スポンサードリンク

映画二ノ国はジブリ作品?監督やスタッフの関係性や評判を調査!

映画
今回は8月23日に公開された映画「二ノ国」についてご紹介します。

テレビ番組で特集されていたり、声優さんが出演した番組で番宣がされていたりと、予告を見たことがある方も多いかと思います。

私自身も初めて「二ノ国」のCMを見たときはすごく豪華な声優さんに、独特で面白そうなファンタジー感に惹きつけられました。

 
宣伝やPVを見て勘付いた方もいるかもしれませんが、とてもジブリ作品に似た雰囲気がありますよね。

上の画像を見た時、車椅子に座っている青年、ユウは、どことなく、「千と千尋の神隠し」に出てくるハクのような感じがします。

 
また、主題歌「MOIL」は人気急上昇中の須田景凪さんが歌っています。この方は、若い子に大人気のボカロ曲「シャルル」の作者で、「バルーン」という名前で以前からヒット曲を生み出しています。

かつてはボカロ曲を制作する「ボカロP」として活動していましたが、2017年10月、自らの歌声を利用した須田景凪としての活動を開始しました。

 
今回は、映画「二ノ国」のスタッフや製作時の裏話についてご紹介していきます。
映画二ノ国のネタバレあらすじや声優キャストや評判は?予告動画も調査
今回は、映画二ノ国のネタバレあらすじや声優キャストを評判を交えながらご紹介していきました。構想10年ということもありストーリーが奥深いものとなっているのではないでしょうか。スタッフ陣もキャストもすごく豪華です。見に行かない理由が見当たりませんね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

映画二ノ国はジブリ作品?

それではまず、映画「二ノ国」はジブリ作品なのか?というところから見ていきましょう。

結論から言うと、映画「二ノ国」はジブリ作品ではありません。

 
そもそも映画「二ノ国」は、もともと2010から発売されていたゲーム「二ノ国 漆黒の魔道士」などの「二ノ国シリーズ」の作品が大ヒットしたことを受けて映画化されました。

ゲーム「二ノ国」では、アニメーション作画を「スタジオジブリ」が、音楽を久石譲さんが担当されていて、ジブリとも関わりの深い作品となっています。

ですが、ゲーム発売後、2014年にスタジオジブリが解散し、スタッフやクリエイターは居場所をなくしました。

そこで彼らが集まって立ち上げた、スタジオポノック。

スタジオジブリの「後継者」として映画を作り続けていますが、映画「二ノ国」とは関係がありません。




スポンサードリンク



映画「二ノ国」の監督やスタッフの関係性を調べてみた!

さきほど、映画「二ノ国」はジブリ作品ではないと言いましたが、これからその根拠となった事柄を挙げていきます。

製作総指揮を務めたのは日野晃博さん

日野晃博(ひの あきひろ)さんは、ゲーム制作会社レベルファイブの創業者で、今回の映画「二ノ国」の原案・脚本製作総指揮を務めました。

そこでレベルファイブの日野晃博さんが総指揮に選ばれたわけですね。

監督は百瀬義行さん

百瀬義行(ももせ よしゆき)さんはスタジオジブリに所属して映像制作に携わっていたアニメーターです。
ジブリの血を受け継いだ人物だと言えますね。

音楽はあの久石譲さん

久石譲(ひさいし じょう)さんといえばジブリ作品ですよね。
あの「風の谷のナウシカ」から「風立ちぬ」まで約30年もジブリとともに素晴らしい音楽を作り続けてきました
ちなみに意外と知られていないかもしれませんが、本名は藤澤 守(ふじさわ まもる)さんで、娘である麻衣さんは歌手として活躍されています。

配給はワーナー・ブラザーズ

直接映画製作に関わっているわけではありませんが、映画配給はバッドマンやスーパーマンでおなじみのワーナー・ブラザーズが行っています。





スポンサードリンク



映画「二ノ国」の評判は?

それでは映画「二ノ国」の評判やレビューについて見ていきましょう。
映画「二ノ国」に「高評価」な意見

声優さんがすっごく豪華で、見ていてとても楽しかった!


音楽も世界観もジブリっぽいところがあってジブリファンとしてはとても楽しめた!


音楽も世界観もジブリっぽいところがあってジブリファンとしてはとても楽しめた!


自分でゲームを進めていっているような感覚で楽しかった!


主人公二人(山崎賢人さん、新田真剣佑さん)の声がとにかくかっこよくて癒やされた!


「二ノ国」では「夢の中だし、人殺しくらい…」と悩む弱さが出てるのが、人間味が合って面白かった!

映画「二ノ国」に「ちょっと残念」な意見


「どちからの命を救えば、もう一方は死ぬ」ところが面白そうだったけど、実際そんな設定はなく、ハルの思い込みだったのが残念


ストーリーが曖昧で設定がよくわからなかった



制作が間に合わなかったのかな、と思うような雑さが目立った



ユウが足の不自由な車椅子生活である設定はいらなかったと思う。


ユウが足の不自由な車椅子生活である設定はいらなかったと思う

 

今回のまとめ

映画「二ノ国」はとても豪華なキャストさんに囲まれ、一見すると面白そうな予告だったのですが、少し残念な意見が多いみたいですね…。
ですが、音楽等劇場で見る価値はたくさんあると思うので、興味がある方や、自分の目で見てみたい、という方は一度劇場へ足を運んでみてもいいかもしれません。


スポンサードリンク

コメント