スポンサードリンク

秋元里奈の食べチョクでの購入方法は?起業したキッカケや評判は?

インターネット
出典:https://careerhack.en-japan.com
今話題となっている農業支援ベンチャー
ビビッドガーデンを創業した
女性起業家の秋元里奈さんですが、

食べチョクというオンラインマルシェを
運営されています。

食べチョクでの購入方法は
どのようになっているのでしょうか。

秋元里奈さんが食べチョクを起業したきっかけや
食べチョクの評判も気になります。

いろいろと調べてみました。

 


スポンサードリンク


スポンサードリンク

秋元里奈の食べチョクでの購入方法や料金は?

出典:https://japan.cnet.com
秋元里奈さんの食べチョク
オンラインの直売所です。

購入方法はというと、会員登録をして
ネットでの注文で購入できます。

商品一覧から気に入った農家さんの野菜セットや
お米、果物を選んで注文すると、
およそ2〜4日後に、最短では収穫当日に、
登録した住所に商品が届きます。

お気に入りの農家さんを見つけるための
少量お試しセットや
商品の条件を指定しての検索、
おまかせ定期便や共同購入などもあって、
それぞれの条件に合わせた
購入方法があるようです。

食べチョクでは農家さんが箱詰めをして、
収穫当日にお客様に直送するので、
どこよりも鮮度の高い農作物が届くそうです。

出典:https://www.tabechoku.com
食べチョクには、47都道府県、
全国から400軒以上のこだわりを持つ
生産者が出店しているそうです。

料金は生産者が自由に決めます。

そして、好きなときに、好きな価格で、
全国の買い手に直接販売できるので、
旬の季節野菜や、市場に出回らない
珍しい地場野菜などの限定商品も
豊富に揃っているそうです。

間にJAや卸売市場、小売店といった
流通経路を通さないので、
その分の経費がかからないため、
リーズナブルな価格設定ができるようです。

スーパー等で購入する野菜では、
生産者の取り分は、小売価格の約3割
だそうです。

それに対して食べチョクでは
約8割が生産者の手に入るそうです。

食べチョクのシステムは、
旬な野菜を適正な価格で販売できる、
厳選生産者が集うオンライン直売所
といえるようです。

また、食べチョクには、お互いの個性や、
温もりが感じられるような、
作り手と買い手が、直接コミュニケーションを
取る機能が用意されているそうです。

栽培方法へのこだわりや、商品の魅力を知ることで、
その生産者さん自身のファンになってしまうような、
心のかようオンラインの直売所です。

2019年7月25日からは畜産物・水産物の取り扱いが
開始されています。

出典:秋元里奈さんのFacebook
また、間もなく、食べチョクで
お酒の取り扱いも開始されるようです。

ますます購入したいという
消費者が増えそうですね。



スポンサードリンク


秋元里奈が食べチョクを起業したキッカケは?

出典:https://popcorn.coubic.com
株式会社ビビッドガーデンの創業者で代表取締役社長
を務められている秋元里奈さんは、
28歳という若さのキャリアウーマンです。

神奈川県相模原市の出身でご実家は農家でした。

慶應義塾大学理工学部管理工学科を卒業後、
ディー・エヌ・エーに入社します。

大手IT企業の若手エースだった秋元里奈さんは、
25歳で独立を果たしました。

そのきっかけは、久しぶりに帰った実家の畑に
何も植えられていないのを見たときに
とても悲しい気持ちになって、
昔のようにたくさんの野菜で
彩り豊かな畑に戻って欲しいと
思ったことからでした。

生産量の少ない小規模農家は、
高品質の農作物を作っていても
量が担保できないために販路が限られ、
収益化に課題をもっているそうです。

小規模農家が野菜を消費者に届けるためには、
多くの流通を経由しているため、
価格の設定も自由にはできず、
農業経営を継続することが本当に
難しくなって来ているようです。

秋元里奈さんのご実家も“農家”という職業に誇りをもち、
自慢の畑だと思っていたものの、
市場出荷のみでは持続が難しく、
遊休農地となってしまっていました。

農家の出身の秋元里奈さんだからこそ、
小規模農家の現状も課題も理解できて、
かけがえのない一次産業を盛り上げたいと
という気持ちが強くなり、
6月くらいに起業を決意したそうです。

2016年11月29日、秋元里奈さんは
農業支援ベンチャー「ビビッドガーデン」を創業します。

社名のビビッドガーデンには、
色鮮やかな(vivid)農地(garden)
もう一度取り戻したい”という想いが込められているそうです。

「同じ悩みを抱える生産者の力になりたい。
そしてもう一度、自慢の畑を取り戻したい」
「実際の消費者に、
本当に美味しい採れたて野菜を、
リーゾナブルな価格で届けたい」
という強い想いから、

2017年5月23日、秋元里奈さんは、
インターネットを利用した
オーガニック野菜を個人宅へ直接配送するサービス、
食べチョクをスタートさせました。

食べチョクは、農家さんたちは自慢の野菜を
自分で価格設定できます。

消費者はお気に入りの農家を選び、
新鮮でおいしい野菜を直接農家から送ってもらい、
最短では収穫当日に食べることができます。

スタートから約2年で、契約農家さんは400軒を超え、
食べチョクは軌道に乗りつつあります。

また、「食べチョク&more」というサイトでは
レシピや野菜の活用法、調理器具の紹介など
料理好きな方には時間を忘れてしまうほど
見所満載だそうです。

 



スポンサードリンク


秋元里奈の食べチョクの評判が気になる!

出典:https://techable.jp 食べチョクの口コミを拾ってみました。

 
食べチョクは野菜やお米やお茶を選ぶ際に
生産者の顔やこだわり、栽培方法が
分かる点が使いやすいと思いました。
お試しセットも充実しているので、
気になる商品は気軽に試せる点も嬉しいです。
土がついていることもありますが、
「採れたてなんだな」と実感出来ます。
 
サイトの写真でも伝わりますが、
実際食べてみるとどれもおいしく、
生産者の方と直接やりとりもでき、
その安心感がさらにおいしさを増してくれるように感じます。
生産者の方が教えてくださる料理法は
意外なものも多く、
食材に対する理解を深めてくれ非常に参考になり、
料理がさらに好きになりました。
 
まず、食べチョクで今一つだなと思うのは
一つの農家さんに絞ってしまうと
送られてくる野菜が限られるということです。
一つの農家さんで作っている野菜は限られているので、
いくつかの農家さんをローテーションで
回すというのがいいかなと思います。
また、送料がかなり高いです。
少しだけ野菜を頼むということが
しずらい状況になっているのもいまいちだな
と思います。
相性の良い農家さんを見つけるのも、
少し時間がかかります。
 
離乳食にと注文したら離乳食向けの野菜を
中心に入れてくだいました。
 
生姜が人生で一番美味しかった。
 
2家族用で分けるので、できれば2セットづつでと
いうお願いに快く対応していただき、
お野菜の説明やレシピも2枚づつ同封してある
神対応でした。
 
野菜の新鮮さや美味しさだけでなく、
生産者さんの野菜への思いや
購入者への気遣いが感じられるからこそ、
買った方にしか感じられない満足感が
あるようですね。

食べチョクには、
生産者と買い手が、直接コミュニケーションを
取る機能が用意されていて
お互いの温もりや気遣いを感じられるような
システムになっているようです。

栽培方法へのこだわりや、商品の魅力を知ることで、
その生産者さん自身のファンにも
なってしまうようですね。

 
https://twitter.com/7rules_ktv/status/1175243371289313280

9月24日(火)23時から
フジテレビ系列(関西テレビ)の
セブンルール に秋元里奈さんが
出演されるようです。

 

今回のまとめ

秋元里奈さんが、これから成し遂げたいことは、
生産者のこだわりが正当に評価される世界を
実現することだそうです。

2018年11月13日には、飲食店向けの新サービス
食べチョクProを開始して、
ますます目標に向かって活動を広げています。

毎日通勤に来ているオリジナルのTシャツは、
「食べチョクって何?」という声も聞こえてきたりして
意外と人の目についているようです。

これを着て飲食店に行くと、
お店の方から話しかけてもらえることもあって、
そこから実際にお取引にもつながっているとか。

行動力溢れる秋元里奈さんのこれからの活躍に
ますます目が離せませんね。

 


スポンサードリンク

コメント