スポンサードリンク

小島慶子はヒステリーで発達障害?常に激怒の発言で夫は専業主夫に?

エンタメ
 
小島慶子さんといえば、元TBSアナウンサーで

 
現在はコメンテーターやエッセイストとしてご活躍されておりますよね。

 
 
 
今回は、小島慶子はヒステリーで発達障害?

 
 
 
常に激怒の発言で夫は専業主夫に?

 
 
 
について見ていきます。

 
 


旭日旗の起源はいつから?禁止されるべき旗?なぜ韓国は嫌うのか?
韓国で反日ムードが高まると、たびたび目の敵にされるのが「旭日旗」です。「軍国主義の象徴」「ハーケンクロイツと同じ」として、旗そのものだけではなく、旭日旗に似たデザインはことごとく批判の対象にされます。今回は、旭日旗の起源はいつから?禁止されるべき旗?なぜ韓国は嫌うのか?などについて見てきました。

三輪記子弁護士の男性遍歴が半端ないけど旦那は公認してるの?
弁護士の三輪記子(みわふさこ)さんが 『世界まる見え!テレビ特捜部』に出演されます。 三輪記子弁護士は美人弁護士としても有名ですが、 その男性遍歴が半端なく、話題になっています。 その男性遍歴を旦那さんは公認しているのか、 などを今回は調べていきたいと思います。

竹田恒泰は過激発言で人気?韓国や在日朝鮮人や歴史教科書の認識とは
明治天皇の玄孫でもある作家の竹田恒泰さんですが、テレビ番組やツイッターでの過激発言で話題になっています。竹田恒泰さんは、韓国や在日朝鮮人にどのような発言をしているのでしょうか。また、教科書検定で不合格になったという中学歴史教科書はどのような認識で執筆されたのでしょうか。気になることを調べてみました。

三浦瑠麗の夫はハーフでエリート?馴れ初めや子供、結婚観も凄い!
国際政治学者の中でダントツに可愛いと話題になっている三浦瑠麗さん。政治に精通した番組や、ときにはバラエティ番組にも登場するので、三浦瑠麗さんのファンが急増しています。今回は、三浦瑠麗の夫はハーフでエリート?馴れ初めや子供、結婚観も凄い!などを調べてみました。


スポンサードリンク


スポンサードリンク

小島慶子はヒステリーで発達障害?

1995年にTBSアナウンサーを入社し、2010年に退社します。

 
 
 
TBSアナウンサーとして15年間勤めています。
 
 
 
その後タレント、エッセイスト、ラジオ、テレビ、雑誌など多様なメディアで活躍しています。

 
 
 
また、講演会も行っているようです。

 
 
 
また、2人の子を持つ親でもあります。

 
 
 
小島慶子さんを調べるとキーワードで「ヒステリー」「発達障害」と出てくるようです。

 
 
 
なぜそうなったのかネットやメディアなどで調べてみました。

 
 
 

発達障害について

 
まず、発達障害のことから書いていきます。

 
 
 
小島慶子さんが書いているネット記事にカミングアウトしていましたが、
 
発達障害というより大人のADHD障害だということがわかりました。
 
 
 
小島慶子さんが40歳過ぎたころに発覚したようです。
 
 
 
近年では、大人になって発達障害であることが分かることが増えているそうです。

 
 
 
大人のADHDの特徴として「思ったことをすぐに口にしてしまう」というのがあるそうです。

 
 
 
不安になった方も多いと思いますが、

 
思ったことをすぐ口にしちゃうだけでADHDにはならないので安心してください。

 
 
 

ADHDの特徴

 
第一に挙げられるのが、衝動性の思ったことをすぐ口にしてしまうことです。

 
 
 
他に、多動性、不注意があります。

 
 
 
思いついたら行動=衝動性
 
・思ったことをすぐに口にしてしまう。

・衝動買いをしてしまう。

 
じっとしていられない=多動性
 
・落ち着かない感じ。

・貧乏ゆすりなど、目的のない動き。

 
気が散る=不注意
 
・約束や期日を守れない、間に合わない。

・片付けるのが苦手。

・仕事などでケアレスミスをする。

 
 
 
このような特徴は、子どものころからあっても、

 
大人になって、家庭や仕事の場面で責任が出てきたり、

 
学校や職場でほかの人たちと接するなかで障害として気づかれる事が多いようです。

 
 
 

小島慶子さんはヒステリックなのか?

 
小島慶子さんが、軽度のADHDと言うことがわかりました。
 
 
 
小島慶子さんがヒステリーになった原因が、仲が良くない母親との関係が続き、

 
出産後、嫌悪感が抑えられなくなった上に、子育て、仕事へ復帰など負担が重なり、

 
パニック発作が起きたようです。

 
 
 
病院の診断で「不安障害」と診断されています。

 
 
 
子供や旦那さんに、八つ当たりをして、ヒステリーが止まらなかったと話しています。
 
 
 
小島慶子さんは、死のうと思って、マンションから飛び降りようとしたこともあったようです。

 
 
 
旦那さんが、止めてくれ無かったら死んでいたと話しているようです。

 
 

スポンサードリンク


小島慶子は常に激怒の発言で炎上も多い?

小島慶子、元TBSアナウンサーで、エッセイスト。

 
 
 
その他、「オールナイトニッポン」のパーソナリティも務めているんだとか。

 
 
 
また、時々テレビに出ては人に嫌われるような発言をする印象の方です。

 
 
 
日本テレビ系の「そこまで言って委員会NP」にもたまに出演して、

 
共演のコメンテーターから批判を浴びるパターンが多い方です。

 
 
 
最近ではあまり出演してないようですが、

 
以前の放送で「オーストラリアは、ターンブル首相が誕生指定からは親中化が進み、

 
アメリカ海兵隊が駐留するダーウィン港を中国企業に貸し出す契約まで結んだ」という話で、

 
パネリストがオーストラリア批判をする中、小島さんは…

 
私、なんでみんな中国のことを悪く言うの?って思うの。

中国を好きな人はみんな嫌い。

中国を少しでも理解する奴はみんな嫌いって大人気ないよ!

もうちょっと冷静に考えようよ。

中国も日本もオーストラリアも引っ越せないんだしさ。

 
 
 
と訴えたのは有名で、これに対して司会の辛坊治郎が

 
「この地上に独裁国家はダメだ。それが基本なんですよ」とたしなめたのです。

 
 
 
中国が世界各国の港湾に進出して、軍事拠点化していることが問題なのに、
 
そんなことは理解せず「中国嫌い」を批判したのです。
 
 
 
これに限らず、小島さんは他の番組に出演した際にも、

 
ツイッターでも「意味わからん発言」を繰り返している方なのです。

 
 
 
9月28日、熊本市議会で、9月定例会の最終本会議中、緒方夕佳議員が、

 
自らが紹介した市民からの請願7件が、今議会の議会運営委員会で不採択になったことに反発し、

 
質疑に立った際、飴をなめていることに他の議員が気づいて批判したところ、

 
騒ぎとなり、議会が8時間中断され、緒方議員は議会からの謝罪要求も拒否したため、

 
1日の議会への出席停止となった事件について、小島さんがTwitterで…

 
 
 
これほんとただのいじめ。

学校でも会社でも議会でも、ルールにこじつけた大人のいじめが堂々と行われていて、

子どものいじめがなくなるはずはない。

お互い大人なんだから「あめをなめながらはやめてくださいね、はい失礼しました

のど痛かったもんで」で本題に入ればいいでしょ!

大ごとにするところが幼稚だし悪意を感じるよ。

 
 
 
と、批判したのです。

 
 
 
これって、飴をなめた議員と処分を下した議会とどっちを批判しているんでしょうか?

 
 
 
多分議会の方だと思いますが。

 
 
 
だとすれば、議会側は緒方議員に対して「飴を口にくわえての登壇はダメですよ。」とたしなめ、

 
謝罪文を読むように言ったのですが、

 
それを緒方議員が拒否したばっかりに大ごとになったのです。

 
 
 
大ごとにしたのは、緒方議員の方なのです。

 
 
 
しかもこの緒方議員は、以前、自分の乳児を断りもなく議場に連れて入って問題になり、

 
注意されても出て行かなかったあの議員で、

 
他にも熊本市議会で色々問題行動をしている方なのです。

 
 
 
小島さんはそこのところが分かって言っているんでしょうかね。

 
 
 
あめ玉を口にくわえる行為は、たわいもない行為ですが、

 
市民のために市民の意見を代弁するために登壇したのです。

 
 
 
その時、議長に注意されて「風邪ひいてて、咳が出るから」と抗弁したのですが、

 
のど飴をくわえていれば咳が出ないというのならば理由にはなるでしょうが、

 
のど飴が即効性がないことくらい大人であれば分かるはずです。

 
 
 
緒方議員は、議長に注意されても謝罪もせず、結局市民の代弁はできなかったのです。

 
 
 
緒方議員は、市民のために主張をすべきだったのにそれをせず

 
「飴玉くらいいいじゃない」という主張をしてしまったのです。

 
 
 
何のために市会議員になったのでしょうか?

 
 
 
この件に対して、小島さんがまた偉そうに、この議会を「大人のいじめ」とtweetしたのです。
 
 



スポンサードリンク


小島慶子は夫は専業主夫で海外移住?

2014年に夫と2人の息子とともに自身の生まれ故郷である
 
オーストラリア・パースに移住しました。
 
 
 
元テレビディレクターの夫は2013年に仕事に疑問を感じ退職。

 
 
 
現在は専業主夫となり子育てに励んでいるため、

 
小島が日本に出稼ぎし一家の生計を立てている形です。

 
 
 
ある月では、小島がオーストラリアで家族と過ごすのは月に8日だけ。

 
 
 
残りの22日は日本でメディア出演や講演などに勤しんでいました。

 
 
 

小島は「寂し死にするほど」

 
移住の理由について「夫の退職と自身のフリーランス進出」の時期が重なったことと、

 
「子供たちに海外で教育を受けさせたい」との想いがあったと、

 
これまで小島は明かしてきました。

 
 
 
イチから出直す意味もあり環境を変えることを決意した小島だが、

 
移住は良いことばかりではありません。

 
 
 
その苦悩を妻と夫、それぞれの目線で語ります。

 
 
 
小島は1人で日本に出稼ぎにいくことが「寂し死にするほど寂しかった」という。
 
 
 
また、夫が仕事を辞めて収入が減った点への不安も大きかったと振り返りました。

 
 
 

夫は「毎日半泣きだった」

 
新しい生活を始めるにあたり「子供を不安にさせたくない。不安を取り除く」のが

 
第一だったという夫。

 
 
 
移住前は自身も不安を感じていたが

 
「『俺できるか?』なんて考える暇もなかった。毎日半泣きだった」と本音を吐露します。

 
 
 
「オーストラリアに来るまで英語から逃げてきたのに、最後に捕まった」と

 
特に言葉の壁に苦しんだことを明かし、

 
今でも英語が上手くならないことに「ずっと落ち込んでいる」と嘆きます。

 
 
 
孤独でツライ移住だが「どうしようもない」と吹っ切って、

 
子供が出掛けた後に1人で家に閉じこもり「自分が弱いと認める時間」を設け、

 
気持ちを切り替えることで乗り越えたと明かしました。

 
 
 
オーストラリアには、ご主人と現在高校生と中学生の2人の息子さんと移住されています。

 
 
 
移住の目的は、2人の子供たちに日本以外の教育を受けさせたいということ。

 
 
 
ご主人は現在無職で家事全般を請け負い、

 
小島さんが一家の大黒柱として日本とオーストラリアを行き来して、家計を支えていることに、

 
ご夫婦が初めて本音でぶつかり合う様子が放送されました。

 
 
 
小島慶子さんのご主人は、テレビディレクターとしてお仕事されてましたが、

 
業務内容に疑問を持ち、オーストラリア移住前の2013年に退社。

 
 
 
勤務年数は20年。

 
 
 
その後は、お仕事はされておらず家事全般に担っているそうです。
 
 
 
ご主人の様子はというと、移住した当初から現在まで生活について

 
「今でもずっと落ち込んでいる。もう毎日半泣き」と小島さんが明かされてます。

 
 
 
やはり、妻が出稼ぎでバリバリ仕事をして、

 
夫が海外で子育てしながらと専業主夫という立場が辛くなってきたのでしょうか?

 
 
 
でも、もし仕事をしたいと思えば、

 
お子さんも大きいのでオーストラリアで元テレビディレクターという経験を活かして

 
何か仕事を出来そうな気もします。

 
 

今回のまとめ

 
どうでしたか?

 
 
 
今回は、小島慶子はヒステリーで発達障害?

 
 
 
常に激怒の発言で夫は専業主夫に?

 
 
 
についてまとめてみました。

 


スポンサードリンク

コメント