スポンサードリンク

丸山穂高は戦争煽動発言などトラブル多く経歴が凄くても嫁が来ない?

政治
 
丸山議員は北方領土をめぐる発言で糾弾決議を受けていました。

 
 
 
今回の投稿に、立憲民主党は「国会議員としてあるまじき行為です」と指摘。

 
 
 
「NHKから国民を守る党」に所属する丸山穂高・衆院議員が

 
8月31日、韓国が実効支配する島根県の竹島について

 
「戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」とTwitterに投稿しました。

 
 
 
北方領土の返還手段について「戦争」について言及し、

 
国会の糾弾決議を受けた後の投稿だけに議論を呼びそうです。

 
 
 
今回は、丸山穂高は戦争煽動発言などトラブル多く経歴が凄くても嫁が来ない?

 
 
 
についてまとめてみました。

 
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

丸山穂高は戦争煽動発言などトラブル多い!

2019年に北方領土のビザなし交流の訪問団として国後島を訪れた際、

 
北方領土問題に関して滞在先の元島民の男性に対し

 
「戦争をしないとどうしようもなくないか」
 
「(戦争をしないと)取り返せない」
 
と発言しています。

 
 
 
2015年のトラブルから丸山議員は禁酒宣言していますが、

 
この失言の際もお酒を飲んでいたようです。

 
 
 
記者会見で禁酒宣言について聞かれると、日常的に飲んでいたことを明かしています。

 
 
 
自分が言ったことすら守れないということは、

 
禁酒宣言はその場しのぎと思われても仕方がないですね。

 
 
 
また、丸山議員は日本の核武装について、

 
「今後の情勢によっては検討すべき」

 
という考えを持っていたり、日本国憲法の改正に賛成の意志を持っていたり、

 
以前から戦争に対する肯定的な思考があったようです。

 
 
 
失言は、自分の本心ではないと言っていましたがお酒に酔っていたとは言え、

 
自分が思ってないことを発言することはないと思います。

 
 
 
また、同じく日本維新の会所属の石井苗子議員は、

 
丸山議員の失言を肯定するような発言をし注目されています。

 
 
 
石井議員も日本憲法改正に肯定派の意見を持っています。

 
 
 

北方領土をめぐる発言で糾弾決議を受ける

 
丸山議員は5月、ロシアが実効支配する北方領土について

 
「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと言及。

 
 
 
当時所属していた「日本維新の会」に除名されました。
 
 
 
衆院は実質的に議員辞職を促す「糾弾決議」を全会一致で可決したが、丸山氏は議員辞職を拒否。

 
 
 
NHKから国民を守る党に入党していました。

 
 
 

「竹島も本当に交渉で返ってくるんですかね?」と疑問視

 
竹島をめぐる今回の丸山議員の投稿は、

 
8月31日に韓国の国会議員計6人が竹島に上陸したことを受けたものでした。

 
 
 
日本外務省の金杉憲治・アジア大洋州局長は

 
「竹島が日本の固有の領土である事実に照らして到底受け入れられず、極めて遺憾だ」とし、

 
韓国側に再発防止を求めました。

 
 
 
こうした日本政府の行為に関して丸山議員は「政府もまたまた遺憾砲」と揶揄した上で、
 
「竹島も本当に交渉で返ってくるんですかね?戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」
 
などと投稿しました。
 
 
 

「笑い話ですまない」と批判の声

 
今回の丸山議員の投稿は、大きな波紋が広げました。

 
 
 
立教大学大学院特任教授の金子勝氏は9月1日、

 
「笑い話ですまない」

 
「何度でも繰り返せば、国会でも戦争を煽る言説が当たり前にする気なんでしょうか」

 
とTwitterで批判しました。

 
 
 
他の野党からも批判の声が出ています。

 
 
 
立憲民主党の公式Twitterは同日

 
「ツイッターでまたこのような発言を繰り返すことは、国会議員としてあるまじき行為です。

 
全く反省していないのですか」と投稿しました。

 
 

スポンサードリンク


丸山穂高の経歴が立派!

名前:丸山 穂高 (まるやま ほだか)

生年月日:1984年 1月 10日

血液型:A型

出身:大阪府

身長:176センチ

趣味:登山、温泉、座禅

好きなもの:たこ焼き、カレーライス

 
 
 
丸山議員は、片耳難聴という病気をお持ちのようです。

 
 
 
後天性の病気によって左耳が聞こえなくなってしまったようですが、

 
記者会見などの様子を見ても特に違和感は感じませんでした。

 
 
 
そこそこ身長もあってイケメンで将来が期待される若手の政治家なので

 
相当モテていたのではないでしょうか。

 
 
 

丸山議員の学歴について

 
出身高校:西大和学園高等学校

 
出身大学:東京大学 経済学部

 
 
 
丸山議員は奈良県にある私立の西大和学園という高校に通われていたそうです。

 
 
 
偏差値は72から76だということで近畿地方では有名な私立高校のようです。

 
 
 
そして出身大学は東大ということですごいですね。

 
 
 
東大の最新の学部別偏差値によると経済学部は6学部中、第3位で偏差値67.5だそうです。

 
 
 
3位と言っても上位2学部以外は同じ偏差値でした。

 
 
 
東大に入ったり政治家になれたりするくらいですからもともと勉強は得意のようですね。

 
 
 
大学卒業後に、経済産業省に勤務されています。

 
 
 
官僚のエリートだったんですね。

 
 
 
その後、2009年から2012年まで松下政経塾に在塾しています。
 
 
 
松下政経塾とは、松下幸之助が設立した塾で未来のリーダーを育成するのが目的のようです。

 
 
 
自ら研修を組み立てるそうで、

 
生活の心配をすることなく研修に打ち込んで欲しいという想いから、

 
研修・研究にかかる資金や寮の提供などは塾が負担するそうです。

 
 
 
卒塾後は、

 
2012年 日本維新の会大阪府の支部長に就任

 
第46回衆議院総選挙に初当選

 
2015年 おおさか維新の会に参加し、政務調査副部長、国会対策副委員長に就任

 
このような経歴を経て、現在衆議院3期目だそうです。

 
 
 
丸山議員は、過去にお酒が絡んだ不祥事があるようです。

 
 
 

丸山議員の禁酒宣言

 
2015年12月末にお酒の席で男性らともみ合いになり、
 
相手の手を噛むというトラブルを起こしています。
 
 
 
本人曰く、

 
「居酒屋から出たところ、複数の人に絡まれて口論に。

 
先に殴打され首を絞められたので、反射的に手を噛んだ。」

 
と弁明しています。

 
 
 
この時は所属党の幹事長より厳重注意処分を受けたようです。

 
 
 
そしてこのトラブルを機に、公職に在職中は公私ともにお酒は飲まないと禁酒宣言していました。

 
 




スポンサードリンク


丸山穂高に嫁が来ないのは本人の性格のせい?

丸山議員は結婚しておらず、独身のようです。
 
 
 
過去の不祥事や失言により、

 
議員の職も続けられるか危ういですし妻子がいなくて良かったかもしれませんね。

 
 
 
過去に彼女がいたようですが、2012年の選挙のタイミングで別れているようです。

 
 
 
また、過去には銀座の東大生ホステスに手を出して逃げたというスクープがあったようです。

 
 
 
お酒や女性など今後も問題が出てこなければいいですが……。

 
 
 
丸山議員は若くして政治家で顔もイケメンであり、

 
地位も名誉もあるにも関わらずなぜ独身なのでしょうか。

 
 
 
政治家の妻選びは今後の出世にも関わるというほど重要のようですので

 
慎重になっているのでしょうか。

 
 
 
丸山議員は以前彼女がいたようですが、選挙を前に別れているようです。

 
 
 
選挙を前に別れているということは、

 
政治家になるにあたってそれ相応のお相手を探していらっしゃるのでしょう。

 
 
 
ルックスも悪いわけではなくむしろイケメンですのでモテないということはなさそうですしね。

 
 
 
丸山議員はこの人だという人が見つかるまであえて結婚しない主義なのでしょう。

 
 
 
しかし、今回の戦争発言や過去の不祥事などをみると

 
性格に難ありという可能性も否定できませんよね。

 
 
 
丸山議員はあえて結婚しないのではなく、結婚出来なかったのかもしれません。

 
 
 
戦争発言という失言をしてしまった丸山議員ですが、一体どんな性格なのでしょうか。

 
 
 
丸山議員が政治家を目指したきっかけは、

 
阪神淡路大震災のボランティアを経験したからだそうです。

 
 
 
当時、父親に連れられて被災地のボランティアに行ったそうですが、

 
そこで経験した行政に対する不満や不信感が政治家を志した原動力になったのだとか。

 
 
 
政治家になりたいと小学校の卒業文集に書いていたそうです。

 
 
 
正義感の塊だなと思ったのですが、

 
実際には官僚というキャリアを経て政治家になられていますよね。

 
 
 
本当に政治家になりたいのだったら真っ直ぐ政治家の道を歩んでそうですが……。

 
 
 
しかし、丸山議員は官僚を経て、松下政経塾に通い政治家になっています。

 
 
 
そして、官僚への働き方アンケートによると、

 
「政治家の奴隷という気がする」

 
「政治家が残業の根源になっている気がする」

 
などという意見が多くあるようでした。

 
 
 
丸山議員は官僚を経験して、

 
政治家への不信感や不満を感じたから政治家になったのでは?という疑問を感じてしまいました。

 
 
 
そんなことを公言すると色々まずいでしょうし、

 
官僚という職業から人脈づくりなど何かしら意図があったのかもしれませんが。

 
 
 
しかし、過去に禁酒宣言したにも関わらず飲酒の上で

 
今回の失言があったことなどから推測すると、その場限りの対応が多かったり、

 
口だけなことが多いのではないのかと思います。

 
 
 
このような性格が結婚出来ない理由になっているのかもしれません。

 
 

今回のまとめ

 
今回は、丸山穂高は戦争煽動発言などトラブル多く経歴が凄くても嫁が来ない?

 
について見てきました。

 
 
 
丸山穂高議員は、優秀な学歴と経歴があることがわかりました。

 
 
 
しかし、以前からトラブルが多々あったようです。

 
 
 
また現在結婚はしておらず、独身でした。

 
 
 
政治信条は政治家それぞれ違うものを持っているのは当然ですが、

 
平和という価値観はみんな同じ意志を持っていたいですね。

 
 


スポンサードリンク

コメント