟が見られ、

 
内容も《5年前のことで記憶が定かでない部分が多く》などと

 
苦しい釈明や不自然な点が多かったことから、

 
「もう辞めた方がいい」「見たくない」など、
 
引退を望む声が殺到する炎上状態と化してしまった。
 
 

スポンサードリンク


宮迫博之がテレビに出てきても笑えない?

反社会的組織への闇営業問題で、芸能活動を休止している、雨上がり決死隊・宮迫博之。

 
 
 
8月4日には、神奈川県茅ケ崎市で開かれたフラダンスイベントに、

 
ボランティアスタッフとして参加したよう。

 
 
 
「週刊新潮 2019年8月15・22日号」(新潮社)によると、

 
宮迫は記者の直撃を受けて

 
「いまは復帰とかは一切考えていなくて。でも引退はしていませんから」と答えたという。

 
 
 
この発言に対し、ネット上では「もう戻ってくんな!」「どうぞ引退してください」と、
 
批判的な声が上がっています。
 
 
 
闇営業問題により、宮迫を含む13人の吉本興業所属芸人が“謹慎処分”を受けていたが、

 
くまだまさし、スリムクラブ、ガリットチュウ・福島義成ら11人は、19日付けで活動を再開。

 
 
 
東京・新宿の劇場「ルミネtheよしもと」のステージに立ち、早速ネタを披露しました。
 
 
 
「問題発覚当初、宮迫は反社会的組織から『金銭は受け取っていない』と主張。

 
しかしその後、これが嘘だったとわかり、

 
宮迫がほかの芸人に“口裏合わせ”を主導していたことまで明らかに。

 
くまだらはある意味、宮迫に巻き込まれる形となったため、世間からは同情の声もありました。

 
今回の復帰に関しては声援もあるようですが、ステージで闇営業の“自虐ネタ”も見せたそうで、

 
『全然反省してないじゃん!』『誰がこれで笑えるわけ?』

 
『問題をうやむやにしようとしてるでしょ?』といった疑問も少なくありません」(芸能ライター)

 
 
 
そんな中、反社会的組織から100万円もの大金を“報酬”として受け取っていた宮迫には、

 
「復帰しないでほしい」と厳しい声が飛んでいます。

 
 
 
「宮迫は『週刊新潮』の取材に対し、

 
『これからはこういった(ボランティア)活動に邁進していきたい』

 
『期限は決めずに続けていくつもりです』と語り、

 
『でも引退はしていませんから、みなさんの役に立つことができたうえで、

 
遠くない未来にそういうことがあれば』と、芸能界復帰を匂わせていました」(同)

 
 
 
公の場から姿を消した一方で、宮迫のSNSアカウントは、現在もそのまま残されています。

 
 
 
8月5日には、Twitterに写真付きの投稿をしていましたが……。

 
 
 
「『今日は岡山に行って来ました。帰り肩にお土産が付いていました。生きてらっしゃいました。

 
クマゼミさんですかね』との文章に、宮迫の肩にセミがとまっている写真が添付されていました。

 
謹慎後初の投稿とあって、『頑張れ!』『応援してます』というリプライも見受けられましたが、

 
『宮迫が何をしてても笑えないわ』『もうあなたの顔なんか見たくありません』

 
『さっさと引退して。誰も求めてませんから』など、辛辣なコメントも。

 
『本当に反省してる人はSNSなんてやらない』『自分が悪いことしたと思ってないでしょ?』と、

 
プライベートな写真を投稿したことで、新たな批判を生んでいる状態です」(同)

 
 
 
世間の風当たりは、宮迫が感じている以上に強い様子。

 
 
 
これから先、再び表舞台に戻ってくる日は来るのでしょうか。

 
 



スポンサードリンク


宮迫博之は芸能界を引退すべき?ネットの声は?

https://twitter.com/wakatter900/status/1197752224123744256

宮迫博之の闇営業を含めて過去の悪行の数々とは?

宮迫はレギュラー出演するラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)でも

 
謝罪を表明するなど、事態の収束に奔走することに。

 
 
 
しかし、過去に報じられた悪行の数々や〝闇営業〟の一件を考えると、

 
宮迫の解雇・引退を望む声が高まるのも無理はないでしょう。

 
 
 
「2008年、宮迫、入江、今田耕司ら吉本芸人が、

 
今田宅に女性を連れ込んでレイプをしたとのスキャンダルが『週刊現代』で報じられました。

 
その後、『よしもと』側は〝事実無根〟と『現代』を訴えて裁判沙汰となり、

 
翌年には賠償金と謝罪広告による和解が成立。

 
しかし、入江は13年にゲスト出演したトークライブで

 
『被害者の女は出廷してきたんだけどさ、途中で泡吹いて倒れちゃったんだよね』と

 
相手をバカにする発言をし、

 
勝訴したとはいえ宮迫や入江のモラルが大きく問われることとなりました」(芸能ライター)

 
 
 
また、近年の不祥事でいえば、

 
「オフホワイト」との迷言を残した不倫問題もあやふやのまま収束しています。

 
 
 
「宮迫に不倫疑惑が浮上したのは17年のこと。

 
都内の高級ホテルでモデルの小山ひかると宿泊し、

 
数日後には同じホテルで30代の美容ライターとも密会していたことが

 
『週刊文春』で明らかになりました。

 
宮迫自身も『オフホワイト』と半ば認める発言をしていたましたが、
 
CMや番組の降板といった仕事への影響はほぼゼロ。
 
しかし、不倫によって数々の芸能人が謹慎や引退に追い込まれてきたことから

 
『納得できない』との声も多く、世間では不満がくすぶり続けています」(同ライター)

 
 
 
これまで多くのスキャンダルに見舞われながらも、

 
のらりくらりとかわしながら謹慎を避けてきた宮迫。

 
 
 
しかし今回ばかりは、過去の行いも含めた〝合わせ技一本〟となるかもしれません。

 
 

今回のまとめ

 
今回は、宮迫博之は芸能界を引退すべき?

 
 
 
視聴者の嫌悪感の大きく復帰は無理?

 
 
 
などについて見てきました。

 
 
 
宮迫も復帰できたとしても、以前のような活躍は難しいでしょう。

 
 


スポンサードリンク

コメント