スポンサードリンク

小泉進次郎の発言は大丈夫?セクシーやポエムに国民や有識者の声は?

政治
 
父親譲りの熱のこもった演説で知られる小泉進次郎環境相だが、

 
よく聞くと意味が通らない発言が目立つとツイッター上で話題になっています。

 
 
 
「赤を上げて、白を下げないとどうなると思いますか?そう、赤と白が、上がるんです」

 
といった小泉氏が「言いそうなこと」を想像した投稿が相次ぎ、

 
面白さを競い合う「大喜利」状態です。

 
 
 
今回は、小泉進次郎の発言は大丈夫?

 
 
 
セクシーやポエムに国民や有識者の声は?

 
 
 
などについてまとめてみます。

 
 


小泉進次郎の育休に否定的な庶民の男性?制度改正を先にして欲しい?
小泉進次郎議員が育児休暇の取得を検討していることを明らかにしました。今回は、小泉進次郎の育休に否定的な庶民の男性?制度改正を先にして欲しい?など、見ていきます。多様化する今の世の中に自分の意思を通して家族を守っていっていただきたいです。

小泉進次郎の実家の場所はどこ?改修費だけで1億円で結婚後は同居?
小泉進次郎の実家は豪邸で1年かけて新居を立てたということですが、どんな家なのかについてお伝えします。実は新居に立て直すにも理由があったとのことです。今回は、小泉進次郎の実家の場所はどこ?改修費だけで1億円で結婚後は同居?などを見ていきます。

小泉進次郎の歴代彼女はみんな美人?最後に選んだのは滝川クリステル
小泉進次郎は、第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎を父に持つ政治家です。自由民主党所属の衆議院議員であり、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民党青年局長などを歴任しています。「政界のプリンス」と称され、政界を代表する議員の一人になっています。


小泉進次郎の母親の離婚の理由とは?別れた三男の宮本佳長の悲劇とは?
自民党の小泉進次郎議員(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が7日、総理官邸で結婚発表を行いました。マスコミは“祝賀モード”一色に染まっています。今回は、小泉進次郎の母親の離婚の理由とは?別れた三男の宮本佳長の悲劇とは?について見ていきます。




スポンサードリンク


スポンサードリンク

小泉進次郎の行動は計算高くても発言は大丈夫?

「年末年始。年の瀬。師走。こういう言葉を聞くたびにね、いつもこう思ってきました。

 
もうすぐ新年だな、と」

 
「皆さん、私は、みなさんに、十二時の七時間後は七時であり、

 
十九時でもあるということを真剣にお伝えしたい」。

 
 
 
これらはハッシュタグ(検索目印)

 
「#進次郎さんにキリッと朗読してほしいコメント」を付けたツイートの一部です。

 
 
 
「最高!」「声を出して笑ってる」などの感想も寄せられています。

 
 
 
小泉氏は十一日の環境相就任後、発言が報じられる機会が増加。
 
 
 
福島県いわき市で十七日、記者団に東京電力福島第一原発事故による

 
汚染土の最終処分場について問われた際には

 
「三十年後の自分は何歳か?発災直後から考えていた。健康でいられたら(県民との)

 
その三十年後の約束を守れるかどうかの節目を見届けることができる政治家だと思う」

 
と答えました。

 
 
 
この発言を捉えて「三十年後、私は何歳になっているんだろうか。

 
これ、誰にもわからないと思いますよ」との書き込みも。

 
 
 
「本家ほど意味不明のことを言ってる人はまだいない!本家つよいな!」と

 
面白がる人もいました。

 
 
 
政治アナリストの伊藤惇夫さんは

 
「話術は優れているが中身は空疎だ。
 
原発事故の汚染水についても謝罪はしたが、
 
国や環境相として今後どう対応するかが発言からは分からない」と指摘。
 
 
 
「国会答弁などで真価が問われるのはこれからだ」と注目します。

 
 
 
「小泉進次郎の話す力」の著作がある

 
ハリウッド大学院大の佐藤綾子教授(パフォーマンス心理学)は

 
「話し方が回りくどくなるのは、足をすくわれないための防衛反応だ。
 
用意して臨む会見では明瞭に話すが、突然の質問の場合、
 
真意を明らかにしない姿勢は大臣になっても変わらないだろう」と話しています。
 
 

スポンサードリンク



小泉進次郎のセクシーな発言とは?

前東京都知事の舛添要一氏(70)が23日、ツイッターを更新。

 
 
 
小泉進次郎環境相(38)の“セクシー発言”をバッサリ斬りました。

 
 
 
小泉氏は22日、米ニューヨークの国連本部で開かれた環境関連会合でスピーチ。

 
 
 
日本での「脱炭素社会」実現に向けた取り組みを紹介し、各国政府に行動を呼びかけました。
 
 
 
小泉氏にとって、この日が国連デビューとなりました。

 
 
 
また、演説前の記者会見では

 
「気候変動のような大きな問題は楽しくかっこよくセクシーであるべきだ」などと

 
英語で語ったが、ロイター通信はこの発言を

 
「日本の新しい環境大臣が『気候変動との戦いをセクシーに』と発言」と報じました。

 
 
 
舛添氏はこの日昼に

 
「小泉進次郎が政治家として大成するには、必要に応じて注意する先輩が必要だ」などと

 
ツイートしていたが、小泉氏の発言を受けて再び投稿。

 
 
 
「NYでの記者会見で、小泉環境相は『気候変動のような大きな問題は楽しく、かっこ良く、
 
セクシーであるべきだ』と発言。言語明瞭、意味不明瞭。

 
金曜日に地球温暖化対策の実行を訴えた400万人の世界の若者は、がっかりするだろう」と

 
苦言を呈し「だから2時間前に、彼に注意する先輩が必要と私がツイートしたのである」と

 
改めて訴えました。

 
 
 
小泉進次郎・環境大臣がアメリカ・ニューヨークで

 
「気候変動問題にはセクシーに取り組まないといけない」と発言したことに対して、

 
様々な声が上がっています。

 
 
 
元AKB48で女優の秋元才加さんが「違和感」を投げかけたほか、

 
一部の政治家たちからは批判も出ています。

 
 
 
そもそも小泉大臣は、国連で開かれている環境関連の国際会議に出席するため、

 
アメリカ・ニューヨークを訪問。

 
 
 
9月22日の会合に先立ち開かれた海外メディアを含む記者会見で、この発言をしました。

 
 
 
ロイター通信によると、小泉大臣は

 
「政治には非常に多くの問題があり、時には退屈だ。

 
気候変動のような大きい問題には楽しく、かっこ良く、セクシーに取り組まないといけない」

 
と述べたといいます。

 
 
 
同通信はこの発言を大きく取り上げ、小泉大臣が38歳であることに触れながら、

 
「石炭発電に依存する日本を低炭素社会に変えるため、若者を結集すると約束した」と

 
報じました。

 
 
 
秋元才加さんが「違和感」を投げかけたのは、

 
この「楽しく、かっこ良く、セクシーに」という言葉。

 
 
 
9月23日に自身のTwitterに

 
「普通に真摯に向き合って計画的にしっかり行動で示すで良くないのかな…?」とツイート。

 
 
 
「私達が住む大事な地球なんだから必死に取り組むべきだと私は思う」と述べました。

 
 
 
そのうえで、

 
「自分が感じた違和感は大事にしたいし、間違ってたら謝る。

 
色々な考えの方と沢山話して深めたい」と結んでいます。

 
 
 
小泉大臣の「外交デビュー」となったニューヨークでの発言については、

 
ネット上にも様々な声が上がっています。

 
 
 
国民民主党の玉木雄一郎代表は「言葉尻をあれこれ言うつもりはありません」としながら、

 
「その具体策が示されることを私は期待しています」と発言に言及。

 
 
 
立憲民主党の田島まいこ参議院議員は

 
「外国語を話すには謙虚さが必要。ロイターに世界中に発信されて、日本人として恥ずかしい」

 
と批判しました。

 
 
 
一方、舛添要一・元東京都知事は「言語明瞭,意味不明瞭」と批判。

 
 
 
米山隆一・元新潟県知事も

 
「気候変動は極めて重要な問題で、真摯に、真剣に取り組むべき事と思います」と

 
ツイートしています。

 
 
 
小泉大臣は会見後、国連で開かれた会合で、

 
「京都議定書」に触れながら

 
「我々は強いアクションも、十分なリーダーシップも取っていなかった」と言及。

 
 
 
共同通信によると

 
「私たちは今日から変わる。私たちの都市、国、世界の脱炭素化を一緒に達成したい」

 
とも述べたという。

 
 



スポンサードリンク


小泉進次郎のポエムな発言とは?

小泉進次郎環境大臣(38)が9月17日、除染廃棄物の最終処分にまつわる質問に答えました。

 
 
 
ただその内容が意図の読めないものだったため、

 
ネットでは「何言ってるのかわからない」といった声が上がっています。

 
 
 
同日、福島県に訪問した小泉大臣。

 
 
 
記者から福島第一原発事故で発生した除染廃棄物について

 
「45年3月までに県外で最終処分をすることは大きな課題」

 
「その最終処分場の検討が進んでいない。現状や見通しについて見解をいただきたい」

 
と問われました。

 
 
 
「これは福島県民の皆さんとの約束だと思います」

 
「その約束は守るためにあるものです。全力を尽くします」と発言したところ、

 
記者が「具体的には?」と再び訊ねました。

 
 
 
すると、こう返したのです。

 
 
 
「私の中で30年後を考えた時に、30年後の自分は何歳かなと発災直後から考えていました。

 
だからこそ私は健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、

 
そこの節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います」

 
 
 
さらに「だからこそ果たせる責任もあると思うので」と続けた小泉大臣は、

 
同県のふたば未来学園について「その思いがなければ取り組んでいません」と発言。

 
 
 
「教育というのは、一過性の支援ではできません」

 
「生徒たちが社会に羽ばたいた後の人生も含めて、

 
責任を負うんだという思いがあるからこそ取り組んできました」と語りました。

 
 
 
そして「この30年の約束もその思いで、

 
ライフワークだと言ってきたことをしっかり形にするために全力を尽くしたい」と結び、

 
会見は終了しました。

 
 
 
30年後の自身について語り、教育の持論を展開。

 
 
 
そして最後まで「何にどう全力を尽くすのか」を明かさなかった小泉大臣に
 
ネットでは「言ってる意味がわからない」といった声が上がっています。
 
 
 
《ごめん、進次郎のポエムが何言ってるのか全くわからない》

 
《それっぽい感じで何か語りつつ、実は何も言っていない小泉進次郎。

こういう人を雰囲気で持ち上げるのは、いい加減にしたほうがいい。ろくなことにならない》

 
《自分の意見すら持ってるか怪しいよね》

 
 
 
6日、仙台市で「震災からの復興」をテーマに講演をした小泉大臣。

 
 
 
そのなかでもこんな漠然とした発言をしています。

 
 
 
「支援をされる側でなくて、未来の被災地を支援する側に回るような発想ができれば、

 
私は日本人らしさを発揮できる復興や国づくりができるんじゃないかと思います」

 
 
 
また11日の就任会見で原子力発電に対する考えを問われた際も、

 
「どうやったら残せるかではなく、どうやったらなくせるかを考えたい」と返しています。

 
 
 
小泉大臣は11年3月の東日本大震災以降、復興に精を出してきました。

 
 
 
自民党の青年局長だった12年には被災地を巡回する「TEAM-11」を発足。

 
 
 
翌年、復興政務官に就任。

 
 
 
野党議員から与党議員ともなり、この8年間で様々な立場となって現地と向き合ってきました。

 
 
 
しかし前述のように、壮大に聞こえるものの具体性のない返答を繰り返しています。

 
 
 
朝日新聞が17日に発表した世論調査によると、

 
小泉大臣は「次の自民党総裁にふさわしい」という問いに対して22%から支持。

 
 
 
石破茂議員(62)や河野太郎防衛大臣(56)、菅義偉内閣官房長官(70)を差し置いて

 
トップでした。

 
 
 
さらに16日の産経新聞でも、最も活躍を期待する閣僚として48.9%がその名を挙げたという。

 
 

小泉進次郎の発言に国民や有識者の声は?

麻生太郎副総理と菅義偉官房長官以外は入れ替える大幅な改造となった第4次安倍再改造内閣。

 
 
 
中でも環境大臣として初入閣した38歳の小泉進次郎衆院議員に大きな注目をが集まっているが、

 
12日夜放送のAbemaTV『NewsBAR橋下』に出演した橋下徹氏は、

 
「やっぱり人気を気にしている」と苦言を呈しました。

 
 
 
ゲストの田村淳氏が

 
「進次郎さんが好きなんで、これからの日本のことを考えても若くして大臣の経験できるのは

 
すごくいい。どこかでやるとは思っていたが、やっときたか、と。

 
ただ、進次郎さんばかりにメディアも食らいついているから、

 
他の大臣がどうなのかも見ないといけないと思う」

 
 
 
橋下氏は「年がいっているのが悪いということではないけれど、

 
世界では40代前半・中盤のリーダーが国を引っ張る流れ。

 
僕が大阪府知事になったのも38歳だったし、やっぱりあの時の方がエネルギーもあった。

 
今はちょっとおじいちゃんになってるけど(笑)。

 
だから日本でも若い政治家がもっとバンバン出てきてもらいたいし、

 
小泉さんにも頑張ってもらいたいですよ」とエールを送った上で、

 
「人気があるし、皆が頑張れ、となっているけれど、あえて言わせてもらえば」と

 
切り出しました。

 
 
 
「福島第一原発にあるタンクに汚染水が溜まっている問題で、

 
小泉さんの前任の環境大臣が”薄めて海に流したほうがいい”と言って批判されていた。

 
でも、薄めて基準以下にすれば大丈夫だという研究結果も出ていて、今までも流れていたし、

 
韓国などでも流している。だから日本も早くやらないと溜まっていくばかり。

 
小泉さんの最初の記者会見で残念だったのが、

 
この問題について”やっぱり福島の皆さんが嫌がるような議論はしちゃいけないんじゃないか”と

 
言ったこと。確かに”流します”と言えば、福島の漁師たちは怒る。

 
それなら福島に集中的に流すのではなく、大阪湾とか瀬戸内海とか、全国で流せばいい。

 
だからこそ、小泉さんの発信力を使って、”僕の所管事項ではありませんが、

 
これは薄めれば大丈夫です。

 
福島だけには流しません、全国に流したらいいんじゃないですか”と言えばよかった。

 
そうすれば”おお~”っとなったと思う。やっぱり人気を気にしてるな、と思ってしまった。

 
でも、バンバンやってもらいたい」。

 
 

今回のまとめ

 
どうでしょうか?

 
 
 
今回は、小泉進次郎の発言は大丈夫?

 
 
 
セクシーやポエムに国民や有識者の声は?

 
 
 
についてまとめてみました。

 
 
 
今後のご活躍に注目したいですね。

 
 


スポンサードリンク

コメント