スポンサードリンク

リーチマイケルのカフェの店名や場所、メニューや評判は?妻が経営?

グルメ
 
リーチマイケル選手は東京都府中市で嫁知美さんとカフェを経営しています。
 
 
 
ニュージーランドスタイルといっても、どのようなメニューがあるのか分からないですよね。

 
 
 
今回は、リーチマイケルのカフェの店名や場所、メニューや評判などについてまとめてみます。

 
 
田中史朗(ラグビー)の筋肉が凄い!身長や体重、経歴や年収を調査!
今年9月に開催されるラグビーW杯。今回はラグビー日本代表の田中史朗についてご紹介していきます。田中史朗の筋肉がとんでもない?、年収はいくら?、学生時代からラグビーで大活躍している経歴など様々な情報をご紹介していきます。

松島幸太郎(ラグビー)はハーフ?父母の国籍?身長体重?高校は?
こんにちは、ジョーです。 来年、日本で開催されるラグビーワールドカップ大会の 主力選手の一人である、松島幸太郎選手をご紹介します。 プロフィール!!! 名前...


スポンサードリンク


スポンサードリンク

リーチマイケルのカフェの店名や場所はどこ?

リーチマイケル選手は嫁知美さんとカフェを経営しています。

 
 
 
カフェの場所など詳しくご紹介します。

 
 
 
リーチマイケル選手が嫁知美さんと経営する
 
カフェ「Cafe+64」(プラス シックスティフォー)の場所は東京都府中市です。
 
 
 
2015年7月1日にオープンしました。

 
 
 
リーチマイケル選手とバリスタ森薫さんの夢を実現させたカフェとなっています。

 
 
 
日本の方々にニュージーランドスタイルのエスプレッソをベースとした

 
コーヒーを楽しんでもらいたい、

 
また日本在住の外国人の方々に懐かしのコーヒーを楽しんでもらいたいという思いから

 
カフェオープンとなったそうです。

 
 
 
詳しい住所は東京都府中市美好町1丁目18-3コーポビバルディ1Fで、最寄り駅は分倍河原駅です。
 
 
 
JR京王線、分倍河原駅から徒歩15分ほど、府中駅から徒歩15分ほどの場所にあります。

 
 
 
営業時間は、月火木土11:00~18:00・金11:00~21:00で、休業日は日水祝となっています。

 
 
 
イベント出店などで、臨時休業もよくあるので、気になる方はFacebookでの情報をご確認下さい。

 
 
 
Facebookでは、おすすめメニューも紹介されています。

 
 
 
席種と席数は、カウンター4席、テーブル8席、ソファー4席、テラス6席、全22席で全席禁煙です。

 
 
 
無料Wi-Fiが利用できますが、駐車場はありません。

 
 
 
近隣のコインパーキング等をご利用下さい。

 
 
 
お支払いは、レジにて前払いで、クレジットカードは使用できませんのでご注意下さい。

 
 
 
そして、気になるのは、店名にもある「+64」ではないでしょうか?

 
 
 
「+64」はリーチマイケル選手の出身地、ニュージーランドの国際電話の国番号です。
 
 
 
お店の雰囲気としては、ニュージーランドスタイルの居心地がいいカフェとなっています。

 
 

スポンサードリンク


リーチマイケルのカフェのメニューや評判は?

リーチマイケル選手が嫁知美さんと経営するカフェの評判について調べてみました。

 
 
 
リーチマイケル選手と嫁知美さんが経営する「Cafe+64」の評判は上々のようです。
 
 
 
リーチマイケル選手と嫁知美さんが経営する「Cafe+64」は、どのようなメニューがあるのか、

 
ニュージーランドスタイルってどういうメニューがあるのか調べてみました。

 
 
看板メニュー
 
「キャロットケーキ」

にんじんたっぷりでとってもヘルシーとなっています。

 
 
「ソーセージロール」

ニュージーランド人の大好きなメニューです。

ひき肉の詰め物をパイで包んだもので大人気メニューです。

 
 
「コーンフリッター」

コーンがたっぷり入ったパンケーキでニュージーランドのカフェでは定番のメニューです。

 
https://twitter.com/8_gattetsu/status/1172578683334250496
 
おすすめメニュー
 
「アフガンビスケット」

コーンフレークが入ったザクザク食感のチョコビスケットで、リーチマイケル選手一押しです。

 
 
「日替わりランチセット」

ランチは900円からとリーズナブル!

 
 
「シェパーズパイ」

ひき肉のトマト煮にマッシュポテトとチーズを乗せて焼いた、

ニュージーランド定番メニューです。

 
 
「キウイブレッキー」

土曜と時々平日に登場するボリューム満点のメニューです。

ソーセージやベーコン、クランペット(小麦粉と酵母で作る軽食パン)、

スクランブルエッグなどが1プレートに!

 
 
「デザートクランペット」

焼きたてのもちもちクランペットにニュージーランド産アイスクリームが乗った

オリジナルデザートです。

 
 
「キッシュ」

しっかり栄養のとれる、具だくさんのキッシュ

(パイ生地で作った器の中に卵、生クリーム、ひき肉、野菜などを入れてチーズなどを

乗せ焼きあげるもの)です。

 
 
「チーズケーキ」

粉を一切使用していないニュージーランドスタイルのチーズケーキです。

キウイフルーツのソースをお好みでかけて食べます。

 
 
「マフィン」

ベーコンチーズ、ほうれん草チーズ、ベリーホワイトチョコ、ジャファ、

キウイマヌカハニーの5種類あります。

 
 
 
この他にも飲み物やランチメニューが豊富に揃っています。

 
 
 
サラダボールはメニューから自分のオリジナルにカスタマイズもでき、

 
かなりのボリュームがあります。

 
 
 
お店のオリジナルドレッシングのにんじんのドレッシングがとても美味しいです。

 
 
 
ニュージーランドの食べ物や飲み物ってなかなか食す機会はないですよね。

 
 
 
この機会に行ってみてはいかがでしょうか。

 
 



スポンサードリンク


リーチマイケルのカフェは妻が経営で店にいる?

リーチマイケル選手は、

 
東海大学時代の同級生「知美(さとみ)さん」と2012年に結婚されました。

 
 
 
嫁知美さんは元バレーボール選手とのことで身長が171cmと高めです。

 
 
 
リーチマイケル選手が190cmあるので、全然問題ではないでしょう。

 
 
 
2013年11月生まれの「真依ちゃん」という娘さんがいます。

 
 
 
ハーフの女の子なので、相当かわいいようです。

 

出典:http://irodori-terrace.com/athletelibrary/6901/


 
 
リーチマイケル選手は選手として忙しい日々ですが、

 
奥様と府中市三好町で2015年からカフェを経営されています。

 
 
 
リーチマイケルのカフェの場所や評判は?
 
リーチマイケル選手は選手として忙しい日々ですが、

 
奥様と府中市三好町で2015年からカフェを経営されています。

 
 
 
「+64」(プラスシックスフォー)という店名、

 
母国NZの国際電話の国番号から店名をつけているそうです。

 
 
 
次はNZで日本スタイルの店を始めたい、

 
「+81」という店名で(日本の国番号)との夢を語っているそうなんですよ。

 
 
 
リーチマイケル選手は、カフェ経営することが夢で

 
経営の勉強やコーヒー豆の勉強を熱心にやっていて、念願のオープンなのだそうです。

 
 
 
食べログの記事ですが おしゃれな店内の写真が見られます。

 
 
 
リーチマイケル選手は、フラットホワイト(カフェラテ)がお好きなんだそうですよ。

 
 
 
一人でも、子供連れでも大歓迎!のカフェだそうです。
 
 
 
とても居心地が良いとの評判でした。

 
 
 
リーチマイケル選手もお店にいることがあるので、会えたらラッキーですね。

 
 
 
府中市では、時折子供さんと自転車に乗るリーチマイケル選手を見かける事があるそうです。

 
 
 
イクメンのリーチマイケル選手だからこそ、子供連れでも歓迎だと言われるのでしょうね。

 
 

リーチマイケルの経歴やプロフィール!

リーチマイケル選手はなんで日本代表なの?

 
 
 
国籍日本なの?

 
 
 
と疑問に思われている方も多いのではないのでしょうか。

 
 
 
まずは、プロフィールと経歴から見ていきましょう。

 
 
 
プロフィールです。

 
 
 
生年月日 1988年10月7日

出身地 ニュージーランド クライストチャーチ
身長 190cm

体重 105kg

愛称 リーチ

ポジション ナンバーエイト、フランカー

所属チーム 東芝

スーパーラグビー チーフス、サンウルブズ

日本代表キャップ 59

 
 
 
キャップとは?
 
国代表同士の対抗試合に出場した回数のことを指します。

 
 
 
例えば、ワールドカップで3試合に出場した場合、キャップ3を獲得します。

 
 
 
チームが経験豊富で試合慣れしていることを表す尺度として使われます。

 
 
 
各国のラグビー協会が帽子を選手に贈呈していたため、この呼び名があるそうです。

 
 
 
続きまして、経歴をご紹介します。

 
 
 
リーチマイケル選手の父親はニュージーランド出身でスコットランド系白人、
 
母親はフィジー出身です。
 
 
 
5歳の時に母親がラグビー好きだったことがきっかけでラグビーを始めます。

 
 
 
リーチマイケル選手は15歳の時にクライストチャーチのセント・ビーズ・カレッジから

 
留学生として来日しました。

 
 
 
札幌山の手高校に入学し、東海大学体育学部に進学しました。
 
 
 
東海大学では、東海大学体育会ラグビーフットボール部に所属しました。

 
 
 
2008年に開催されたラグビージュニア世界選手権に日本代表として出場しました。

 
 
 
アメリカ戦で日本代表として初キャップを獲得しています。
 
 
 
東海大学3年生の時に全国大学ラグビーフットボール選手権大会で準優勝し、

 
4年生での大学選手権でもベスト4となっています。

 
 
 
リーチマイケル選手は東海大学卒業後、東芝ブレイブルーパスに加入しました。

 
 
 
その年のラグビーワールドカップの日本代表に選出され、フランカーとして出場しました。

 
 
 
2013年、スーパーラグビーの強豪チーフス(ニュージーランドのチーム)に

 
期限付き移籍すると発表しましたが、腕を骨折していることが分かり契約を解除されました。

 
 
 
2013年7月25日、日本の法務省から日本国籍の取得認可が下り、日本国籍を取得しました。

 
 
 
日本人プレーヤーとして活動することになり、
 
名前表記を「マイケル・リーチ」から「リーチ・マイケル」に変更しています。
 
 
 
2014年日本代表のキャプテンに指名され就任しました。

 
 
 
2015年チーフスに再加入しています。

 
 
 
また、この年のラグビーワールドカップの代表に選出されました。

 
 
 
ラグビー以外のほとんどのスポーツは、

 
国の代表選手は、その国の国籍を持つ選手である必要がありますが、

 
ラグビーは違い、条件を満たしていれば代表になれます。

 
 
 
ラグビーにおける日本代表の条件がこちらです。

 
 
 
出身地が当該国である。
 
両親および祖父母のうち1人が当該国出身である。
 
当該国で3年以上、継続して居住している。
 
※2020年以降は居住年数が3年から5年に変更される予定です。

 
 
 
この3つのうち、どれか1つを満たせば、その国の代表選手になれるというわけです。
 
 
 
また、一度代表国を決めると他国での代表選手にはなれない規定があります。

 
 
 
リーチマイケル選手や大勢の外国人日本代表選手は、

 
自分の生まれた国で代表になるのか日本で代表になるのか、

 
すごく悩むところなのではないでしょうか?

 
 
 
日本だけが外国人選手が多いわけではなく、

 
ラグビーにおいては他の国の代表選手も外国人が多く入っている国もあります。

 
 

今回のまとめ

 
どうでしたか?

 
 
 
今回は、リーチマイケルのカフェの店名や場所、メニューや評判などについて見てきました。

 
 


スポンサードリンク

コメント