スポンサードリンク

チョグク氏の経歴が凄い!娘は可愛く息子はイケメンだが不正疑惑が!

政治
 
今回は、チョグク氏の経歴が凄い!

 
 
 
娘は可愛く息子はイケメンだが不正疑惑が!

 
 
 
などについてまとめてみます。

 
 
韓国でクーデターは起こる?歴史や国家的背景から原因と可能性を予想!
韓国・文在寅政権が、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決めたことで、北朝鮮との「赤化統一」路線に進むのではないかとの懸念が現実味を増していました。今回は、韓国でクーデターは起こる?歴史や国家的背景から原因と可能性を予想!についてまとめてみました。

チョグク氏の甥が逮捕で妻は在宅起訴!どうなる韓国政権!韓国の声は!
韓国では、9月14日にチョグク氏の甥が逮捕されたようです。また、チョグク氏の妻も在宅起訴されています。甥の逮捕や妻の在宅起訴で韓国政権はどうなるのでしょうか?韓国ではどんな声が上がっているのでしょうか。気になることをいろいろ調べてみました。

丸刈り抗議の女性韓国議員李彦周(イオンジュ)の経歴やユーチューブは?
韓国の女性国会議員である李彦周(イ・オンジュ)氏が髪の毛を丸刈りにして抗議活動をするというパフォーマンスを行い、話題となっています。今回は、丸刈り抗議の女性韓国議員李彦周(イオンジュ)の経歴やユーチューブは?などについてまとめてみます。

美しすぎる韓国議員ナ・ギョンウォンの経歴が凄い!旦那や子供は?
ナギョンウォン議員は、以前から、「韓日関係をこのまま放置するのは私たちにとっても損失」と強調していました。親日というよりも、自分たちにとって、一番賢い処世術を身に着けているようですね。美人過ぎるだけでなく、とても頭も良いナギョンウォン議員。

GSOMIA破棄での韓国での反応は?事実を告げられた?日本の反応も!
8月22日に、韓国は更新が目前に迫っていた、GSOMIA(日韓軍事保護協定)破棄を決定しました。韓国では、GSOMIA破棄の決定にどう反応しているのでしょうか。韓国政府は、国民に対して事実を説明しているのでしょうか。GSOMIA破棄を通告された日本の反応についても調べてみました。

GSOMIA破棄で困るのはどの国?日本・アメリカ・韓国を比較!
日本の輸出管理体制の見直しへの対抗策として、韓国が検討していた「軍事情報包括保護協定(GSOMIA〈ジーソミア〉)」の破棄。韓国政府は8月22日、協定を延長せずに破棄することを決めました。今回は、GSOMIA破棄で困るのはどの国?日本・アメリカ・韓国を比較してみました。

韓国は東京五輪ボイコットで良いの?メダル候補の韓国アスリート達とは?
韓国一般市民団体による、東京五輪ボイコットや、2020年に開催される東京オリンピックでのメダル候補の韓国アスリート達について書いています。 来年、銀メダルが予想される韓国選手は3名で、どの選手も実力ある選手なので期待出来そうです。





スポンサードリンク

スポンサードリンク

チョグク氏の経歴が凄い!

チョグク氏の出身大学は?

 
チョグク氏の出身大学はソウル大学です。

 
 
 
ソウル大学とは「2018年世界大学評価」では第36位でした。

 
 
 
日本では東京大学が23位、京都大学35位でした。

 
 
 
クアクアレリ・シモンズの世界大学評価は世界4848校の大学を対象に、

 
▽学界の評判(40%)

▽教授論文被引用数(20%)

▽教授当たり学生比率(20%)

▽企業界の評判(10%)

▽外国人学生比率(5%)

▽外国人教員比率(5%)

を評価したものです。

 
 
 
続いてチョグク氏のプロフィールについてリサーチしていきたいと思います。

 
 
 

超イケメンだったチョグク氏のプロフィールは?

 
名前:チョ・グク

日本語表記: 曺国 (曹国、祖国)

ハングル語表記: 조국

生年月日:1965年4月6日

学歴:ソウル大学

職業:大韓民国の法学者、政治家

 
 
 

チョグク氏の経歴と文在寅大統領との関係は?

 
チョグク氏は文在寅大統領にとっての次期大統領にさせたい後継者候補と言われています。

 
 
 
その理由は韓国の大統領のあり方にあります。

 
 
 
韓国の大統領は一期が5年と決まっているからです。

 
 
 
そのため、アメリカなどのように二期連続の当選ということにはなりません。

 
 
 
つまり、再選することはないのです。

 
 
 
文在寅大統領が今のように権力を振りかざしていくためには、

 
自分が決めた後継者が大統領にならなければなりません。

 
 
 
そうすれば、影から権力を操れることになるからです。

 
 
 

チョグク氏の経歴

・1989年2月:ソウル大学校大学院法学科を卒業

・1991年8月:に同大学院の法学博士課程を修了

・蔚山大学校助教授(1999年3月~2000年4月)

・東国大学校助教授(2000年3月~2001年12月)

・ソウル大学校助教授(2001年12月~2004年3月)

・ソウル大学校副教授(2004年4月~2009年3月)

・2009年4月:ソウル大学校(法科大学)教授

 
大学講師職の傍らで行政府・司法府が設けた各種諮問委員会の委員を務め、

 
教授就任後も国家人権委員会人権委員(2007年12月~2010年12月)と

 
大法院量刑委員(2009年4月~2011年4月)を歴任

 
・文在寅政権発足後は大統領府民情首席秘書官(2017年5月~2019年7月)を

 
民情秘書室長を兼務。

 
・法務部長官内定(2019年8月9日)

 
 
 

民情首席秘書官とは大統領の最側近なの?

 
政府高官の監視と司法機関を統括するポスト。

 
 
 
政府高官や大統領の親戚など、権力層に対する操作を行います。

 
 
 
また、組閣のための候補者推薦と人事検証なども主要業務とします。

 
 
 
これは大統領府の秘書官の中でも大統領ともっとも近い関係にあることを意味します。

 
 
 
以上のことから民情首席秘書官は政権のナンバー2とも言われています。

 
 
 
それは大統領の最側近を意味します。

 
 
 
実は文在寅大統領も盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代に民情首席秘書官を勤めていました。

 
 
 
まさにチョグク氏は次期大統領候補としての道を歩んでいると言っていいでしょう。

 
 
 

法務部長官になるとどうなるの?

 
2019年8月9日には法務部長官候補に内定しました。

 
 
 
この法務部長官になると以下のことが出来るようになります。

 
 
 
法務部は警察、検察、対立している政党、政治家、それらを摘発、

 
スキャンダルで圧倒的な強さで優位に立つことが可能です。

 
 
 
政権の維持や選挙のときにも重要となります。

 
 
 
つまり、使い方によってはすべてのことを意のままに動かせることができそうですね。

 
 
 
今の文在寅大統領のもとで法務部長官になってしまったら、

 
本当に反ムンジェイン政権にとっては恐ろしいことですね。

 
 
 

チョグク氏がイケメンと言われる理由は大きく2つ

 
ソウル大学時代がモテすぎたこと

青瓦台版『花より男子』のF4の一人だったこと

 
 
 

①ソウル大学時代がモテすぎたこと

 
チョグク氏はソウル大学時代に本当にモテたそうです。

 
 
 
身長185cmで超イケメンで頭も超いい……それは女子学生はほっておかないですよね。

 
 
 
こんなエピソードがありました。

 
 
 
その1
ソウル大学はもちろんのこと、梨花女子大学他の大学でもハンサムで有名でした。

 
その2
「大学時代は好意を持ってくれる女性が多かったが無視してしまった。

 
むしろ外見がストレスになりコンプレックスだった」(2017年5月10日・中央日報より)

 
 

②青瓦台版『花より男子』のF4の一人だったこと

 
文在寅政権の発足時にチョグク氏はすでにイケメン政治家として、超有名だったそうです。

 
 
 
以下、文春オンラインさんより抜粋

 
青瓦台版『花より男子』と言われるイケメン

 
ソウル大学法科大学院教授だったチョグク氏は、

 
かつて、進歩派(革新派)のスター論客だったことで知られている。

 
 
 
現在の政権を担う「共に民主党」が野党だった時代、フェイスブックなどのSNSを駆使し、

 
「民衆革命」「新しい大韓民国建設」などと、

 
進歩陣営を後押しする論壇の主役として名を馳せていた。

 
 
 
チョグク氏といえば、端正な顔立ちでも注目を集めていた。ハンサムで高身長。

 
 
 
そんな外見は、フレッシュなイメージを作り出す。

 
 
 
そのため、若年層のファンも多いといわれている。

 
 
 
余談だが、文在寅政権発足初期、“青瓦台のF4”という言葉が流行った。

 
 
 
“F4”とは、日本の人気漫画『花より男子』に登場するイケメン男子4人組

 
(同作品は韓国でも実写化され人気がある)。

 
 
 
青瓦台では、(1)文在寅大統領、(2)イムジョンソク秘書室長(当時)

 
(3)韓国陸軍特殊戦司令部出身のチェヨンジェ警護員、そして(4)チョグク氏だ。

 
 
 
スポンサードリンク




丸山穂高は戦争煽動発言などトラブル多く経歴が凄くても嫁が来ない?
今回は、丸山穂高は戦争煽動発言などトラブル多く経歴が凄くても嫁が来ない?について見てきました。丸山穂高議員は、優秀な学歴と経歴があることがわかりました。しかし、以前からトラブルが多々あったようです。また現在結婚はしておらず、独身でした。


チョグク氏の娘は可愛いが不正入学疑惑?

チョグク氏の娘は本当にかわいいのでしょうか?

 
 
 
結論を言いますと、きれいで可愛い方だと思います。

 
 
 
名前はチョ・ミンヒさんです。

 
 
 
顔はお綺麗なのですが、

 
今、韓国でもっとも深刻な問題といわれている不正入試疑惑の張本人でもあります。

 
 
 
なぜ、深刻化と言いますと、

 
ニュース報道ではチョグク氏の娘さんはチェ・スンシルのときよりも

 
かなり深刻だという意見もあるようです。

 
 
 

チェ・スンシル不正入学とチョ・ミンヒ不正入学の比較

 
その理由はチェ・スンシルさんは

 
『順実の娘が梨花女子大学の入試担当の教授から意図的に高得点を与えられ不正入学疑惑。

 
入学後も一部の教授から便宜を受けて単位を不正に取得していたとされる疑惑。』

 
 
 
ただ、チェ・スンシルは入学する前に

 
乗馬のアジア大会で金メダルを取ったりして実力あったのも事実。

 
 
 
そして、不正であると言えど関連する体育学部に入学しました。

 
 
 
一方、チェ・ミンヒのほうは試験も全く受けず全く関係のない学部に入学しました。

 
 
 
論文を自分の手柄のように見せたりと、

 
完全に親の力がおよんで不正入学をしたと言われています。

 
 
 
ということで韓国国民は大激怒しているために

 
チョグク氏の娘のチェ・ミンヒがかわいいと言いづらいのも現状です。

 
 
 

不正入学は絶対に許さない韓国国民

 
あまり日本では放送されない韓国国内でのチョグク氏のスキャンダル疑惑。

 
 
 
高麗大学の学生や卒業生500人を中心に

 
ソウル城北区高麗中央広場でデモ集会が行われました。

 
 
 
その内容は

 
①チョグク氏の辞職の要求

②娘の不正入学疑惑

③奨学金不正受給疑惑

④論文不正審査疑惑

 
それらを真相解明を要求するためデモ集会が行われました。

 
 
 
その中でも韓国国民の多くがもっとも激怒している問題がチョグク氏の娘の不正入学でした。

 
 
 
なぜ、不正入学に対して韓国民は厳しいの?
 
その理由は韓国が超学歴社会かつ超格差社会であること。

 
 
 
そのため、不正入試やそのたぐいの問題に対しては

 
不正や疑惑が絶対に許されないのが韓国社会の大きな特徴です。

 
 
 
パク・ウネ前大統領の断崖事件を覚えていますか?
 
あの発端となったのがパク・ウネ前大統領の

 
友人のチェ・スンシル氏の娘チョン・ユラ氏の入試不正事件でした。

 
 
 
梨花女子大学入学のプロセスで不正な特権を受けた疑いから

 
韓国各地でロウソク集会が広がっていきました。

 
 
 
その合計人数は170万人とも言われています。

 
 
 
その結果、パク・ウネ前大統領の政権は幕を閉じました。

 
 
 
今回のチェグク氏による多くの問題、

 
特に不正入学と論文問題がムンジェイン政権を揺るがす可能性が高いのではないでしょうか。

 
 
 
ソウル大学・高麗大学でのデモ集会
 
チョグク氏の出身大学であるソウル大学では

 
2019年8月23日の夜に約500人が集まりデモ集会が行われました。

 
 
 
その内容は文在寅大統領が次期法務部長官候補に指名した

 
チョ・グク氏のスキャンダル疑惑について。

 
 
 
娘が高麗大学に不正入学していたのではないかとの

 
疑惑の真相究明を求めるためのデモ集会が行われました。

 
 
 
また、 「チョ・グク教授ストップ」を掲げた ロウソク集会でもありました。

 
 
 
このデモ集会は韓国国内でメディアが大きく取り上げました。

 
 
 
インターネットの生中継も行われていたそうです。

 
 


スポンサードリンク

チョグク氏の息子はイケメンだが兵役逃れ疑惑?

https://twitter.com/LYME_is_mighty/status/1164868438575046657
チョグク氏のスキャンダル疑惑の中でも娘の不正入学疑惑と息子の兵役逃れ疑惑の

 
2つはもっとも深刻な問題とされています。

 
 
 
つまり、韓国ではもっともやってはいけないことトップ2なのです。

 
 
 
韓国では兵役逃れを1回でもしたら大変なことになってしまうのに、

 
チョグク氏の息子チョ・ウォンは5回というのだから、

 
それは韓国国民のみなさんが大激怒するのは当たり前ですね。

 
 
 

兵役制度(国民の義務)を破るとどうなるの?

 
実は韓国ではここ最近は「兵役逃れ」問題が進んでいるようです。

 
 
 
貴重な青春時代の2年間を失うのは大きいという理由が多いようです。

 
 
 
だからといってこの兵役逃れをすると大変なことに。

 
 
 
兵役逃れの代償は、「国家への裏切り行為」というレッテルを貼られる。

 
 
 
具体的にはどんな事例があったのでしょうか。

 
 
 
過去に「入国禁止」という例がありました。

 
 
 

息子チョ・ウォンおよびチョグク氏はどうなる?

 
結論を言いますと、絶対に韓国国民に許さ入れないでしょうね。

 
 
 
1990年代の人気歌手だったユ・スンジュンさんでさえ

 
17年も韓国に入国できていないのですから。

 
 
 
それがチョグク氏の権力によって、兵役逃れ5回が認められたとしたら大変なことです。

 
 
 
この最側近のチョグク(曹国)氏のスキャンダル疑惑があきらかになれば、

 
いよいよ、ムンジェイン政権の崩壊がはじまってしまうのではないでしょうか。

 
 

チョグク氏は疑惑だらけでも文大統領は次期法相任命の構え!

文大統領の側近が釈明会見

 
韓国の文在寅政権を揺るがす疑惑に大きな動きがありました。

 
 
 
文大統領の側近で次期法相に指名されたチョ・グク氏本人が

 
数々の疑惑について釈明記者会見を行いました。

 
 
 
チョ・グク氏は会見の冒頭で韓国国民に謝罪するとともに、

 
検察改革など必ずしなければならない天命があると述べ法相就任を認めるよう国民に訴えました。

 
 
 
チョ・グク氏:

 
国民の皆さん、申し訳ありません。

 
身に余る期待をいただいたのに、大きな失望を抱かせてしまった。

 
私が何より大きく感じたことは、今の騒動がほかでもない、

 
私の言葉と行動から生じたことに対する後悔です。

 
 
 
更に、娘が高校時代に高度な医学論文の第一著者になり

 
名門大学に不正入学したとの疑惑については…

 
チョ・グク氏:

 
今見れば、高校生が第一著者になったことをいぶかしいと私も考える。

 
チョ・グク氏には他にも、

息子の兵役逃れ疑惑や私設ファンドへの家族の投資をめぐる疑惑も出ている。

 
 
 
疑惑続出も…釈明会見で否定

 
加藤綾子キャスター:

 
釈明会見を行ったチョ・グク氏だが、

 
今後の展開によっては文在寅政権存続の危機にもつながりかねない。

 
 
 
もともとは文大統領の側近で次期法相として期待されていたチョ・グク氏だが、

 
現在では一転して「タマネギをむくように次々と疑惑が明るみに出る」ことから、

 
韓国メディアから“タマネギ男”と呼ばれる事態になっている。

 
 
 
加藤キャスター:

 
その疑惑は4つある。

 
娘の大学不正入学、娘の奨学金不正受け取り、わいろを受け取った弟による教師不正採用、

 
家族ぐるみの不透明な投資ファンド運営。

 
韓国国内では、先月の「GSOMIA破棄」は

 
こうしたスキャンダルを隠すためのものだったと言われている。

 
 
 
フジテレビ国際取材部長・鴨下ひろみ:

 
疑惑に対して国民に判断を求めると会見したチョ・グク氏だが、

 
最も韓国世論の怒りを買っている娘の大学不正入学疑惑については

 
「不正入学ではない」と否定をしている。

 
ただ当時、大学入試制度の中に「インターンシップ制度」があって、

 
娘が、それを利用して大学に入ったことは事実で、

 
それを利用できなかった人たちから見ると不平等だという指摘が出ているので、

 
それについては申し訳ないと謝罪をしている。

 
奨学金不正受け取り疑惑については、

 
娘が奨学金を申請したかどうかを含めて「全く知らなかった」としている。

 
 
 
ソウル大学と釜山大学の大学院2つで受給しているが、ソウル大学の方に関しては

 
「誰も申請もしていないし、自分が大学の方に連絡をしたこともない」として否定をしている。

 
連絡も申請もしていないのに、なぜ奨学金が支払われたのかについては、

 
はっきりとした説明はしていない。

 
 
 
今まさに集中砲火を浴びている不透明な投資ファンドについても、

 
運営や構成については「投資ファンドを募集した会社の方から知らされていなかった」

 
「自分は投資についてはよく知りません」と否定をしている。

 
全部の疑惑が検察の捜査によって明らかになるでしょうと述べている。

 
 
 

文政権は法相使命を強行するのか?

 
文大統領はこれだけ疑惑が出ている中で法相任命を強行するのかに関しては、

 
「強行するんじゃないか」という見方が強まっています。

 
 
 
文大統領は外遊中だが、9月6日には帰国するので、

 
早ければ週明けにも強行する可能性が出ています。

 
 
 
世論の出方を見守ったうえで最終判断すると思います。

 
 
 
政権へのダメージは避けられないが、

 
「支持勢力を結集することで乗り切れるんではないか」とみている節があります。

 
 
 
ただ、若者層の支持が急落しているので、

 
その点のダメージは避けられないのではないかと見られています。

 
 
 
今回の会見に韓国国民がどのような反応をするのかも注目しています。

 
 

今回のまとめ

 
今回は、チョグク氏の経歴が凄い!

 
 
 
娘は可愛く息子はイケメンだが不正疑惑が!

 
 
 
などについて見てきました。

 
 


スポンサードリンク

コメント