スポンサードリンク

杉田孝明(寿司職人)の経歴やすぎたの場所や値段、他店との違いは?

グルメ
 
日本橋蛎殻町すぎたは、寿司職人の杉田孝明さんがにぎるお寿司で、

 
食べログ全国最高位を獲得しています。

 
 
 
寿司職人として杉田孝明さんは本も出されています。

 
 
 
今回は、杉田孝明(寿司職人)の経歴やすぎたの場所や値段、

 
他店との違いなどをまとめてみます。

 
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

杉田孝明(寿司職人)の経歴やwikiプロフィール!

https://twitter.com/magic_mackee/status/1144945810179674112
寿司職人の杉田孝明さんの簡単なプロフィールです。

 
 
 
【名前】杉田孝明(すぎたたかあき)

【生年月日】1973年生まれ

【出身】千葉県

【出身高校】千葉県商業高等学校

 
 
 
中学2年のときに小林薫さんが寿司職人を演じる「イキのいい奴」というドラマを見て

 
寿司屋がかっこいいと思ったそうです。

 
 
 
高校生の時にたまたま寿司屋でバイトをした際に寿司屋になると決心し、

 
高校卒業後日本橋の「都寿司」に修行に出ました。

 
 
 
「都寿司」のご主人には寿司だけでなく、人としての生き方から教わり、

 
12年後に暖簾分けしてもらい独立しました。

 
 
 
独立後10年経った頃、女将さんのお父さんが倒れてしまします。

 
 
 
女将さんのお父さんは洋食屋「テキサス」を営業していましたが、続けられなくなったため、

 
家族で相談後に洋食屋を寿司屋に改装し、現在の寿司屋「すぎた」となります。

 
 
 
今や予約がなかなか取れない人気店になっています。

 
 

スポンサードリンク


杉田孝明(寿司職人)の店「すぎた」の場所や値段、予約の取り方が気になる!

なかなか予約が取りにくい寿司店「すぎた」の場所とお値段は次のとおりです。

 
 
 

「すぎた」の場所

 
住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1-33-6 ビューハイツ日本橋 B1F

 
<アクセス>

水天宮前駅4番出口から徒歩約2分

水天宮前駅から105m

 
 
 

1人前の値段は?

 
お一人の予算は25,000円~35,000円とのことです。

 
 
 
 
コースはおまかせ23000円のみ
 
コースはおまかせ23000円の1種類のみ。

 
 
 
最初に10品ほどつまみが提供され、そのあと12個ほど握りが出されます。

 
 
 
握りは単品の追加もできるので、「せっかくだからたくさん食べたい」という人も安心ですよ。

 
 
 
以下おまかせの例です。

 
 
 
〇おまかせ23000円の内容例

 
【つまみ】

銀杏
蒸鮑
平目昆布〆

鰯の巻物
穴子の白焼き
筋子の味噌漬け
数の子の味噌漬け
太刀魚
鮟肝

 
【握り】

真鯛
コハダ

漬け
中トロ
秋刀魚
イサキ
春日子
車海老

金目
雲丹
穴子
玉子
浅利のお味噌汁

 
 
 

日本酒おまかせがおすすめ

 
ビールも置いていますが、おすすめは日本酒のおまかせ。

 
 
 
ネタに合ったおすすめのお酒をその都度提供してくれます。

 
 
 
値段は飲む量によって前後しますが、ほとんどの人は10000円以内に収まっている様子。

 
 
 
お酒を飲む人は40000円をお財布に入れていけば足りなくなることは無いでしょう。

 
 
 
かなりの高級寿司ですね。

 
 
 
お店は地下1階にあります。

 
 
 
小肌は非常に美味しそうです。

 
 
 
2回目以降の予約は来店したときに直接できるとのことなので、

 
今回は一見さん向けの予約方法をご紹介します。

 
 
 
予約の裏ワザも合わせてお伝えするので、参考にしてみてくださいね。

 
 
 
予約は電話のみ。

 
 
 
カウンターと個室で予約のタイミングが異なります。

 
 
 
現在一見さんが予約を取ることができる方法は以下の2つです

 
 
 
①【個室席】一週間前に予約

 
②【カウンター席】毎月1日に翌月分をキャンセル待ち予約

 
 
 
それぞれ詳しく見ていきます。

 
①【個室席】一週間前に予約

 
2人~4人で利用できる個室席は、1週間前の朝9時から予約を受け付けています。

 
月曜日には来週月曜日の分の席を受け付けるような形です。

 
1日2枠しかないので勝負は一瞬で決まりますが、

 
毎日朝9時から5分程度電話をかければ良いだけなので、

 
何時間も電話がつながらないカウンター席の予約よりは簡単ですよ。

 
 
 
②【カウンター席】毎月1日に翌月分をキャンセル待ち予約

 
カウンター席は毎月1日朝9時からの電話で、翌月分のキャンセル待ちを入れることができます。

 
例えば11月1日には12月分のキャンセル待ちが可能です。

 
食べログを見ると「4か月後の予約ができる」と書いてありますが、

 
現在は予約が入りすぎてしまったためキャンセル待ちのみの受付をしているそうです。

 
一か月分の予約が1日に集中するので、電話は相当混雑します。

 
1時間かけてもつながらない時があるとか。

 
仮につながってもキャンセル待ちを入れられるだけなので、

 
より確実に行くためには毎日9時に個室席を狙って電話するほうが効率的ですよ。

 
 
 

もっと簡単に予約できる裏ワザ

 
日本橋蛎殻町すぎたで一度は絶品の寿司を堪能してみたいですが、

 
特定の日や時間を狙って電話するのは忘れたりするかもしれないし、

 
1時間もキャンセル待ちの電話をかけ続けるなんて面倒ですよね。

 
 
 
そんな方にとっておきの裏ワザがあります。

 
 
 
予約代行サービス「PLAN」で簡単1分予約
 
PLANは無料で予約代行サービスを行っています。

 
 
 
LINEでPLANというアカウントを友達追加していただければ、

 
PLANが次回予約開始日にあなたのために予約をします。

 
 
 
ただいまキャンペーン中につき、料金は予約の結果にかかわらず一切無料。

 
 
 
安心して簡単に「日本橋蛎殻町すぎた」を予約してみてくださいね。

 
 
 
これほどの高級店ですが予約が取れないとのことで、どれだけ人気なのでしょうか。

 
 



スポンサードリンク


杉田孝明(寿司職人)の握る寿司の他店との違いは何?

日本橋蛎殻町すぎたとは?

 
 
 
すぎたの概要をお伝えします。

 
 
 

全てが最高レベルの「予約の取れない鮨屋」

 
人気の名店、馬喰横山の「都寿司」が水天宮前に移転し、

 
店主の名前を冠したのが「日本橋蛎殻町すぎた」です。

 
 
 
寿司・つまみ・お酒・接客・空間どれもが最高レベルで隙がありません。

 
 
 
2018年10月、食べログ全国寿司ランキング2位に輝く寿司界の超人気店。

 
 
 
2018年ミシュランでは1ツ星に選ばれました。

 
 
 
予約が取れないのは言うまでもなく、向こう3か月間は予約で埋まっているとのことです。

 
 
 

日本橋蛎殻町すぎたの魅力

 
すぎたの魅力を3つのポイントから考えてみます。

 
 
 
バランスの取れた究極の握り
 
ネタの質・鮮度・大きさ・切り方、シャリの硬さ・味付け・握り方どれをとっても素晴らしく、

 
それぞれの要素が絶妙なバランスで成り立っています。

 
 
 
口に含んだ瞬間に、シャリが口のなかでほぐれ、

 
程よい大き目のサイズで切られたネタと絶妙なハーモニーを奏でます。

 
 
 
特に鯵や小肌、鯖などの光りモノの味は日本トップレベル。

 
 
 
12年の修行で培った確かな江戸前の技法で、素材の味をうまく引き出しています。

 
 
 
親方のあたたかい人柄
 
リピーターが後を絶たない大きな理由の1つが、親方の杉田孝明氏のあたたかい性格。

 
 
 
普段は落ち着いた雰囲気ながらも、時にはこちらを笑わせてくれ、

 
握りを提供してくれるタイミングも完璧。

 
 
 
こちらのお酒が空けば、すかさず「次は何にしますか?」と声をかけてくれます。

 
 
 
優しく丁寧に握りを扱うその所作からは、

 
「美味しい握りを味わってほしい」という気概感じずにはいられません。

 
 
 
親方の優しい心遣いに、素直に「また来たいな」と思ってしまいます。

 
 
 
綺麗な空間
 
オープンから数年しか経っていないため、店内は綺麗です。

 
 
 
カウンターは白木が使われ、明るく清潔感があります。

 
 
 
個室が1つあるので、接待やデートにもおすすめできるお店ですよ。

 
 

今回のまとめ

 
今回は、杉田孝明(寿司職人)の経歴やすぎたの場所や値段、

 
他店との違いなどをまとめてみました。

 
 
 
都内で人気の鮨屋は数あれど、

 
日本橋蛎殻町すぎたほど握り・つまみ・お酒・接客・空間のバランスが

 
優れたお店は少ないと思われます。

 
 
 
ぜひ、大切な人と素敵な時間を過ごしに訪れてみてください。

 
 


スポンサードリンク

コメント