スポンサードリンク

杉田秀之の現在の職業はゴールドマンサックスで年収は8桁?結婚は?

エンタメ
 
2019年9月26日放送の「アンビリバボー」にて、”あるラガーマン”が取り上げられます。

 
 
 
その人物は杉田秀之さんといい、現在では社会人として暮らしています。

 
 
 
今回は、杉田秀之の現在の職業はゴールドマンサックスで年収は8桁?

 
 
 
結婚は?

 
 
 
などについてまとめてみます。

 
 
リーチマイケルのカフェの店名や場所、メニューや評判は?妻が経営?
リーチマイケル選手は東京都府中市で嫁知美さんとカフェを経営しています。ニュージーランドスタイルといっても、どのようなメニューがあるのか分からないですよね。今回は、リーチマイケルのカフェの店名や場所、メニューや評判などについてまとめてみます。

廣瀬俊朗の学歴やラグビーの経歴が凄い!今後の活動が気になる!
ドラマ「ノーサイドゲーム」ラグビー選手役で出演の廣瀬俊朗さん。実は廣瀬俊朗さんはラグビー日本代表の元キャプテンなのです。ネットではその演技は下手だという噂もありますが。今回は、廣瀬俊朗の学歴やラグビーの経歴が凄い!今後の活動が気になる!など見ていきます。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

杉田秀之の現在の職業はゴールドマンサックスで年収は8桁?

https://twitter.com/shokei1003/status/992974585585745921
2012年に慶應大学を卒業した杉田さんは、なんと「ゴールドマン・サックス」に入社しています。
 
 
 
杉田さんは2012年に大学を卒業し、

 
新卒で外資系金融会社のゴールドマン・サックスに就職しました。

 
 
 
現在も四肢に麻痺は残り、長時間の歩行では杖が必要になるが、

 
投資信託の設定・管理業務などに携わり、忙しい日々を過ごしています。

 
 
 
上記の通り、現在の業務は投資信託の設定や管理を担当しているようです。

 
 
 
具体的な業務内容がこちらです。

 
 
 
主な業務
 
(1)新規案件の口座開設

(2)既存口座の運用や管理

(3)運用報告書などの作成

 
 
 
ただ、入社から2年間はセールマンとして債権の営業を担当していました。

 
 
 
ゴールドマン・サックスに入社したことで「チームワークの重要性を学んだ」と
 
彼は語っています。
 
 
 
入社時から一貫して、

 
ゴールドマン・サックスではチームワークが重要だということを学びました。

 
 
 
チームメートと密にコミュニケーションをとり、それぞれがどういった業務、

 
プロジェクトに関わっていて、どのような状況にあるかを把握し合うことで、

 
スムーズに作業を進めることができます。

 
 
 
特に時間に制限のある業務や解決の難しい局面においてお互いに声を掛け合い、

 
助け合うこともできます。

 
 
 
彼がラグビーで得た経験は、社会人になって更に役に立ったというわけです。

 
 
 
杉田さんは32歳であるため、平均年収に従えば、年収は約2000万円となります。
 
 
 
ゴールドマン・サックスは新卒でも年収が1000万円を超えているため、

 
最低でもそれ以上の年収があることは確定です。

 
 
松島幸太郎(ラグビー)はハーフ?父母の国籍?身長体重?高校は?
こんにちは、ジョーです。 来年、日本で開催されるラグビーワールドカップ大会の 主力選手の一人である、松島幸太郎選手をご紹介します。 プロフィール!!! 名前...

スポンサードリンク


杉田秀之は結婚して嫁(妻)や子供はいる?

https://twitter.com/sagatv_3/status/1176700350314627073
私生活に関する情報も公開されていないため、

 
結婚や家族(嫁・子供)の有無は分かっていません。

 
 
 
ですが、結婚はしていないとの情報が多数見受けられました。

 
 

松島幸太郎(ラグビー)はハーフ?父母の国籍?身長体重?高校は?
こんにちは、ジョーです。 来年、日本で開催されるラグビーワールドカップ大会の 主力選手の一人である、松島幸太郎選手をご紹介します。 プロフィール!!! 名前...



スポンサードリンク


杉田秀之が慶大ラグビー部の仲間と頸髄損傷を乗り越え皆で富士登山!

2007年夏、慶應義塾大学ラグビー部の1年生だった杉田秀之さんは、
 
夏合宿の練習試合で頸髄を損傷。
 
 
 
生涯歩くことはできないと診断されました。

 
 
 
部員の非常事態に、合宿最後に予定されていた富士登山は急遽中止となりました。
 
 
 
それから約12年の月日が流れ、

 
いま杉田さんは大きな目標に向かってトレーニングを積んでいます。

 
 
 
あのとき中止となり実現しなかった富士登山に、

 
2019年夏、当時の仲間と共にチャレンジをするのです。

 
 
 
2007年8月26日、長野・菅平高原でのこと。

 
 
 
杉田さんはラグビーの練習試合にプロップとして出場し、

 
スクラムが崩れた際に第5、第6頸椎間で頸髄を損傷。

 
 
 
ドクターヘリで下山し、長野市内で手術を受けました。

 
 
 

手術翌日、杉田さんが詫びた3つのこと

 
当時就任1年目だった林雅人監督は、手術翌日の杉田さんとのやりとりを鮮明に覚えています。

 
 
 
林監督はこの時すでに

 
「最高に回復して車椅子、基本的には寝たきり」という診断を伝え聞いていました。

 
 
 
「集中治療室に入ると、彼は真上を見ることしかできない状態でした。

 
首が回らないので、彼に見えるように顔を出しました。そのとき彼は3つのことを言っていて」

 
 
 
1つ目は、試合を途中で退場してすいませんでした。
 
 
 
2つ目は、試合はどうなりましたか。
 
 
 
「生涯寝たきりになるかもしれない男が、

 
試合について詫びて、試合の結果について聞いてきたんです」

 
 
 
そして3つ目が、富士登山に行けなくて申し訳ありません、でした。
 
 
 
「絶対に歩けるようになります」

 
 
 
富士登山は林監督がチームビルディングの一環としてこの年に導入しました。

 
 
 
林監督は、富士登山はもちろん中止にすることを伝え、そして言いました。

 
 
 
「杉田が良くなったら、一緒に行こう」
 
 
 
ベッドの上の1年生部員はこう返しました。

 
 
 
「絶対に歩けるようになります」
 
 
 
奇跡的な変化は、約2週間後に転院した慶大病院で始まりました。

 
 
 
触診による感覚のテストで、医師の指の感触が分かったのです。

 
 
 
感覚の復帰は上半身から始まり、時間をかけて下半身へ下りていきました。

 
 
 
そしてついに。

 
 
 
「『もし今度動くとしたら足の指だから頑張れ』と言われて。

 
ずっと睨みつけていたら、ある日、右足の指がピクッと動きました。

 
それが『ゼロ』が『イチ』になった瞬間らしくて。それが本当に嬉しくて」

 
 
 
神経は完全に断裂してはいなかったのです。

 
 
 
当初の診断について杉田さんは

 
「直後の判断としては間違っていない。『良くなる』とは言えないものでした」と振り返ります。

 
 
 

チームに迷惑をかけたという悔しさ

 
完全麻痺の危機は脱したが、待っていたのは「それからが長かった」という

 
リハビリセンターでの1年間。

 
 
 
慶大病院で頸椎の固定手術をしたのち、2カ月後に都内のリハビリセンターに転院。

 
 
 
寝ながら膝を起こす、腕を動かす、歩行器を使う――忍耐を重ねてやれることは増えていったが、

 
気持ちは沈んでいました。

 
 
 
約150人いた2007年度の慶大ラグビー部員は、ローテーションでお見舞いに来てくれていました。

 
 
 
しかし楽しい再会とはいかなかったのです。

 
 
 
「僕は悔しくてしょうがなかったんです。チームに迷惑をかけている。自分では何もできない。

 
メンタルは相当やられていました」

 
 
 

先端のリハビリに取り組んで復学

 
そんな時でした。

 
 
 
ある日、リハビリセンターにいた車椅子の男の子に声を掛けられました。

 
 
 
「お兄ちゃんは歩けていいね」

 
 
 
確かに歩行訓練はしていたが、自分にしてみればまったく歩けていませんでした。

 
 
 
しかし車椅子の男の子にしてみれば、素晴らしいことなのだと気づかされたそう。

 
 
 
やがて小さな使命感が芽生えました。

 
 
 
「僕はいろんな人に支えられてきました。

 
今度は僕がこういう子どもたちを支える番だと、使命感のようなものを覚えたんです。

 
未来は自分次第で切り開けるということを伝えていきたい。

 
子どもたちの希望になれたらいいなと思いました」

 
 
 
そんな使命感を胸に秘め、アメリカ・サンディエゴでは先端のリハビリに取り組みました。

 
 
 
渡米にあたっては2008年発足の「杉田基金」の支えが大きかったそうです。
 
 
 
そして帰国後の2009年、杉田さんは慶大に復学しました。

 
 
 

仲間の変わらぬ“無遠慮”が嬉しかった

 
杉田さんの同期で、現在は日野レッドドルフィンズの主将を務める村田毅は、

 
慶大4年の春をこう振り返ります。

 
 
 
「僕らが4年生の時に、杉田が『最後の1年間はみんなと過ごしたい』というので、

 
グラウンドで挨拶をしたことはすごく覚えています」

 
 
 
杉田さんは同期との最後の1年間を、慶大ラグビー部のスタッフとして過ごしました。

 
 
 
世田谷区ラグビースクールで楕円球に出会い、慶應高校では主力選手だった杉田さんにとって、

 
ラグビーとその仲間は帰るべき場所でした。

 
 
 
なにより、仲間の変わらぬ“無遠慮”が嬉しかったとのこと。
 
 
 
「僕らは杉田を健常者扱いするんですよ」と村田は陽気に笑います。

 
 
 
同じく慶大同期で、サントリーサンゴリアス所属の小澤直輝も

 
「僕らは良い意味でも悪い意味でも、杉田に気を遣わないんです(笑)」。

 
 
 
同期にとって、同期は同期でしかないのです。

 
 
 
早慶戦前にはモチベーションビデオを

 
杉田さんはそんな仲間との大学ラストシーズンで、おもに分析を担当。

 
 
 
2000年以来10年ぶりに勝利した早稲田大学との伝統の一戦「早慶戦」の前には、

 
徹夜でモチベーションビデオを作成したこともありました。

 
 
 
杉田さんは2012年に大学を卒業し、

 
新卒で外資系金融会社のゴールドマン・サックスに就職しました。

 
 
 
現在も四肢に麻痺は残り、長時間の歩行では杖が必要になるが、

 
投資信託の設定・管理業務などに携わり、忙しい日々を過ごしています。

 
 
 
そんな杉田さんの活躍を知るからこそ、無遠慮な慶大ラグビー部の同期たちは、

 
結婚式などで会うたびに杉田さんをせっついてきたそう。

 
 
 
「いつ富士山登んの?」

 
 
 
「みんな待ってんだけど」

 
 
 
2月、慶大同期の結婚式に参加した杉田さんは、ついに仲間の前で富士登山を決意しました。

 
 
 

歩けるようになったら、富士山に登る

 
3月から本格的にトレーニングを始め、慶大同期の村田が「富士登山計画」をSNSで発信すると、

 
2007年度の部員から大きな反響がありました。

 
 
 
「杉田が歩けるようになったら、みんなで富士山に登る――やっぱり、

 
それはみんなの頭のどこかにずっとあったんですよね」(村田)

 
 
 
現在、杉田さんたちはミーティングを重ね、

 
登山参加者は2007年度の4学年に限ることなどの認識を共有し、

 
夏へ向けて準備を進めていました。

 
 
 
杉田さんは言います。

 
 
 
「ラグビー部のみんなが支えてくれたから頑張ろうと思えたし、

 
彼らのおかげで今も頑張ることができています。

 
良い仲間、良い指導者、良い組織とラグビーができた。それが僕の財産です」

 
 
 
「限界はないということを信じて」
 
 
 
麻痺が残る杉田さんにとって、富士登山は「普通に考えたら難しいです」。

 
 
 
受傷からは10年以上経過しており、症状は固定期にあるという。

 
 
 
ここからどこまで回復するかは分からないそう。

 
 
 
それでも。

 
 
 
「限界はないということを信じて、まだ良くなるんだという想いでやっています」

 
 
 
奇跡ならもう起こしています。

 
 
 
それに頼もしい仲間たちもいます。

 
 
 
夏に富士の山頂に立つ。

 
 
 
その決意は変わらないのです。

 
 
 

仲間たちとの12年越しの約束を果たすため富士登山に挑む!

 
2007年8月、慶應義塾大学ラグビー部で起こった悲劇。

 
 
 
当時1年生の杉田秀之さんは夏合宿の練習試合中にスクラムが崩れ、頚椎、頚髄を損傷。

 
 
 
手術により一命を取りとめたが、生涯歩くことはできないと診断されました。

 
 
 
そして、合宿の最終日にチームワークを強化するために

 
予定していた富士登山は急遽中止となりました。

 
 
 
「一人でも欠けたらチームじゃない。杉田が良くなったら皆で行こう」

 
杉田さんと監督はそう約束をしました。

 
 
 
その後、再度手術を行うも変化はなし。

 
 
 
しかし、手術の約10日後、奇跡的に右足の親指がぴくりと動いたのです。

 
 
 
希望が見えた瞬間でした。

 
 
 
その後も懸命にリハビリをした甲斐もあり、少しずつ運動能力が改善してきました。

 
 
 
しかし自分の“障害”と向き合う時間も増え「どんなに頑張ってもラグビーはもう一生できない」と

 
悟った杉田さんは、お見舞いに来てくれたラグビー部の仲間たちにも辛く当たってしまう。

 
 
 
そして、仲間たちもまた、

 
突然ラグビーができなくなった杉田さんにどう接すればいいのか戸惑っていました。

 
 
 
そんな中、杉田さんに連絡をし続ける部員たちもいました。

 
 
 
「戻ってこい」という声に押されて怪我から約2年半後、
 
データ分析係としてラグビー部に帰ってきました。
 
 
 
杉田さんはプレーでチームに貢献ができなくなった今、

 
自分が仲間たちのために何ができるか考え、徹夜でモチベーションビデオを制作しました。

 
 
 
チーム一丸となって挑んだ因縁の早慶戦で10年ぶりに早稲田大に勝利。

 
 
 
その後、杉田さんは大学卒業も果たし、就職しました。

 
 
 
10年以上が経ち、30代になったラグビー部の仲間たちはそれぞれ結婚。

 
 
 
式で顔を合わせることも多くなった頃、急遽中止にした富士登山の約束がどうなったか、

 
実現しようと話しすることも増えました。

 
 
 
…と言っても、まだまだ体に麻痺が残る杉田さんは、またいつもの冗談だと笑っていたが、

 
次第に杉田さん自身も本気でチャレンジしたいと思うようになっていきました。

 
 
 
こうして「富士登山計画」は10年以上の時を経て動き出しました。
 
 
 
あの悲劇以来、蓋をしていたそれぞれの想いが溢れ出します。

 
 
 
チームの絆を本当の物にできるのでしょうか?

 
 

今回のまとめ

 
どうでしたか?

 
 
 
今回は、杉田秀之の現在の職業はゴールドマンサックスで年収は8桁?

 
 
 
結婚は?

 
 
 
などについて見てきました。

 
 
 
とても魅力的な方ですね。

 
 
 
応援せずにはいられません。

 
 
 
今後のご活躍に注目したいですね。

 
 


スポンサードリンク

コメント