スポンサードリンク

亀田史郎チャンネルの年収や登録者数は?車や現在の仕事が気になる!

エンタメ
 
世界王者亀田三兄弟を育て上げた亀田史郎。

 
 
 
そんな彼はここ最近「亀田史郎チャンネル」を開設し、

 
娘の姫月とYouTube活動を始めたことが話題になっています。

 
 
 
今回はそんな亀田史郎チャンネルについてのご紹介です。

 
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

亀田史郎チャンネルの年収や登録者数は?

https://twitter.com/koya_bgm/status/1162385442332794880
ボクシングの亀田興毅、大毅、和毅の三兄弟とその父、史郎氏は、

 
かつては間違いなく日本中から注目を浴びる家族でした。

 
 
 
毀誉褒貶が激しかった彼らは今、

 
かつて活躍したテレビよりも、ネットでその姿を頻繁に見かけます。

 
 
 
那須川天心との特別試合がネット中継された長兄の興毅は、

 
AbemaTVのスペシャルマッチに欠かせない存在。

 
 
 
そして父の史郎は、YouTuberとして13万人超の登録者を抱えています。

 
 
 
亀田史郎チャンネルの年収についてですが、

 
一ヶ月の再生数が5万〜20万/日という感じで再生されていることがわかりました。

 
 
 
アベレージ1日10万再生と仮定しても、月で300万再生されていることになります。

 
 
 
単純計算にはなりますが、

 
(アドセンスだけで)月収およそ30万円、年収360万円ほどということになります。

 
 
 
ちなみにあくまで最低これくらいは貰っているという額なので、

 
実際はもっと稼いでいることがわかります。

 
 
 
なぜ今、亀田史郎チャンネルがここまで人気なのかというと、

 
やはりメディアでは映されなかった家族への愛情やイメージとの

 
ギャップが視聴者の心を惹き寄せたんだと思います。

 
 
 
今となっては亀田史郎の代名詞である「3150(最高)」ですが、

 
これを全国に大きく広げるきっかけになったのは、

 
あのお笑い芸人千鳥司会の「相席食堂」が大きく影響したのではないでしょうか。

 
 

スポンサードリンク


亀田史郎の現在の仕事が気になる!

6月22日、AbemaTVにて『1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心vs亀田興毅』が

 
配信されました。

 
 
 
試合内容よりも興毅のトレーナーを務めていた父・亀田史郎の存在が

 
気になった方も多いのではないでしょうか。

 
 
 
久しぶりに本職をやっているところを観ました。

 
 
 
現在の史郎はトレーナーよりもYouTuber。

 
 
 
ボクシングよりも料理動画に熱を入れるおじさんではないでしょうか。

 
 
 
2018年1月に『亀田史郎チャンネル』を開設して以降、週1本ペースで動画を公開中。

 
 
 
親元を離れた三兄弟の代わりに史郎を相手するのは末っ子長女の姫月(ひめき)です。

 
 
 
約10年前、亀田史郎といえば日本人で誰よりもアンチを持つ

 
炎上の権化だったのではないでしょうか。

 
 
 
しかし、姫月とのやりとりを観れば一目瞭然。

 
 
 
この人、元を辿れば子供を誰よりも愛するヤンチャな父親です。

 
 
 
スポーツであるボクシングとケンカを混同した結果、

 
大きな混乱を招いてしまいましたが、素の表情はすこぶる柔和。

 
 
 
コメント欄でも今の史郎は絶賛されています。

 
 
 
チャンネル登録者数13万人を抱える中堅YouTuberとなった史郎。

 
 
 
しかし、これは意外なことでもないでしょう。

 
 
 
亀田家とはメディアを上手に活用し、人気を獲得したパイオニア。

 
 
 
三兄弟のボクシングスタイルは攻撃型、守備型のいずれでもありません。

 
 
 
言うなれば劇場型です。

 
 
 
今回のスペシャルマッチでも観られましたが、亀田家にとって試合よりも重視されるのが物語。

 
 
 
ファミリーヒストリーには、成り上がり、

 
兄弟の絆、親子鷹といった日本人が好む浪花節が詰め込まれます。

 
 
 
那須川vs興毅でも亀田家のストーリーが重厚に語られました。

 
 
 
3分3ラウンドの特別ルールで争われた試合は、インターバルを含めても最長11分。

 
 
 
比べて、試合前に流れるドキュメンタリーは4時間という大河っぷり。

 
 
 
この前フリの長さこそ、全盛期の試合を放送していたTBSから続く伝統です。

 
 
 
いつまでたっても試合が始まらない。

 
 
 
それでも高い視聴率を誇った亀田家。

 
 
 
得意技は「ボクシング界を盛り上げるためや!」といった

 
隠れ蓑を使った対戦相手への挑発行為でした。

 
 
 
当時、世界チャンピオンだった内藤大助とのタイトルマッチ。

 
 
 
事前会見で次男・大毅が披露した「お前に負けたら切腹する!」なんて

 
ビックマウスは今でも印象に残っています。

 
 
 
イケイケの時代はボクシング界を盛り上げる救世主として持ち上げられました。

 
 
 
しかし、内藤戦で土がつきました。

 
 
 
自分のボクシングができないことにイラついた大毅が内藤にバックドロップ。

 
 
 
結果、史郎のセコンドライセンスは剥奪されます。

 
 
 
その謝罪会見、スーツ姿の亀田家にかつての勢いはなく、

 
おじさんとヤンチャ坊主がただただ、たじろいでいただけ。

 
 
 
振り返ってみれば、炎上するたびに

 
スーツで謝りたがるYouTuberを亀田家は10数年前に先取りしていたのです。

 
 
 
共に「いい波のってんね~」の時は無敵、しかし理屈で詰められるとすこぶる弱い。

 
 
 
YouTuberは自身の成り上がりっぷりを物語として提示します。

 
 
 
これは亀田家も同じ。

 
 
 
そして、共に売るのはパフォーマンス。

 
 
 
史郎とYouTuberの親和性は高いのではないでしょうか。

 
 
 
亀田家バブルが絶頂を迎えた2006年、

 
史郎は『闘育論 亀田流三兄弟の育て方』といった本を上梓。

 
 
 
全て関西弁、口述筆記で書かれた奇書です。

 
 
 
本書に興味深い描写がありました。

 
 
 
それは度々登場する「俺はボクシングのことはようわからん」発言。

 
 
 
史郎はセコンドとして最低限のテクニック、止血技術も持っていないという。

 
 
 
『闘育論』を読む前は、子供をいかにチャンピオンに育てたかを語る指南書だと思っていました。

 
 
 
しかし、多くのページは子供をいかにプロデュースしていくかといった方法論。

 
 
 
史郎が路上で獲得した数々のテクニックも披露されます。

 
 
 
子供が学校で悪さをし、先生に呼び出される際。

 
 
 
1回目の謝罪で許してくれない場合は

 
「反社会勢力の友達を呼びますよ、学校にカチコミにかけますよ」と脅迫するのもアリだと史郎。

 
 
 
「子供の前で親は弱い顔を見せてはいけないんや!」といった具合に人を脅すテクニックも満載。

 
 
 
ただ『闘育論』はそれだけで終わりません。

 
 
 
ちゃんと、当時6歳の姫月に愛らしい弁当を作ってあげるといった

 
心温まる描写も収録されています。

 
 
 
『亀田史郎チャンネル』には、

 
卵アレルギーの姫月に史郎が卵を使わないトンカツを作るといった動画があります。

 
 
 
観ればわかります、そこに疑いようのない無償の愛があります。

 
 
 
『闘育論』には「親は子供を育てることによって成長する動物や」とも記載されていました。

 
 
 
史郎は三兄弟全員を世界チャンピオンに育てました。

 
 
 
その過程で世間の厳しさを学んだのでしょう。

 
 
 
成長した現在のNew史郎は、元ヤンチャ、大阪の元ヤンなオヤジへと仕上がっています。

 
 
 
「いい波のってんね~」時代に、家族愛以上に前面に出ていた暴力性は激減していました。

 
 
 
亀田家の世界観は梶原一騎の劇画漫画と同じ。

 
 
 
2000年代初頭には失われていた不良、根性、男気といった梶原イズムを埋める存在として

 
亀田家は世間に受け入れられました。

 
 
 
数年後に本格的に怒られ、勢いを失い、飽きられてしまい。

 
 
 
そして、 史郎の舞台はテレビからYouTubeへ移りました。

 
 
 
今後『亀田史郎チャンネル』が更に人気を獲得するかはわかりません。

 
 
 
ただ、劇画的漫画世界を愛すファンは一定数います。

 
 
 
今の史郎は“令和の劇画”にちょうどいい湯加減。

 
 
 
現状の良い状態をキープし続ければ、亀田ブランドはそうそう値崩れしないはず。

 
 



スポンサードリンク


亀田史郎の車や3150Tシャツも調査!

 
亀田史郎チャンネルには「車」という検索ワードが存在しており、

 
やはり大阪在住の二人にとって移動手段は車になることが多いでしょう。

 
 
 
視聴者的にも何の車に乗っているか気になります。

 
 
 
過去にデスラーという高級車とパシャりしてましたが、

 
これは普段乗っている車とは違うようですね。

 



 
 
お笑い芸人土田は過去に亀田史郎親子とコストコで鉢合わせたことがあるようで、

 
駐車場で「俺の車どこやー!」と探している姿を目撃したようです。

 
 
 
ちなみに息子興毅は、過去にアメ車に乗っていた気がします。

 
 
 
やはり視聴者が気になることといえば、

 
動画でも亀田史郎が着ている3150Tシャツはどこで買えるのかということですよね。

 
 
 
ちなみにリンクから購入フォームに飛ぶことができ、

 
どうやらAbemaTVのオンラインショップサイトにて購入することができるようです。

 
 
 
デザイン的にプライベートでも着れそうだし、ファッション的にもオススメですよね。

 
 
 
亀田史郎オリジナル3150(最高)Tシャツ

¥ 3,150(税込)

 
※送料:全国一律500円(税込5,400円以上のご購入で送料無料)

※お届け:受注生産のため順次発送いたしますが、最大2ヶ月程度かかる場合がございます。

 
NEWデザイン登場!!

 
亀田史郎オリジナル3150(最高)Tシャツの第一弾、第二弾に続き、

 
新たなデザインの第三弾が登場!

 
《3150Tシャツ第三弾!》

 
《NEWデザイン》黒×白

¥3,150(税込)

亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」の第三弾。

黒地のTシャツに白色でロゴがプリントされています。

 
 
《NEWデザイン》黒×赤

¥3,150(税込)

亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」の第三弾。

黒地のTシャツに赤色でロゴがプリントされています。

 
 
《NEWデザイン》白×黒

¥3,150(税込)

亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」の第三弾。

白地のTシャツに黒色でロゴがプリントされています。

 
 
《NEWデザイン》白×赤

¥3,150(税込)

亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」の第三弾。

白地のTシャツに赤色でロゴがプリントされています。

 
 
《3150Tシャツ第二弾!》

黒×白

¥3,150(税込)

亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」の第二弾。

黒地のTシャツに白色でロゴがプリントされています。

 
 
白×赤

¥3,150(税込)

亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」の第二弾。

白地のTシャツに赤色でロゴがプリントされています。

 
 
白×黒

¥3,150(税込)

亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」の第二弾。

白地のTシャツに黒色でロゴがプリントされています。

 
 
黒×赤

¥3,150(税込)

亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」の第二弾。

黒地のTシャツに赤色でロゴがプリントされています。

 
 
《3150Tシャツ第一弾!》

 
黒×白

¥3,150(税込)

黒地のTシャツに白色でプリントされた、亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」。

 
 
白×赤

¥3,150(税込)

白地のTシャツに赤色でプリントされた、亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」。

 
 
白×黒

¥3,150(税込)

黒地のTシャツに白色でプリントされた、亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」。

 
 
黒×赤

¥3,150(税込)

黒地のTシャツに赤色でプリントされた、亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」。

 
 
グレー×黒

¥3,150(税込)

グレー地のTシャツに黒色でプリントされた、

 
亀田史郎氏がプロデュースの「3150(最高)Tシャツ」。

 
 
 

亀田史郎オリジナル「3150」Tシャツ

 
亀田三兄弟の父、亀田史郎氏がプロデュースするブランド「4649亀」の大人気「3150Tシャツ」。

 
 
 
亀田史郎氏自らデザインしたTシャツで、男性女性共にご着用いただけるデザインです。

 
 
 
2019年5月時点でデザインは全3種類。

 
 
 
お気に入りを見つけてください。

 
 
 

細部までこだわりを詰め込んだオリジナルTシャツ

 
表には「3150」のロゴ、背面には亀田家オリジナルのロゴや

 
3150ロゴが入ったオリジナルTシャツです。

 
 
 
首元にはブランド名「4649亀」が刺繍されたタグがついており、

 
細部まで亀田史郎氏のこだわりが詰まっています。

 
 

今回のまとめ

 
今回は、亀田史郎チャンネルの年収や登録者数は?

 
 
 
車や現在の仕事が気になる!

 
 
 
などの情報を見てきました。

 
 
 
興味のある方はぜひ一度見てみてください。

 
 


スポンサードリンク

コメント