スポンサードリンク

松田誠(2.5次元)の経歴や年収が凄い!過去の作品や新作は何?

エンタメ
 
「テニスの王子様」や「刀剣乱舞」などの漫画・アニメ・ゲームの有名作品を原作を
 
2.5次元ミュージカル化して市場規模が130億円以上に成長している仕掛け人で
 
日本2.5次元ミュージカル協会代表理事でもある松田誠さん。
 
 
 
今回は、松田誠(2.5次元)の経歴や年収が凄い!

 
 
 
過去の作品や新作は何?

 
 
 
についてまとめてみました。

 
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

松田誠(2.5次元)の経歴やwikiプロフィール!

名前 松田 誠(まつだ まこと)

生年月日 1967年

出身地 東京都

出身大学 立教大学

職業 株式会社ネルケプランニング代表取締役 演劇プロデューサー

 
 
 
松田誠さんは演劇プロデューサーとして、
 
数多くのヒット作を世に出している敏腕プロデューサーとして話題になっています。
 
 
 
日本に留まらず海外からも注目されていて、

 
松田誠さんが手掛ける演劇の構成は他の誰にも真似できない独創性があります。

 
 
 
2次元の漫画やアニメと3次元の舞台の中間を取って、
 
2.5次元ミュージカルを作ったのも松田誠さんです。
 
 
 
松田誠さんは1967年生まれの東京都出身で、中学生の時に唐十郎さんの演劇を観て衝撃を受け、

 
その後は演劇の世界に進むことを決意されたようです。

 
 
 
立教大学にいたころから演劇俳優として芝居にをしていて、

 
年間10本ほどの舞台をこなしていたようです。

 
 
 
しかし舞台俳優の金銭的事情を知り、

 
25歳の時に演劇の制作会社ネルケプランニングを設立しています。

 
 
 
このネルケプランニングを設立した大きな理由として、

 
舞台俳優として食べていける環境作りをしたかったからでした。

 
 
 
ネルケプランニングを立ち上げた時は大きな仕事はありませんでしたが、

 
1991年に公開された漫画原作ミュージカル「聖闘斗星也」

 
手伝ってから状況が一変したようです。

 
 
 
このミュージカル「聖闘斗星也」では今は解散したSMAPが演じていて、

 
まだ6人で活動していた時で懐かしかったです。

 
 
 
松田誠さんはアニメミュージカル制作で頭角を表したのも、

 
この「聖闘斗星也」に関わったから今があると思うと人生は分かりませんね。

 
 
 
松田さんは1967年に東京で生まれました。

 
 
 
松田さんが演劇に興味を持ち始めたのは中学生の時。

 
 
 
劇作家・唐十郎(から じゅうろう)さんが始めた「紅(あか)テント」という演劇を見て、

 
感銘を受けたことがきっかけだそうです。

 
 
 
そして、高校からは演劇を始めて自分でも役者として舞台に立っていました。

 
 
 
大学は立教大学に進学し、

 
ここでも「学生劇団」などに所属し役者として1年に10本ぐらい舞台に立っていました。

 
 
 
この時は、小劇場のメッカである「下北沢命」のような生活だったらしく、

 
「本多劇場」に出るのが最終目標だったそうです。

 
 
 
そんな松田さんに転機が訪れたのは25歳の時。

 
 
 
当時の劇団の先輩を見ていると、

 
アルバイト先でどんどん偉くなりながらも芝居をやっているというケースが多かったみたいで、

 
アルバイトが本職なのか役者が本職なのかわからないという状況を目の当たりにし、

 
「これはおかしな構造だ」と思ったんだとか。

 
 
 
そして、先輩のそんな姿を見た松田さんは「このまま役者を続けてもいいのだろうか?」と

 
考えた末、演劇の制作会社であるネルケプランニングを設立しています。

 
 
 
設立当初はイベントの演出などをやるのが主な仕事としていましたが、

 
徐々に演劇の制作も引き受けることができるように。

 
 
 
その後、1991年に「聖闘士星矢のミュージカルの制作を手伝って欲しい」と頼まれたのが

 
2.5次元ミュージカルとの出会いでした。

 
 
 
それから、いろいろなアニメのアニメミュージカルを手がけ、

 
最初にブレイクしたのが2000年に公演された「HUNTER×HUNTER」。

 
 
 
そして、松田さんが「アニメ・漫画はミュージカルと相性が良い」と確信したのは

 
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」だったそうです。

 
 
 
そんな数々のヒット作を手がけてきた松田さんは

 
日本2.5次元ミュージカル協会の理事もつとめていて、

 
日本の2.5次元ミュージカルを引っ張っていく存在。

 
 
 
これらからの展望についてこう語っています。

 
 
 
日本の素晴らしいコンテンツを世界に発信するにあたって、

 
僕らは2.5次元ミュージカルで、日本から世界に出ていく。

 
もしくはそれを見るために海外の人たちに日本に来てもらう。

 
欧米のミュージカルに勝てるのはそこですよ。

 
『ウエストサイドストーリー』のマネをして、日本人が勝てるわけがない。

 
でも日本のオリジナルコンテンツだったら、欧米人がマネするよりも、

 
日本人が作るほうが絶対に強い。

 
 

スポンサードリンク


松田誠(2.5次元)の年収は?

松田誠さんの年収は果たしておいくらなのでしょうか?

 
 
 
初任給はだいたい年収300万円 ~ 450万円でした。

 
 
 
ということは月収で考えると30万くらいもらえるのでしょうか?

 
 
 
それを考慮すると、「ネルケプランニング」さんは結構儲かってるんじゃない?と

 
言っても良いでしょう。

 
 
 
まぁ、日本の2.5次元ミュージカルのトップシーンで活躍していますので

 
儲かってないわけがないですよね。

 
 
 
また、大ヒット作「テニスの王子様」はなんと累計動員数200万人を突破しております。
 
 
 
これだけのお客さんを集められるミュージカルを作るくらいの人なので

 
平均的な普通の年収のわけがありません。

 
 
 
これはあくまでも予測なので参考までにしてください。

 
 
 
平均すると企業の役員報酬は社員の給与の3倍程度というのが相場のようです。

 
 
 
松田誠さんが代表を務めるネルケプランニングの社員の年収が300~450万円との事ですので、

 
おそらく最低でも1200~1300万円は役員報酬として得ているのではないでしょうか。

 
 
 
さらに2.5次元ミュージカルのプロデュースなど、個人で手がける仕事の報酬も含めますと、

 
松田誠さんの年収は数千万というのが実際のところなのではないかと推測できます。

 
 



スポンサードリンク


松田誠(2.5次元)の過去の作品や新作は何?

松田誠さんの2.5次元ミュージカル作品は、大人気漫画やアニメの物が多くを占めていますね。

 
 
 
美少女戦士セーラームーンもミュージカル化されましたが、
 
原作アニメと違和感が少なくとても好評だったようです。
 
 
 
他にもテニスの王子様・NARUTO-ナルト-・黒執事・などをミュージカル化していたり、

 
最近話題になっている刀剣乱舞のミュージカル(刀ミュ)もプロデュースしています。

 
 
 
松田誠さんがこだわっているのがキャスト選びで、

 
原作との違和感をなくすために厳選してキャストを選ぶことにも定評がありましたね。

 
 
 
見る側がイメージしているキャラクター像と、役者が演じている姿がかけ離れてしまったら、

 
見ていても幻滅してしまいますよね。

 
 
 
原作のイメージを何より大事にしながらも、松田誠さんの独創的な演出も埋め込まれていて、

 
気遣いと大胆さが2.5次元ミュージカルの人気の理由だと思います。

 
 
 
一番最初に手掛けたマンガ原作のミュージカルは

 
「聖闘士星矢」
 
キャスティングがSMAPなんですけど、凄いですね。

 
 
 
しかも6人います。

 
 
 
これってSMAPファンの間では有名なのでしょうか?

 
 
 
「姫ちゃんのリボン」「赤ずきんチャチャ」「水色時代」もミュージカル化してました。

 
 
 
「姫ちゃんのりぼん」は 草彅君や、TOKIOの長瀬さんも出演してたんです。

 
 
 
最初にブレイクしたのは

 
「HUNTER×HUNTER」
 
そして

 
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
 
これはアニメと同じラサール石井さんが両さんを演じてたんです。

 
 
 
見てる方もなんか安心感が出ますね。

 
 
 
有名人などがよく出演されてたんですね。

 
 
 
「テニスの王子様」のミュージカルくらいからは、私も知ってます。

 
 
 
記憶がここで繋がって、松田さんが仕掛け人だったんだとビックリ!

 
 
 
ファンが口コミで人気を広げていったんですよね。

 
 
 
他にも「美少女戦士セーラームーン」「NARUTO-ナルト-」

 
「弱虫ペダル」「デスノート」などを手掛けています。

 
 
 
美少女戦士セーラームーンやテニスの王子様はキャストを替えても、

 
ずっと続いてる人気作品です。

 
 
 
マンガやアニメに世の中が大分偏見がなくなってきたような気がします。

 
 
 
まだまだ勢いがある「2.5次元ミュージカル」

 
2018年2月15日~18日

 
あにてれ×=LOVE ステージプロジェクト「けものフレンズ」

 
2018年3月9日~18日に

 
ミュージカル「陰陽師」~平安絵巻~

 
2018年3月15日~25日に「パタリロ」

 
加藤諒さん主演です。

 
 
 
などなど、話題の作品をかなりの数手掛けてます。

 
 

今回のまとめ

 
今回は、松田誠(2.5次元)の経歴や年収が凄い!

 
 
 
過去の作品や新作は何?

 
 
 
についてまとめてみました。

 
 
 
これからも、世界中での活躍が期待されそうですね。

 
 


スポンサードリンク

コメント