スポンサードリンク

イェガー千代乃アンはハーフで可愛い!経歴やランジェリーが気になる!

エンタメ
 
一人ひとりの違う体のかたち。

 
 
 
忙しいライフスタイルの中で揺れる心の動き。

 
 
 
肌に直接触れるランジェリーは、そんなあなたと外の世界を繋ぎます。

 
 
 
体を抑え付けるのものではなく、

 
心身を世界へ解き放つようなランジェリーを一緒に作りませんか。

 
 
 
今回は、イェガー千代乃アンはハーフで可愛い!

 
 
 
経歴やランジェリーが気になる!

 
 
 
などについてまとめてみます。

 
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

イェガー千代乃アンはハーフで可愛い!プロフィールは?

イェガー千代乃アン
 
 
 
東京生まれ。

 
 
 
幼少期はロンドンやニューヨークで過ごします。

 
 
 
ビスポークによるランジェリー制作にこだわり、

 
2012年には英国デ・モントフォート大学でファッション・ボディウェアの修士号取得。

 
 
 
着る人個人の体型、ライフスタイルや好みに合わせた緻密な制作過程と
 
「粋」を感じるハイセンスなデザインが多くの女性たちを魅了しています。
 
 
 
また、パリで毎年開催される見本市をサポートする「コンセプト・パリ」を

 
日本で紹介しています。

 
 
 
名前:イェガー千代乃アン

生年:1989年(満30歳)

出生地:東京

出身地:ロンドン、ニューヨーク

職業:ランジェリーデザイナー、モデル

 
 
 
今年30歳になるイェガー千代乃アンさんは、

 
父親がアメリカ人、母親が日本人で、東京で生まれています。

 
 
 
そして、幼少期の育った場所は、ロンドンとニューヨークです。

 
 
 
家族ともども移り住んでいます。

 
 
 
「Chiyono Anne」ブランドの創設者で、オーナーデザイナーです。
 
 
 
現在は、アトリエ、単独展示会のほかに、新宿伊勢丹などの百貨店で受注会を行っています。

 
 
 
また、既製のデザインライン、小物などをオンラインでも展開しています。

 
 
 
「自分らしさを輝かすランジェリー作り」
 
 
 
この思いから、自身の身体にも自信を持ちたいと考えていて、

 
身体づくりにもしっかり取り組んでいます。

 
 
 
ジムでティラピス、キックボクシングのトレーニングなどなど。

 
 
 
趣味は、旅行と絵を書くことだそうです。

 
 
 
どちらもゆっくりできる時間であり、日常を離れられるという意味では、

 
忙しい仕事とのバランスをこういった趣味で満たしているのでしょう。

 
 

スポンサードリンク


イェガー千代乃アンの経歴!

https://twitter.com/VOGUEgirlJAPAN/status/1150374523147104256
ロンドンでは、「ロイヤル・バレエ団」に所属していました。

 
 
 
その時に、衣装係の人が自分にあった衣装を作ってくれたことが、

 
現在の職業につくきっかけだったようです。

 
 
 
イェガー千代乃アンさんは、衣装がフィットしたときに

 
心が踊りだす気持ちになったそうです。このときに突き動かす感触があったと言います。

 
 
 
その後は、その方向に向かって進んでいくことになります。

 
 
 
まず、イギリスのデ・モントフォート大学院で被服を専攻します。

 
 
 
そこで、ビスポークによるランジェリー制作にあたります。

 
 
 
このとき、独学で縫製技術を身に着けたと言います。

 
 
 
もうこれは、天職なんでしょうね。

 
 
 
好きなことに向かってかなり集中して学んでいたのでしょう。

 
 
 
2012年、イギリスのデ・モントフォート大学でファッション・ボディウェアの修士号取得します。

 
 
 
そして2014年、オーナーのデザイナーとして
 
「Chiyono Anne」ブランドを創設することになります。
 
 
 
25歳の時になりますね。

 
 
 
若いのにすごいですね。

 
 
 
今までに、スタッフ2名とともに数千点のオーダーメイドの

 
ウィズポークを作り上げてきているそうです。

 
 
 
こういったファンション関係の業界は、時流に乗ることが大切な要素でもあると思いますが、

 
イェガー千代乃アンさんはその独創性から時流とは無縁な路線を進んでいます。

 
 
 
着る人個人の体型、ライフスタイル、好みに合わせる緻密な制作やハイセンスなデザインが、
 
女性の多くを魅了しています。
 
 
 
イギリスで学んでいる間に日本文学を専攻したそうで、

 
その時期に日本に留学したイェガー千代乃アンさんは、

 
日本の固定観念のような女性像というものに疑問を持ったそうです。

 
 
 
「自分らしい個性を出す」という意識改革を訴えていくことが、

 
ランジェリーデザイナーに進んだ決め手となったようです。

 
 
 
だからこそなのでしょう。

 
 
 
素材の買い付け、採寸、デザイン、縫製といった全行程に関わっているそうです。

 
 
 
これを聞いただけでも、素晴らしいものが出来上がることがイメージできます。

 
 
 
チヨノ・アンというブランドは、そういう意味で似ているブランドはほかにありません。

 
 
 
だから、大量生産はできませんが、

 
一人ひとりのために作られたランジェリーの制作をされているのですね。

 
 
 
最高級の品質と技術で仕立てられたオートクチュールのドレスを提案する「レフェ クチュール」。

 
 
 
デザイナー・松村ひとみ氏が、フランスやイタリアのアトリエで創り上げるドレスは、

 
エレガントでロマンティックな上質感が特徴。

 
 
 
顧客には女優やモデルをはじめ多くのセレブが名前を連ねる。

 
 
 
「レフェ・クチュール」

東京都渋谷区恵比寿西1-22-5

TEL03-3780-0577

 
 



スポンサードリンク


イェガー千代乃アンがデザインしたランジェリーが気になる!

https://twitter.com/VOGUEgirlJAPAN/status/1128533017616637952
メリハリのあるボディラインを作りあげ、

 
ドレスをより美しく着こなすために欠かすことのできないブライダルインナー。

 
 
 
たしかに、ドレスに隠れて人目には触れないものだけれど、

 
単なる身体を補正するためのアイテムとしておくにはもったいない!

 
 
 
そんな意見が飛び交う編集部内で「”見せる””楽しむ”という新発想で、

 
インナーをジュエリーのようにドレスとコーディネートしては?」というアイディアが。

 
 
 
そして、ドレスとコーディネートできるラグジュアリーなインナーを探すべく

 
たどり着いたのがオーダーメイドで

 
世界にひとつだけのランジェリーをつくりあげるイェガー千代乃アンさん。

 
 
 
お洒落に敏感なモデルたちの間でも話題のランジェリー・クリエイター千代乃さんを通して、

 
新たなるインナーの楽しみ方に迫ってみました。

 
 
 
Chiyono Anneが手がけるビスポーク(オーダーメイド)ランジェリーとは?

 
編集部:千代乃さんは「コンセプト・パリ」を

 
積極的に日本に紹介するなど世界のファッション事情に精通しています。

 
ブライダルインナーに対する欧米と日本の違いはどんなところにあると感じますか?

 
 
 
千代乃:欧米ではランジェリーは身体のラインを補正するインナーというより、お洒落を追求し、

 
ファッション全体をグレードアップするようなアクセサリー感覚が強いんです。

 
セクシーさや美しさ、

 
何より自分らしさを”表現”することを意識する感度の高い女性が多いですね。

 
 
 
編集部:日本人も普段のインナーにはファッションの一部という考えも浸透していますが、

 
ブライダルインナーに関しては、まだまだ補正の意識のほうが強いようです。

 
 
 
千代乃:私は、個人個人の心と体にぴたりとあったランジェリーにこだわっているので、

 
すべてビスポークで手作りします。

 
 
 
“身体のラインを美しく見せたい”という願望については、
 
補正で一時的に体の形を変えることより、
 
その人の体に合った整え方で美しさを引き出したいと考えています。
 
 
 
特に結婚式のような特別な日には、ドレスを選ぶように、

 
下着も特別に選んでトータルで花嫁の美しさを引き立てるのがベスト。

 
 
 
なおかつ、素材やデザインで世界のトレンドやその人らしさやセンスを表現したいと思います。

 
 
 
編集部:他の誰とも違い、なおかつ世界のトレンドを意識したランジェリー。

 
結婚式という特別な日にこそふさわしいアイテムになりそうです!

 
 
 
「ビスポーク」とは、服などを注文によって作る”おあつらえの”という意味で、

 
英語表記は「be spoke」。
 
 
 
話しを聞かれながら洋服を仕立てていくことに由来していると言われています。

 
 
 
職人がお客さまと対話しながら、素材やデザインを決めていく、
 
究極のオーダーメイドスタイルです。
 
 
 
Chiyono Anneのランジェリー× les fees coutureのドレスのスペシャルコラボが誕生!

 
 
 
普段づかいのインナーをオーダーメイドすることは難しくても、

 
一番キレイな自分を実現したいブライダルのときこそ、インナーにまでこだわって欲しい…。

 
 
 
編集部のそんな思いを受けとめた千代乃さんが提案してくれたのが、

 
「ドレスに合うのはもちろんのこと、ランジェリーそのものがドレスの一部となるようなデザイン」。
 
 
 
ドレスはレンタルでもオリジナルのランジェリーとコーディネートして自分らしさを表現ができ、

 
仕立てたランジェリーはその後も使うことも。

 
 
 
そんなランジェリー制作に向けて、企画が進むことになったのです。

 
 
 
そして今回、コラボレーションするドレスサロンが、

 
女優やモデルなど多くのセレブがオーダーをすることでも知られる「レフェ・クチュール」。

 
 
 
オートクチュールによる完成度の高いドレスと

 
ランジェリーの夢のようなコラボレーションが実現することになったのです!

 
 

今回のまとめ

 
今回は、イェガー千代乃アンはハーフで可愛い!

 
 
 
経歴やランジェリーが気になる!

 
 
 
についてまとめてみました。

 
 
 
こだわりのある素敵なランジェリーばかりですね。

 
 
 
気になった方は是非お試しください。

 
 
 


スポンサードリンク

コメント