スポンサードリンク

GSOMIA破棄での韓国での反応は?事実を告げられた?日本の反応も!

政治
出典:https://news.livedoor.com
8月22日に、韓国は11月の更新が目前に迫っていた、
GSOMIA(日韓軍事保護協定)を破棄するという
決定を下しました。

決定が下されると、日本では、
テレビで一斉に速報が流れました。

日本は、隣国の韓国からいきなり大きな決定を
突き付けられたわけですが、
GSOMIA破棄の決定をした方の韓国では、
どのように反応しているのでしょうか。

韓国の政府は、国民に対して
事実を告げて説明しているのでしょうか。

GSOMIA破棄を通告された日本の反応についても
調べてみました。
 
 


チョグク氏の経歴が凄い!娘は可愛く息子はイケメンだが不正疑惑が!
今回は、チョグク氏の経歴が凄い!娘は可愛く息子はイケメンだが不正疑惑が!などについてまとめてみます。チョグク氏のスキャンダル疑惑の中でも娘の不正入学疑惑と息子の兵役逃れ疑惑の2つはもっとも深刻な問題とされています。つまり、韓国ではもっともやってはいけないことトップ2なのです。

GSOMIA破棄で困るのはどの国?日本・アメリカ・韓国を比較!
日本の輸出管理体制の見直しへの対抗策として、韓国が検討していた「軍事情報包括保護協定(GSOMIA〈ジーソミア〉)」の破棄。韓国政府は8月22日、協定を延長せずに破棄することを決めました。今回は、GSOMIA破棄で困るのはどの国?日本・アメリカ・韓国を比較してみました。

日本が防衛上脅威になる近隣の国は?初心者にもわかりやすく解説!
わが国周辺を含むアジア太平洋地域における安全保障上の課題や不安定要因は、より深刻化しています。 領土や主権、経済権益などをめぐり、周辺国による軍事力の近代化・強化や軍事活動などの活発化の傾向がより顕著となっています。今回は、日本が防衛上脅威になる近隣の国について見ていきます。

韓国は東京五輪ボイコットで良いの?メダル候補の韓国アスリート達とは?
韓国一般市民団体による、東京五輪ボイコットや、2020年に開催される東京オリンピックでのメダル候補の韓国アスリート達について書いています。 来年、銀メダルが予想される韓国選手は3名で、どの選手も実力ある選手なので期待出来そうです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

GSOMIA破棄での韓国での反応は?

出典:https://japanese.joins.com
出典:https://enakyo-kh.jp
8月22日にGSOMIA破棄を決定した韓国では、
23日、韓国外交省の趙世暎チョセヨン第1次官が
長嶺安政・駐韓大使を外交省に呼び、
GSOMIA破棄について文書で正式に通告しました。

 
GSOMIAは、日韓が防衛に関する秘密情報を
共有するルールを定めたもので、
2016年11月にアメリカの主導で締結されました。

 
その後1年ごとに更新されていましたが、
破棄する場合は、相手方に対して
90日前までに書面で通告することとなっていました。

 
8月24日がその期限で、
韓国はGSOMIAを継続するものと思われていました。

 
通告を受けて長嶺駐韓大使はその場で抗議し、
日本政府も外交ルートを通じて韓国に抗議しましたが、
協定は11月22日限りで効力を失うことになりました。

GSOMIA破棄により、日米韓の3か国間の安全保障協力は
これまでの強固な関係からかなり後退してしまうようです。

GSOMIA破棄の決定に、韓国ではどのように
反応しているのでしょうか。

 
韓国政府の発表では、
日本が韓国をホワイト国から除外したことが、
GSOMIA破棄の理由であるとされています。

韓国では、ホワイト国からの除外を
徴用工問題に対する報復ととらえていて、
不買運動も過熱していました。

総選挙を来年に控えた文政権は、
韓国民の間に日本批判が高まっている中で、
弱腰と言われて国内世論が悪化していくのは
避けたかったようです。

こうした中で、GSOMIA破棄の決定には
韓国民から称賛の声が上がっているようです。

また、「今の日本との関係上、仕方ない」
「当然だ」という意見もありました。

一方で「GSOMIA破棄には反対だ」という意見も
見受けられました。

「韓国と日本の軍事協定を無効にしたくないし、
韓米同盟も無効にしたくない。」

GSOMIAを更新しないことは、
他の誰よりも自分自身を傷つける
韓国の驚くほど愚かな決定です。」

「憎しみは韓国と日本にとって相互に影響しあい、
韓国人としては本当に残念です。」

韓国人の全ての人が今回の措置を望んでいるわけではなく、
意見は2分されているようです。

中には、現在韓国で大炎上中のチョ・グク氏の
不正疑惑から国民の目をそらすために
GSOMIA破棄を打ち出したのでは、
という意見もあるようです。
 
 


スポンサードリンク


GSOMIA破棄は韓国では事実を告げられた?

出典:https://news.goo.ne.jp
GSOMIAはアメリカが主導して結ばれた協定です。

それまで米韓、日米で別々にあった軍事情報収集を
韓国と日本が共有して、
アメリカに報告するようにした協定でした。

また、その情報を第三者には渡さない、とするもので、
民間でいえば、企業間における秘密保持契約
のようなものでもあるそうです。

日本もアメリカも韓国に協定の継続を
求めていました。

今月上旬にはアメリカのエスパー国防長官が
文在寅大統領と会談して、GSOMIAの終了は、
日米韓の連携に悪影響を与える恐れがあると
協定を継続するよう働きかけていました。

そして韓国はGSOMIAを継続するものと
思われていたのですが、
この呼び掛けを無視した形で
GSOMIA破棄を決定してしまいました。

韓国大統領府はGSOMIA破棄について、
アメリカの理解を得ているように
説明していました。

ところがアメリカの高官は取材で、
韓国の説明は「うそ」と否定して、
駐米韓国大使館とソウルの韓国外交部に
対して抗議したそうです。

韓国政府のGSOMIA破棄の決断に対して
ボンペイオ米国務長官は、
「失望した」とコメントしています。

アメリカのメディアは、この協定を破った国は、
米国の国益に被害を与えることになると
言っているそうです。

GSOMIA破棄の韓国政府の決議は、
韓国ではどのように報道されたのでしょうか。

こうした経緯も含めて
韓国の国民に事実が報道されたのでしょうか。

23日の韓国大統領府の記者会見では、
「日本が(対韓輸出管理を厳格化した理由として)
韓日間の信頼関係が損なわれたと言っている状況で、
韓国がGSOMIAを維持する理由が亡くなった」と説明して
改めて日本側に責任があると批判しました。

韓国のメディアはGSOMIAについて
正確に報道せず、
単純な日韓2国間の軍事協定としか
書いていないようです。

今回の韓国政府のGSOMIA破棄の決定は、
日韓だけの問題ではなく、
日米韓の連携に大きな影響を与えます。

また、アメリカは「再三の要請を無視された」
ことになります。

韓国は日本に報復するつもりで
アメリカにも敵対する政策を
とっていることになります。

日本との関係はこれまでにないほど悪化していますし、
アメリカからも不満を持たれて、
韓国は経済的にも政治的にも、今まで以上に
難しい立場に立つことになるかもしれません。

出典:https://mainichi.jp
このGSOMIA破棄で一番喜んでいるのは、
北朝鮮です。

文在寅大統領はもともと
北朝鮮との融和を重視していました。

しかし、北朝鮮は韓国との対話を拒否していて
板門店宣言から今年4月27日で1周年を迎えた記念行事でも
韓国からの共同開催の呼びかけにも返答しませんでした。

そんな韓国は、北朝鮮からGSOMIA
「売国協定」だと非難されていたようです。

文在寅大統領は、今回のGSOMIA破棄の決定で、
南北の対話が再開して、関係が好転する可能性があると
考えているという見方もあるようです。

韓国政府は、破棄撤回の条件として
日本が「韓国のホワイト国除外」を
見直すことを挙げています。

でも、韓国政府のGSOMIA破棄によって、
日本が「ホワイト国の韓国除外」の決定を
見直すことは、考えられません。

日本にとって韓国は非常に大事な貿易国の1つで、
東南アジアでは韓国だけがホワイト国の適用を
受けていて、軍事転用可能なものも含めて
審査しないで、輸出されていました。

しかし、日本の輸出量と韓国で記録された使用用途の量が、
北朝鮮などへ不正に輸出しているのではと
疑われるほど合わないものがあり、
日本では韓国に説明を求めていました。

ただ、ホワイト国の適用を除外されたとしても
別に輸出しないわけではありません。

今までは必要なかった申請を、今後は毎回申請して
審査を受ける必要がある、というだけの話です。

それは韓国に限った話ではなく、
東南アジアでは、どの国もホワイトリストではないので
毎回申請が必要です。

こうしたことも韓国では、きちんと理解されていないのでは
と思われます。

慰安婦や徴用工などの問題でも、
日本との合意や協定で解決済みであるのに、
「人権」を盾に文在寅大統領自ら
「解決していない」と蒸し返し続けています。

韓国では文政権の経済面の失政や
文在寅大統領の側近の不正疑惑があり、
国民の目をそらすため、
正しい説明をしないで国民をあおって
日本を非難し続けているという見方もあるそうです。




スポンサードリンク




GSOMIA破棄で日本の反応は?

出典:https://japanese.joins.com
韓国のGSOMIA破棄の決定は、
ニュース番組だけでなく、
情報番組でも連日報道されていす。

河野外相は記者会見で
「北朝鮮がミサイルを発射している状況で
韓国が東アジアの安全保障環境を完全に
見誤っている」と述べています。

外務省が即刻抗議したことから、
韓国ではGSOMIA破棄は日本にとって
深刻な打撃であったように思われているようです。

韓国のGSOMIA破棄の決定について、
日本政府は「その影響は極めて少ない」
としています。

何故かというと、GSOMIAでの情報は、
ほとんどが北朝鮮のミサイルによるもので、
日本はそのミサイルの分析技術では
韓国を上回っているからだそうです。

今後、韓国はそうした情報を
日本から直接瞬時に入手することが
できなくなり、
アメリカを経由した情報から
入手するしかなくなるのです。

北朝鮮は、今年の7月下旬以降、
米韓合同軍事演習が終わるまで
6度も短距離弾道ミサイルなどを
発射していて、
韓国でも日本からの情報をもとに
分析し、報道していました。

さらにGSOMIA破棄通告後の8月24日に、
米韓合同軍事演習が終わったにもかかわらず、
2発のミサイルと思われる
飛翔体を発射しています。

この時も韓国には日本からの情報は提供されています。

GSOMIA破棄は、日本よりも韓国の方に
大きな影響があると言えるのではないでしょうか。

そして、韓国は日米韓の連携を否定し、
もしかしたら、米英仏のような西側諸国にも
背を向けようとしていると
思われても仕方がありません。

また、別の日本政府関係者は
「 韓国に好きにさせればいい 」
「 日本側にもそれなりに影響は有るが、
困るのは韓国側だ」とも言っているそうです。

ネットでもいろいろな意見が上がっていました。



https://twitter.com/cyokuri/status/1164487214383820803

今回のまとめ

日韓両国も周辺の国々も、アジアの情勢の不安定を
望んではいないはずです。

誤解や感情のもつれが原因となって
紛争等にまで発展することは
誰の利益にもならないし、
誰も望んではいないと思います。

でも、日米韓の連携の弱体化を狙う国々(特に中国、ロシア)にとっては
日韓が争うことは願ってもないチャンスと
思われるかもしれません。

歴史問題での日韓の対立は、
経済から安保協力にまで拡大してしまい、
日韓関係は今後もさらに悪化するかもしれません。

日本国民も韓国国民も、感情的にならずに、
冷静に対処することが重要になりますね。


スポンサードリンク

コメント