スポンサードリンク

大城和恵(国際山岳医)の学歴や経歴!イモトや三浦雄一郎との関係は?

テレビ番組
出典:https://www.tfm.co.jp
女性医師の大城和恵さんですが、
日本人初の国際山岳医に認定されたことで
有名です。

大城和恵(国際山岳医)さんはどんな学歴や
経歴をお持ちの女性なのでしょうか。

また、お笑いタレントで女優のイモトさんや
プロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎さんとの
の関係は、どのようなものなのでしょうか。

気になることをいろいろと調べてみました。



スポンサードリンク


スポンサードリンク

大城和恵(国際山岳医)の学歴や経歴などプロフィール!

出典:http://news-geispo.2chblog.jp
大城和恵(国際山岳医)さんは1967年生まれの現在52歳。
長野県長野市の出身です。

大城和恵(国際山岳医)さんの学歴ですが、
長野県長野高等学校を卒業後、
日本大学医学部に進学しました。

1992年に同大学を卒業後、
日本大学医学部にある附属の板橋病院第一内科で
循環器内科医として勤務しています。

とても順調な学歴、経歴ですね。

その後、勤務して10年ほど経った頃、
大城和恵(国際山岳医)さんは
2002年、35歳で、札幌市に転居して
「心臓血管センター 北海道大野病院」で
勤務することになります。

大城和恵(国際山岳医)さんが
勤務先を変えた理由は、
将来について考えたときに
次は住む場所から仕事を見つけようと
思ったからだそうです。

長野県で生まれ育った大城和恵(国際山岳医)さんは、
登山好きの父親に幼い頃から山へ連れて行ってもらったり、
家族で冬のスキーを楽しんでいたそうです。

大学生になって再度、山に魅力を
感じるようになって、
本格的に登山をするようになったそうですが、

大城和恵(国際山岳医)さんにとって、
北海道は冬にスキーによく訪れていた場所で、
趣味の登山がしやすい場所だったようです。

そして、出かけたヒマラヤの一人旅で、
重い高山病の若者に接した時に、

ご自分の高山病に対する知識が十分でないことから
どのように処置すれば良いのか自信を持って
できなかったという経験をしました。

そのことがきっかけで、大城和恵(国際山岳医)さんは
2009年、42歳の時に病院を退職して、
山岳医療について勉強するために
イギリスのレスター大学に留学します。

それまでの経歴の延長ではなく、
住む場所を変えたり、
病院を退職して留学したり、
凄い決断力と行動力をお持ちですね。

大城和恵(国際山岳医)さんは、2010年にレスター大学
山岳医療修士を取得して、
日本人初の国際山岳医に認定されました。

帰国した大城和恵(国際山岳医)さんは
2011年より北海道大野記念病院の循環器内科へ
非常勤として復職します。

そして、日本で初めての「登山外来」を設立して、
循環器内科と並行して仕事を続けているそうです。

山での遭難者を助けたいという思いから
大城和恵(国際山岳医)さんは、
外傷や心臓突然死、低体温症といった
山岳での3大死因を未然に防ぐために、
現在も、登山者に対して健康・安全のための
アドバイスや指導をしているそうです。

 
出典:https://3pomichi.com
大城和恵(国際山岳医)さんは2015年から
毎年、夏の3週間は、富士山の8合目にある
「富士山衛生センター」に勤務していて、

標高3250mの「日本一高い場所にある診療所」に
勤務する富士山の女性医師として話題
になっているようです。

富士山の診療所では白衣姿で外に出て、
目の前を通る登山家たちに
高山病や脱水症、低体温症の怖さを
伝えることも多いそうです。

たった一人で、24時間体制で向き合うことを
毎年続けているなんて、
山岳遭難を少しでも減らしたいという
相当強い思いがあるのですね。

 
 
大城和恵(国際山岳医)さんは山岳医療の
スペシャリストであるだけでなく、
ご自身も日本人女性医師として初めてエベレストに
登頂された方なのですね。



スポンサードリンク


大城和恵(国際山岳医)のイモトや三浦雄一郎との関係は?

出典:https://www.asahicom.jp
大城和恵(国際山岳医)さんは2013年に
プロスキーヤーの三浦雄一郎さん(当時80歳)のエベレスト登頂に
チームドクターとして参加されました。

この時、三浦雄一郎さんは無事登頂を達成して
エベレスト登頂世界最高齢記録を更新しました。

 
 
 
 
これがきっかけとなって、大城和恵(国際山岳医)さんは
2019年にアコンカグア(標高6961m)6961mの登頂と
スキー滑降を目指していた三浦雄一郎さんにも
同行しています。

この時は、標高6,000mまで行ったのですが、
三浦雄一郎さんの体調不良により、
心不全の危険があると診断して、
登頂を断念して下山するという結果になりました。

この時の、三浦雄一郎さんを説得して下山させたことは
山岳医として賢明な判断てだったと高い評価を
受けているそうです。

さらに大城和恵(国際山岳医)さんはバラエティ番組
世界の果てまでイッテQ!」で、
イモトアヤコさんの登山部企画に参加したことで
山岳医としても有名になりました。

大城和恵(国際山岳医)さんは、登山部企画で、
歩くスピードや酸素量のチェック、
水分量、体調管理などをケアして、
イモトさんをサポートしていました。

初めての参加は、2011年8月にイモトさんが挑戦した
キリマンジャロ登頂だそうです。

その後、2013年10月のマナスル登山、
2014年4月エベレスト登山企画にも参加しました。

ただ、この時のエベレスト登山企画では
現地入りしたものの、大規模な雪崩が発生して
中止となってしまったそうです。

 
大城和恵(国際山岳医)さんが、
9月8日午後11時から放送される
ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に
出演されるそうです。

医療器具が少ない診療所で、
登山者の病気や治療にたった一人きり、
24時間体制で向き合う姿が放映されるそうです。




スポンサードリンク


大城和恵(国際山岳医)は結婚して旦那や子供はいる?

出典:https://www.kakuredassui.jp
大城和恵(国際山岳医)さんは結婚しているのかというと、
そのような情報は見つけられませんでした。

 
私は好きなことしかやってこなかったので、
人生の中で何かをあきらめたことはありせんでした。
ただ、子供が欲しかったので、それだけは残念ですね。

だったら、若いときに妊娠しておけばよかったかというと、
それもタイミング。今のパートナーと10年前に
出会っていたら子供を作っていたでしょうけど、
思うようにいかないのが人生。

将来はフランスとイタリアの国境の町で山登りを
しながら暮らすのもいいかなとか、いろいろと夢を描いています。

引用:https://www.joystyle.net
お子さんはいらっしゃらないようですね。

1年のうち3分の1は山に入っている
という大城和恵(国際山岳医)さんは、
頻繁に海外へも出かけているようなので、

結婚よりも国際山岳医として、仕事や登山に
ご自分の時間や情熱を注ぐことで
充実した毎日を過ごされているのかもしれませんね。

大城和恵(国際山岳医)さんの描く将来のご自身の姿も
とても素敵で、お似合いですね。

 

今回のまとめ

ここ数年、日本ではとりわけ中高年の登山愛好家が
急増しているそうです。

そのぶん、山岳遭難件数も増えているようです。

警察庁の統計によると去年の発生件数は2661件もあって、
1961年以降最も高い件数だったそうです。

山の魅力を知ってほしいからこそ、
大城和恵(国際山岳医)さんは、講演などで、
初心者にも山の危険性や怖さを教えているそうです。

また、北海道警察山岳遭難救助隊の
アドバイザーを勤めたり、
山岳医療に関する講習会を開くなど
山で助かる命をひとつでも多く救うために
多方面でも活躍されています。

山岳医としての目標は、山岳遭難が少しでも
減ることだそうです。

大城和恵(国際山岳医)さんには、これからも
エネルギッシュに活躍していただきたいですね。


スポンサードリンク

コメント